日本共産党厚木市議員団の議会報告会【愛甲・船子後援会】

10月29日の午後、愛甲宮前公民館で日本共産党愛甲・船子後援会主催の日本共産党厚木市議員団の議会報告会が行われました。

 まず、釘丸議員が、9月定例会議が主に決算議案を審議することから、厚木市の財政について健全化判断比率と財政力指数を説明。一般質問での国民健康保険事業の都道府県単位化、介護保険事業の平成30年度の制度改定に向けての対応、市独自の敬老祝品・祝金給付事業、中学校の部活動について話しました。

 次に私が、公共施設のバリアフリーと不審者対応についての一般質問の内容、常任委員会での議案や請願・陳情の各議員の質疑の様子、最終日の討論と採決結果に加えて、文字にできない議会の様子なども報告しました。
愛甲宮前公民館での議会報告会

 その後は、会場の皆さんとのフリートークです。

○「アベノミクス」は安倍とエコノミクス(経済学)を合成した造語。
 かつて首相の名を付けた政策はなかった。思い上りがある。
 カタカナ言葉にごまかされないようにしなくては。
樹の葉と実

○介護保険の見直しで、利用者負担が1割から10割になる案がある。
 市民もしっかり反対の声を上げていくべきだ。
 9月議会に陳情が出たがどうして意見書を出せないのか。

○白紙領収書問題があった。
 間違いがあったとき、どういう対応をしたかが問われる。
 日本共産党はきちんと出した。信頼できる政党だ。

○厚木市議会は28人中女性が8人。
 女性の参政権は戦後すぐだった。
 この権利をしっかり行使したい。
セイタカアワダチソウ

○かなちゃん手形はありがたいが、バスに乗るのが大変な人もいる。
 現実に日常の買い物にも困っている人がいて今後も増えるのだから、デマンドタクシーをやってくれるといい。
 気軽に外出できるような環境をつくってほしい。
 他自治体や民間でやっているところもある。
○老化を遅らせるよう、個人が努力を。
○一人暮らしでコンビニ利用が増えた。
 食の安全を考えるとTPPはとんでもない。
曇りの日、大山消えた

○伊勢原市境にある太田鉄工所がなくなり流通センターができる。
 トラック等の交通量が増えると厚木の子どもたちの通学が心配だ。

○ヨーカドーの撤退報道があった。跡地はどうなるのだろうか。
○シティプラザ1階の空き店舗はどうなるのだろうか。
○アミューの商業スペースは2店が撤退した。どうなるのか。

○駅前にパチンコ店がある。親孝行宣言都市、教育文化都市と言えるのだろうか。

○磁気ループが古くなって使えない。更新できないか。
雲がかかる大山

国政、福祉、まちづくり、議会・議員のありかた等々、時間が足りないほど活発な発言が続きました。
議員団として皆さんのご意見、しっかり受け止めました。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/30(日) 14:53:46|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自民党改憲草案と現行憲法。第2章「戦争の放棄」が「安全保障」に。

自民党改憲草案と現行憲法、第二章を比べてみます。

現行憲法
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
登呂遺跡

自民党改憲草案
第二章 安全保障
 (平和主義)
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない

 (国防軍)
第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高司令官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協議して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
4 第二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保証されなければならない。
 (領土の保全等)
第九条の三 国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。

コキア街道

現行憲法と自民党草案とのあまりの違い!
「平和主義」って何なのだ?
日本がこんな憲法になるなんて考えられないが、現実にそうしたい人たちがいて、それが国会の3分の2を占めているということに慄然とする。

  1. 2016/10/30(日) 06:30:46|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間ドックでバリウムをのむ

年に1回の人間ドック。
市民福祉常任委員会の委員としては受診しないわけにはいかない。

今回、初めて厚木東名病院に行きました。
健診センターで、流れ作業で次々と検査。
胃カメラが苦手なので、バリウム。
健診が終わると食事が出ます。
前夜9時から飲食していないので、931キロカロリーを完食して帰ってきました。
健診センターの昼食

結果は2週間ほどで届くそうです。
来年の健診では体重も内臓脂肪も減るように、1年間健康に気をつけよう。
  1. 2016/10/28(金) 06:18:00|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元陸上自衛隊レンジャー隊員「憲法九条の実践こそ、平和国家の日本ブランド」

