新成人に、自衛官募集?

1月第2月曜日の成人の日、今年は1月9日でした。
厚木市の今年の新成人は、2432人。
(昨年は2364名。)
昨日の雨も上がって、厚木市文化会館の玄関前に大勢集まっていた新成人でしたが、開始の11時前に小雨が降ってきて、皆、会場に入り、定刻に始まりました。
成人式、会場の様子

実行委員会方式になって10年、今年は7名の実行委員の全員が女性。
実行委員長も、進行係も落ち着いていて、式典もアトラクションも、とても穏やかに進みました。
成人式実行委員会

アトラクションでは、中学校の担任からのビデオレターで賑やかに。
そして、あつぎミュージックフェスティバル大賞受賞者の歌。
新成人の国丸リサさんは第1回、昨年成人式の高森俊さんは第3回の受賞者。
新成人へのメッセージのこもった歌声に、会場も聴き入っていました。
素敵な成人式でした。

さて、パンフレットの入った袋の中には、プラネタリウムの年間パスポートの宣伝、交付申請書。
12月議会で可決されたばかりです。
大人1回200円が1年間800円とお得です。

他に、マスクが入っていました。
裏を見ると、「自衛官候補生募集中!!」とあります!!
マスク裏の自衛隊

選挙管理委員会からのお知らせなら、素直にみられるのだけれど。
ついに自衛隊も高校生だけでなく、新成人へも募集しなくてはならない状況なのか。
一昨年の秋に戦争法ができ、昨年はついに駆けつけ警護まで任務となって、家族から心配の声がでている。
もしも私の子が自衛隊に入りたいと言ったなら、「戦地に行くかもしれない。殺し殺される危険がある」と反対する。
多くの親も同じではないだろうか。
災害時の救助や支援が仕事ならまだしも。

この若者の未来が、戦争する国であってほしくない。
心を新たにした成人式でした。


スポンサーサイト
  1. 2017/01/09(月) 19:24:23|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市消防出初め式、放水中のびっくり

今年の厚木市消防出初め式は1月8日(日)、荻野運動公園で行われました。
昨年は、4月の熊本での地震、8・9月の東北の台風、そして12月には新潟県糸魚川市の大火など、いろいろな災害が起きた年でした。
今年、どんなことが起きるのか、いつ、何が起きても対応できるように、国も、各自治体も備えをしておかなければなりません。

消防職員、消防団員等の皆さんが整列し、観閲、表彰等のあと、厚木市古式消防保存会のまとい振込みとはしご乗り。

まとい振込み

はしご持ち

はしごに上っている

火の見、はしご

はしごの上
 
鳶口で支える

車両分列行進。
車両分列行進

消防演技、
自衛消防隊は屋内消火栓操法は男子がソニー、女子は農協。
自衛消防隊の演技

消防団は昨年の県大会の優良賞、第5分団第5部。
第5分団

そして、消防署演技では、地震で建物に突っ込んだバスから負傷者の救出。
式典・演技では、荻野中学校の吹奏楽部の演奏がありましたが、消防演技にも参加していました。
バスが建物に突っ込む

トリアージ。
救命サポート隊

トリアージシート

建物屋上から救出。
あゆコロちゃんを救出

隊員に避難命令。
隊員が脱出

最後は消防団の一斉放水。
一斉放水

放水中に、突然現れたこの人物は?!?!
放水中にふんどし姿

目の前のふんどし姿
後で聞いたら、消防職員だそうです。
ボディビルをやっているとか。

終わってから、テントの片づけをしていました。
大きなエアテントも、大勢で畳むとこんなに小さくなるのですね。
テントの片付け

住民の命と財産を守る消防に感謝。
今年の無事を祈ります。
  1. 2017/01/08(日) 19:06:13|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市賀詞交換会の市民憲章朗読で、春の七草を思う

新年恒例の1月5日の厚木市賀詞交換会が、今年も大勢の参加で賑やかに開かれました。
厚木市賀詞交換会

厚木市民憲章の朗読、行事のたびにあるので、暗唱していなくてはいけないなあ。

「大山を仰ぎ、相模川の流れに臨む郷土、ここに生きるわたくしたち厚木市民は、先人の努力をうけつぎ、県央の近代都市として発展をめざして、この憲章をかかげ力強く前進しましょう。

一 わたくしたち厚木市民は、
 花や緑を愛し、きれいな
  まちをつくりましょう。
 
一 わたくしたち厚木市民は、
 たがいに敬い愛しあい、 善意に満ちた家庭と
  まちをつくりましょう。

一 わたくしたち厚木市民は、
 教養をゆたかにし、文化の高い
  まちをつくりましょう。

一 わたくしたち厚木市民は、
 健康ではたらき、力あふれる
  まちをつくりましょう。

一 わたくしたち厚木市民は、
 進んできまりを守り、住みよい
  まちをつくりましょう。」

太字(にしたのは私です)の部分を憶えればいいので、百人一種の「むすめふさほせ」のように、「はたきけす(花互教健進)」と。
小田原城と夕日

今朝は七草粥をつくったので、家人と春の七草を暗唱。
実父が、春の七草と秋の七草を書いてトイレに貼っていたことがあって、実家に帰るたびに見ていたのであります。
私の記憶では、春は食べるもので、「せり・なずな ごぎょう・はこべら ほとけのざ すずな・すずしろ これぞ七草」
秋は見るもの、「はぎ・おばな くず・おみなえし ふじばかま  ききょう・なでしこ 秋の七草」
この他にもいろいろ唱え方があるらしい。
ネオ前の赤い実

憶えるにも、いろいろな方法がありますね。

  1. 2017/01/07(土) 14:56:39|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本厚木駅頭などで訴え、いろいろ

新年を迎えて、いろいろな人がいろいろな訴えを行っています。

1月3日には「アベ政治を許さない」の定例の3日宣伝。
1月3日、みんなで宣伝
お正月なので、和服の釘丸議員。
1月3日、着物の二人

新年の挨拶をしながら、車で市内を回りました。
4月1日に新しくなる厚木南公民館が建設中です。
1月3日、南公民館前

1月4日(水)の役所の仕事始めには、南口。

昨年末には、衆議院神奈川16区予定候補の池田博英さんと一緒に南口で政治を変えようと訴えました。
池田予定候補とともに

市民の皆さんに伝えたい。
今年も、見える・聞こえる宣伝で、心を込めて訴えていきます。
  1. 2017/01/06(金) 12:12:17|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0