10月23日(日)、「戦争法なんていらない!厚木・相川・清川の会」が主催する講演がありました。
安保法制の施行で自衛隊と日本はどう変わるのか
   ~私たちが直面する課題~


講師は元陸上自衛隊レンジャー隊員の井筒高雄氏。

1969年生まれの井筒氏は、1988年に自衛隊入隊後、1991年にレンジャー隊員となり、PKO法ができた翌年の1993年に「海外派遣は契約違反」として、依願退職。
自治体議員を2期務め、2年前からは「安保法制はすべきではない」との立場で、講演をしているとのことです。

自衛隊入隊時の「契約」について
・自衛隊員は特別職国家公務員
・専守防衛が前提であった自衛隊

14万人の自衛隊員のうちレンジャー隊員は5100人と言われている。
 過酷な訓練があるので、志願したがらない。
 レンジャー教育に行くときは、日の丸に皆が寄せ書き。
  棺にこれをかけて戻ってくるため。
 遺書は検閲があるので自由に書けない。
日の丸の寄せ書き

PKO(=Peace Keeping Operation)=平和維持作戦
PKF(=Peace Keeping Force) = 平和維持軍
自衛隊はPKFの工兵部門に所属している

戦闘服で現地に行けばターゲットになる。
いつでも応戦しなければならない。
殺し殺されるリスク。
現地で自衛隊をコントロールするのは、安倍首相や稲田防衛相ではない。
現地の司令官だ。

これまで、自衛隊が一発も発射しなかったのは、憲法九条があったから。
憲法九条の実践こそ平和国家の日本ブランドをつくる。

社会保障費カットと増額する防衛予算
戦争に向かない日本と中国脅威論のウソ
安保法制によって得する人、損する人。
日中合同

講演後、会場からの「自分たちは今後どうあるべきか」との質問に、
「誰かに判断してもらう、思考停止ではなく、自分なりに考え判断する。
「平和」「九条」と言っているだけでは平和はつくれない。
現地の人は理解してくれない。
「知りませんでした」では通用しません。」
と話したのが、強く心に残りました。


  1. 2016/10/27(木) 06:30:31|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二元的代表制における議会とは?-全国市議会議長会

10月19・20日、静岡市にある、グランシップの大ホール・海で「第11回全国市議会議長会研究フォーラムin静岡」がありました。
静岡グランシップ正面玄関前

【基調講演】
二元代表制と監視機能
講師は東京大学名誉教授の大森彌(わたる)氏。
大森彌氏

「住民が、議会の議員と首長を、直接、別々に選挙で選ぶということは、住民の代表機能が二通りになっていることであるから、これを二元的代表制と呼んでいる。
二元的代表制とは
①住民が、自治体の機関である首長と議会議員を別々に直接選挙で選出すること、
②首長と議員は、それぞれ、住民に対して任務遂行に関し政治責任を負っていること、
③首長と議員はともに住民のために行動するため一定の緊張関係の下に協力し合うということ、
という要素によって成り立っている政治システムといえる。」

 二元的代表制に内在する議会と首長との対立、首長優位の制度、「チーム議会」の実現、与野党意識の克服などが話されました。
登呂の実

講義の中で、こんな言葉も出てきました。
昔、議員は勉強しない人の代表だった/
議会は「住民自治の根幹をなす機関」である/
議会の議員は責任が薄い/議会の命は勉強です/
議会はアセンブリー。討議をするために集まってくるもの。しかし、議員は自分の主張だけ/
議会全体の力を強める。議会は一つになろう/
監視機能を持つ議会が、監視機能の対象になってはいけない/
まず勉強して。

* * *
登呂の水田近くの実

実際に議会では、各議案や請願・陳情の採決結果も、議会としてどころか、会派内でさえ意見がまとまらないのが現状である。
各議員の相違は明らかである。
議員個々が住民の意見を行政に伝え、行政がそれを判断して事業を行う。
それを議員個々が監視するという役割分担があるはず。
議員の考えを一つにまとめる必要があるのだろうか。
本来、異なる意見を代表して選挙された者が集まったのが議会であるはず。
「チーム議会」として、一つにまとまることがいいのかどうか、大いに疑問を持つところであった。
  1. 2016/10/22(土) 14:41:16|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みず=蟒蛇草(うわばみそう)の、コロコロ

横手の漬物「みずのコロコロ玉っこ」を、アミューの地下1階の「あつまる」で買って食べた。
独特の粘りがあって、楽しく食べた。

その後、またあつまるへ行くと、今度は生の「みずの実」を売っていた。
こちらは、山形県最上町産。
みずの実。

みずの実、アップ。

茹でると、緑に変わった。
辛子醤油で食べた。
みずの実、茹でたて。
漬物で食べるより粘りが強くて、楽しく食べた。
ミズの葉は子どものころから食べていて好きな山菜だけど、コロコロは初めて見た、食べた。

先日、家族と一緒の時に、きれいなエディブルフラワーを食べた。
これも、花弁に粘りがあって面白い食感だったので皆に勧めたが、あまり喜ばれなかった。

昔、南部藩の(おバカな)殿様が菊を食べてから、南部では菊を食べるようになったそうな。
やはり、南部生まれのわたくしは、子どものころから菊を食べていた。
今、我が家の冷蔵庫にも、黄菊を酢漬けにして入れている。

  1. 2016/10/22(土) 06:50:39|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自民党改憲草案と現行憲法。第1章 天皇

現行憲法と自民党改憲草案を比べます。
第一章は、「天皇」です。
大山の夕焼け雲

現行憲法
第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

自民党改憲草案
(天皇)
第一条 天皇は、日本国の元首であり、日本国及び日本国民統合の象徴であって、その地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。


天皇は「元首」ですって!
サンパークのバラ

現行憲法
第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

自民党改憲草案
(天皇の国事行為等)
第六条
4 天皇の国事に関する全ての行為には、内閣の進言を必要とし、内閣がその責任を負う。ただし、衆議院の解散については、内閣総理大臣の進言による。


助言と進言の違い。
広辞苑によれば、
助言は「かたわらから言葉を添えて助けること」、
進言は「上位の人に意見を申し上げること」。
荻野の冬桜

≪新設≫
自民党改憲草案
(国旗及び国家)
第三条 国旗は日章旗とし、国家は君が代とする。
2 日本国民は、国旗及び国家を尊重しなければならない。

(元号)
第四条 元号は、法律の定めるところにより、皇位の継承があったときに制定する。


現在は「国旗及び国歌に関する法律」、「元号法」があるけど、一般の法律から、憲法に格上げ。
憲法で定めたら、国歌「君が代」を歌わないと、憲法違反になっちゃう?
河川敷の薄

ちなみに、日章旗について国旗・国歌法の別記では、
「一 寸法の割合及び日章の位置
     縦     横の三分の二
     日章
       直径  縦の五分の三
       中心  旗の中心
 二 彩色
     地     白色
     日章    紅色」
と定められています。

  1. 2016/10/20(木) 06:39:44|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市郷土資料館、誰の頭骨

厚木市郷土資料館では、第 53 回収蔵資料展「“あつぎ百科”物語 ②自然編」を開催中です。
鳥類のはく製、セミの抜け殻調べなど。
展示室入り口の前には骨格標本も展示しています。
カモシカの頭骨

右手前の骨の頭に、2本の角があります。
般若のようにも見えるし、何の動物かわからなかったのですが、室内の展示を見て納得。
知りたい方は、厚木市郷土資料館の2階へどうぞ。
今回の資料展は11月6日(日)まで、期間中はお休みなしです。
  1. 2016/10/18(火) 19:46:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模川、河原の駐車場?

相模川、三川合流地点の河川敷は、いつも多くの車両が駐車しています。
先日厚木市外の方から、「駐車場は何時まで?」と聞かれました。

実はあそこは駐車場ではありません。
河川敷は自由に使えるので、車も自由に止められるのです。
ゲートは、事故予防、不法投棄対応で夜間は閉めています。

ゲートを開くのは午前9時。土日祝日は午前7時。
ゲートを閉めるのは、4~10月が午後7時、
             11~3月が午後6時。
相模川にある県の看板

「河原の駐車場は5時に閉まるよね」と思っていたけれど、県の厚木土木事務所に聞いたらそうじゃなかったことが分かったのでした。
そのほかに河川利用や河川法についても聞いたら、係の方がやさしく丁寧に教えてくれました。
分かっているつもりでも、聞いてみると面白いもんだと、つくづく思いました。
 
  1. 2016/10/17(月) 20:56:14|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車椅子と白杖で、まちうちウォッチング

今年で8回目になる日本共産党厚木まちうち後援会の「まちうちウォッチング」、久しぶりの快晴の下、10月15日(土)に行いました。
県道要望もあるので、今年は初めて藤井克彦県議も参加です。
藤井県議も一緒に。

前日に社会福祉協議会で、車いす1台と白杖1本を借りました。
中央公園西側に集合し、10人(うち車いす2台)で出発。
厚木中学校前ー法務局前ーNTT北側を通って、県道を元町交差点に向かいます。
ところが、道は狭いし、側溝の蓋の穴が車いすで通るには大変なので、車道を通ると、大型バスは対向車とすれ違えない。
県道、車いすとバス

あまりに通りにくく、元町交差点まで行くのはやめて、ひとつ前の道を左折。
ぐるっと回って一番街を通ります。

放置自転車はなくなりました。
これはとても嬉しいことです。

歩行者専用の時間帯ですが、車道は凸凹で車いすには適さず、敷石もところどころ壊れて補修の跡がありますが、まだ補修できていないところも。
一番街の敷石、破損個所
これは、言ったからすぐ治せるものではないので、時間をかけてやってもらおう。

歩道はどうかというと、思いっきり看板やらテーブルを出している商店があって、通りにくい。
市の道路維持課が指導しているけれど、言われたときはひっこめても、またすぐ出す。
車いすで通りながら言ったけれど、「気を付けます」と答えたので、「いつも出してますよね」と言ったら、困った顔をしていた。
そのとき撮った写真。
一番街、電話やさん前
これはお店ではなく、本社に言った方がいいのかも。
だって、ほかの商店は、指導後、きちんと守っているのだもの。
その会社の意識が問われる。
一番街の靴屋さん前


それから本厚木駅北口前の交差点から図書館前まで、バス停の脇を通る。
このときは、バス停で待っている人がいなくて、点字ブロック上に誰もいませんでした。

図書館前の交差点は、スクランブルではありません。2回に分けて渡りました。
エレベーターを利用して、バスセンター上のサンパークが終点。
サンパークで藤井県議と。

みんなでお弁当を食べて解散。
後日、市に要望書を提出します。


  1. 2016/10/16(日) 06:15:32|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の清川、道の駅

2015年の1月、神奈川では3番目となる道の駅が清川にできました。
2016年3月に消防広域化による厚木消防の清川分署の開署式に行ったとき、すぐ隣なので地元の野菜やらパンやらを買いました。
道の駅は、24時間使用できる駐車場・トイレの休憩所、情報発信、地域連携などの条件があります。

道の駅清川、夜は1階の店舗と2階の展示室は閉じているのですが、2階の休憩所は24時間自由に利用できるのです。
先日、食事のあとドライブがてら寄ってみました。
誰もいない建物に上がっていくのは、ちょっと怖い。
でも、上がると明るい休憩所。
道の駅清川
テーブル4卓に各4脚の椅子。
飲み物の自販機。
清川の自販機
トイレは女性用が2か所で、男性用は1階の外。
時計は、正時と半にベルが鳴る。
清川の時計
警備のおじさんの巡回と声掛けあり。
地元のおじさんが、缶飲料を買いに来た。
常連さんもやってきた。
楽しく1時間ほど過ごし、厚木、愛川、清川、伊勢原の観光等の案内パンフレットを持ち帰ってきた。
清川、観光案内

「厚木に道の駅をつくれ」という人もいるけれど、24時間の管理を考えると、治安等の問題をどうクリアするかなど、課題は多いことが実感できました。


  1. 2016/10/13(木) 06:27:03|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市議会第9回議会報告会のお知らせ

議会改革をと始めた厚木市議会議会報告会、予算・決算議会の後に実施し、今回は9回目になります。

当初は、28名の議員をどう振り分けるかで大変でしたが、現在は常任委員会ごとに行っています。
4常任委員会ですから、報告会も4回。

前回の予算議会後は対象を限定してみました。
自治会連絡協議会2回、大学生(にぎわいアドベンチャー隊)1回、一般市民向けに1回。

今回は決算議会後で、厚木市青少年健全育成会連絡協議会と厚木青年会議所の2回。
一般向けの2回は以下の通り。
11月18日(金)19:00~20:30 荻野運動公園会議室
 担当:総務企画常任委員会(寺岡・瀧口・ 
           釘丸・井上(武)・奈良・難波・新川)

11月19日(土)18:00~19:30 アミューあつぎミュージックルーム2
 担当:市民福祉常任委員会(渡辺・遠藤・
           栗山・山本・高橋(豊)・山﨑・井上(敏))

厚木市議会としての議会報告会です。是非おいでください。
これとは別に、日本共産党厚木市議員団としての議会報告会もあります。

  1. 2016/10/12(水) 17:25:33|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保守派も怒っているー自民党元自治大臣が、しんぶん赤旗に新潟知事選への期待を語る

10月12日(水)のしんぶん赤旗の1面です。

「調整金」での値引き認める 農水相 
 紙議員がSBS米価格偽装で追及
 TPP試算やり直しを

 山本農水相は「違法ではない」「調査は、限界もあり、クリアにならない点もある」と答弁。

保守派も怒っている
新潟知事選 
白川元自治相が米山候補に期待

自民党元衆議院議員、元自治大臣で、新潟県出身の白川勝彦さんが、「米山候補は「野党統一候補」ということになっています。しかし、野党だけでなく、保守の中には今の安倍政権のやり方に相当怒っている人、到底、安倍首相のやり方にはついていけない人が多くいます。それを忘れないでいただきたい。」等、語っています。

南スーダンで民間人21人死亡
南スーダン首都ジュバと南部イェイとを結ぶ幹線道路で民間人を乗せた車両が8日に襲撃されたと。

2衆院補選告示 安倍暴走に審判を
衆院東京10区と福岡6区補選が11日告示(23日投票)。両選挙区とも野党共闘が実現し勝利に全力を挙げている。

将棋新人王戦  増田四段が優勝
 10年ぶりに10代新人王


潮流 は、電通の新入社員の過労自殺
「生きているために働いているのか、働くために生きているのか分からなくなってからが人生」
こんな悲しい言葉をいつまで。

  1. 2016/10/12(水) 16:55:02|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の家のテレビで、初めて見たのは?

先日、釘丸議員と話していて、テレビの話になりました。
若い人には全くわからないだろうけれど、昔(!)は各家庭にテレビがありませんでした。

釘丸議員の家にテレビが入ったのは1960(昭和35)年10月12日。
なぜその日を覚えているかというと・・・。
学校から帰ってテレビを見たら、日比谷公会堂での三党首立会演説会の壇上で社会党の浅沼稲次郎が刺殺された直後で、テレビがずっと放送していたからだそうです。
私には、その事件は生まれる前のことであり、教科書に載っている歴史的事件であって、リアルタイムで見た釘丸議員との、年の差、驚きをもって実感したところです。

ついでに私のテレビの強い記憶は、小学校から帰って見た、あさま山荘事件の鉄球ですが、なんと、そのころ、釘丸議員は新婚1か月、しんぶん赤旗記者の夫がその現場に取材に行っていたというのです。

またまた、びっくり!

  1. 2016/10/11(火) 06:28:58|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月定例会議、一般会計の反対討論です。

9月定例会議の最終日は10月5日(水)。
委員長報告の後、5人の議員が討論を行いました。

奈良議員が、平成27年度決算の一般会計、公共用地取得・後期高齢社医療・国民健康保険・介護保険、・公共下水道の各事業について反対。

民進党の望月議員が、28年度一般会計補正予算に賛成。会派で賛否が分かれました。

山本議員が陳情13号(介護保険制度の次期改正に向けての意見書を国に提出することを求める陳情)に賛成。

釘丸議員は、請願2号(日米地位協定の抜本的改定を求める意見書を国に提出することを求める請願)、
陳情11号(暴力団追放・暴力団組事務所排除の推進に関する決議を求める陳情)、
陳情12号(平成29年における「重度障害者医療費助成制度」継続についての陳情、
陳情13号、介護保険制度の次期改正に向けての意見書を国に提出することを求める陳情)の4件について賛成の討論を行いました。

私は、平成28年度の決算のうち、一般会計、後期高齢者医療・国民健康保険・介護保険事業について、
平成27年度一般会計補正予算(第4号)、
陳情9号(心身障害者医療費助成を精神障害者保健福祉手帳2級に拡大適用することを求める陳情)の趣旨採択について、反対討論を行いました。
以下は、そのうちの、平成28年度一般会計歳入歳出決算についての討論です。
ネポンの花木


日頃の理事者・職員の皆さんの行政運営に敬意と感謝を申し上げます。
財政力指数が1を超える不交付団体の厚木市として、国・県の制度の上に、他市の市民からも注目される市独自の施策を実施していることに、厚木市民の一人としてまた厚木市議会の一員としてうれしく思っております。
しかし、議員活動の中で、市民の皆さんから施策について意見を言われることが多々ありますので、市民の立場での改善を求めるものとして、いくつかの事業についてこの討論で取り上げてみます。
七沢の草

まず、平成27年度厚木市一般会計歳入歳出決算についてです。
平成27年度は厚木市長選挙直後であり、7月には市議会議員選挙がありました。
厚木市立病院の第1期工事が完成し救急手術棟とA棟が稼働した年でもあります。
また少子高齢化を見据えて国が打ち出した様々な施策や制度も実施されました。

まち・ひと・しごと創生 人口ビジョン総合戦略」が策定されました。
すでに市の総合計画がありながら、それに類似した戦略をわざわざ作る必要が本当にあったのでしょうか。
これまでも市の将来予測は現実とは大きく変わっています。
平成72年までの長期にわたるビジョンに誰が責任を持てるのか、大いに疑問です。

社会保障・税番号制度は、Jリスのシステムトラブルがあり、個人番号カードの発行が当初見込みより大幅に遅れています。
申請そのものも少なく、かつての住基カードの二の舞になりかねません。
個人情報保護への不安も解消されたとは言えない状況です。

地域包括ケア社会の構築に向けて動き出しました。
自助・共助を前面に出していますが、公助の役割をもっと認識すべきです。

保育園の待機児解消を謳って始まった子ども・子育て支援新制度ですが、保育所の増設をしても待機児ゼロとはなっていません。

厚木市立保育所が1か所、民営化しました。
公立保育所の意義を考えればこれ以上の民営化はすべきではありません。

非正規の保育士の勤続年数が平均で10年程度との答弁がありました。
継続して必要な人員は正規で確保し、職員一人一人がしっかりと責務を果たすことのできる体制を整えるよう望みます。

障害者医療費助成制度に関しては今議会でも陳情が出されています。
平成21年度に65歳以上の新規の障害認定者をこの制度の対象外としたことについて、私も多くの市民から、また医療機関からも制度の改善を求められることが多くなっています。
同じ障害を持つ市民が、年齢によって差別されるのは、平等性に欠けると考えます。

生活保護の住宅扶助基準が減額し、転居指導を受けたがどうしたらよいだろうかとの相談が私たちに多く寄せられました。
生活をするということは単に衣食住が足りているということだけではありません。
地域で暮らすことへの配慮もあってしかるべきと考えます。

市内岡田にあるテレコムの2階に厚木市が購入した情報プラザに行きました。
土曜日の午後でしたが、かつてパソコンが置いてあった部分がパーテーションで仕切られ、暗い感じがしました。
一人だけいた担当者に大変丁寧に説明をしてはいただきましたが、他に誰もいない中で気の毒になりました。
このまま継続することがよいのか、決断をするときはいつでしょうか。

七沢弁天の森キャンプ場が閉鎖されています。
NPOに任せたものの、水道はない、トイレも水洗ではなく、携帯電話はつながらない、ヤマビル始めサル・シカ・イノシシも出るという場所で、うまくいかなかったものです。
私も現地を見に行こうとしたのですが、獣害防護柵の開口部にクマが目撃されたとの張り紙があり、断念しました。
キャンプ場を閉鎖したままでも土地の賃借料と維持管理費がかかっています。
事業を始めるときは慎重になるべきですが、継続困難となったら、早期に切り上げることも必要です。
七沢でクマ目撃

平成27年度の職員数は前年度より削減されました。
人事院勧告に基づく給与の引き下げと合わせ毎年続く人員削減は、風通しの良い職場から遠くなり、メンタルでの療養休暇や休職につながっていると考えざるを得ません。
これから次期の定数管理計画が作られますが、一体どこまで定数を削減するつもりなのでしょうか。
職員の労働環境に起因する市民サービスの低下を招くことがあってはなりません。

財源確保について、国県から交付金や補助金が出るからと事業を実施しても、それを継続しようとすると市の財政を圧迫することがあり、将来の厚木市民に大きな負担を残すことになってしまいます。

*この後に他の議案・陳情についての反対討論も行いました。
討論の後、採決が行われ、決算の議案については全議案認定、他の議案についても採択となりました。
請願・陳情は、採択、不採択、趣旨採択がありました。

  1. 2016/10/05(水) 12:57:29|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自民党改憲草案と現行憲法。前文

自民党改憲草案と現行憲法を比べてみます。
まずは、「前文」。
10月2日の朝の空

現行憲法は、みなさんご存知の通り。

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつてふたたび戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とふとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
10月2日の桜の木

さて、草案はどうでしょう。

 日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される。
 我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。
 日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
 我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。
 日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここに、この憲法を制定する。

10月2日の田んぼ

それぞれの書き出しに注目。国民(現行)と日本国(草案)、どちらが主役?
戦争は、政府の行為が起こした惨禍(現行)か、自然災害と並ぶ荒廃(草案)なのか。
自分で書いてみる、声に出して読んでみると、その違いに愕然とする。
  1. 2016/10/05(水) 06:48:43|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎月3日は「アベ政治を許さない」スタンディング

毎月3日は、本厚木駅北口広場。
午後1時から30分間、黙って立っている。
手に持つのは、
「アベ政治を許さない」
アベ政治を許さない

私は、10月3日は、決算委員会も終わり、最終日の5日を前に討論原稿の準備中。
昼ご飯を食べて参加。11人。
この日は赤い羽根共同募金もありました。
民生委員さんが、おそろいの赤いジャンパーを着て並んでいました。
その横でのスタンディングでした。

その帰りに、バス停そばの点字ブロックを確認。
バス停に注意書きができています。
バス停に注意書き
もっと大きな看板も出てはいたけれど、やはり点字ブロック上にバスを待つ人が並んでいました。

  1. 2016/10/04(火) 06:22:31|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここが問題!自民党の改憲案

9月30日(金)午後6時30分からアミューあつぎで、厚木革新懇主催の
「ここが問題!自民党の改憲案」と題した憲法学習会が開かれました。
講師は馬車道法律事務所の小賀坂徹弁護士。
小賀坂徹弁護士

自由民主党が平成24年4月27日決定した「日本国憲法改正草案」を、現憲法と比較しながら、自民党の改憲案問題の多い草案であること、私たちは草案の中身ををきちっと学習することが大切であることと、話し始めました。

立憲主義とは、国の政治は憲法に基づかなければならないということ。
立憲主義の目的は、「個人の尊重」「人間の尊厳」という価値を実現することにある。そのために、憲法は国家権力を縛るのである。

草案は国民の義務がたくさん出てくる。憲法によって国民を縛るものとなっている。
立憲主義を知らない。
憲法の名に値しない。

安倍首相は言った、「政治家は医者じゃない。
政治家が守るのは、人でなくて国家だ」と。
(草案の内容については、現行憲法と対比したものがインターネットに出ています。
是非ご覧ください。)

自民党は、「自民党の改憲草案 Q&A」であけすけに解説している。
また、1947年に発行された「新しい憲法の話」のパロディー本、「新しい憲法草案のはなし」(自民党の憲法改正草案を爆発的に広める有志連合(自爆連))もある。
自爆連の本

ことほど左様に、国民の権利と自由を根底から変えてしまうものである。
まさに国家主義。
国家、国民、権利、自由、幸福とは何か。
現行憲法と草案を声に出してみては。
七沢のもみじ

憲法の柱、民主主義、平和主義、主権在民が、ことごとく壊されている自民党改憲草案です。
講義は1時間半でしたが、講義を聞いていて、私は極めて気分が悪くなってきました。
この草案のひどさを学んだ人が、この草案のひどさを、より多くの市民に知らせていかなくてはなりません。
  1. 2016/10/02(日) 06:59:17|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0