一般質問、準備中

2月29日(月)の午後1時から(予定)の一般質問、あれこれと準備中です。
学校給食についての質問のため、2月24日は、ツインメッセ静岡へ、防災産業展を見に行ってきました。
IMG_5833.jpg
給食施設での防災対応などを見るためです。
いろんな防災関連の展示があり、どれも興味深く見ました。
目的以外のものもたくさんあり、今後に役立ちそうです。

2月26日のお昼は、センター方式の給食を食べに行きました。
厚木中学校の校長室で、子どもたちより早い校長先生の検食の時に一緒に喫食。2月26日の給食
その後子どもたちの様子を見せていただきました。
3年生はもう給食が無くてお弁当。
2年生の配膳も含め、みんなしっかり食べている様子を見るのは、たいへん楽しいものでした。
特に男の子たちが、元気で元気で、お替わり競争。
それとは別に、保護者等からも話を聞いています。

介護保険については、ケアマネージャーや施設の利用者からお話を聞いたり。
新聞やテレビでも、毎日、介護保険の話がありますので、どの話をどう使って一般質問を組み立てようかと迷いまくりです。
マイナンバーも同様。

直前まで悩みます。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/28(日) 06:42:32|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市の新年度予算の審議、始まる。まち・ひと・しごと創生で何をするのか

2月22日に厚木市議会2月定例会議が始まり、22・23日の2日間で新年度予算を含む38議案が提案され、市長の市政方針の報告もありました。
23日は、新年度予算が提案されました。
質疑は、なんと、奈良議員と釘丸議員のふたりのみ。
もっと他の会派も聞くのかと思っていましたが・・・。
エステ前の小葉の樹

○平成28年度厚木市一般会計予算

奈良議員)予算編成で苦労した点は何か。法人税の一部国税化の影響は。
財務部長)市民サービスが低下しないようにすることと将来への投資。歳入の確保と経費の削減。法人税の影響額は想定で8億5000万円。

奈良議員)昨年消費税が上がったが、影響は。各部の要求にこたえられているか。
財務部長)3%引き上げに係るものとして、約6億5000万円が増える。事業の必要性、効果、量、工夫等を勘案し調整している。総合計画を着実に推進したい。市には1000を超える事業がある。今回は積極予算で、市債も活用する。基盤整備で将来の増収につながる、人も増える。抑えてきた経緯ある。投資的なものをここで一気にできる状況になった。市債の活用多めにし、積極予算にした。

奈良議員)国と交渉のさい「厚木はお金がある」と言われかねない。どう反論するか。
財務部長)厚木市は決して潤沢に財源があるわけではない。財政調整基金これまで20億だった。ここの所、景気が上向いている。しかし来年の確約ができるものではない。経済に左右される部分多い。公債費の減、返済に充てる。今まで借入を抑えながら来た。
エステ前のヒバ

釘丸議員)企業誘致、固定資産税の減免はどの位か。雇用関係の推移は。
財務部長)28年度は平成23年度適用分が解除となり200万円。平成28年度は21社で1億1千万円。
産業振興部長)事業所の拡大、移転、新設があった。6000人超が市で従業、新規雇用もあり。7000人超の従業者の増。雇用奨励金の対象は25年度まで46人、26年度なし。平成27年度は6件の立地、雇用奨励金は1人28年度で対応。
釘丸議員)雇用奨励金は正規雇用が対象で該当がほとんどいない。条例改正で正社員でなくてもと。非正規増の中で、市として力を入れて本来の目的の正社員増をすべきだ。

釘丸議員)まち・ひと・しごと創生総合戦略、人口ビジョンで合計特殊出生率を2045年に2.07、5年後では1.42としているが、実現可能性は。
政策部長)3つある。都市基盤整備、地方創生、地域包括ケア社会。補正と絡むが、国の交付金を使い若い世代の出会いと交流、定住・雇用促進などに向けて厚木の魅力を発信する。若い世代が議論をして事業の方向性を見ていく。28年度はそれに取り組む。反省をしながら、4年間、目標達成を目指して取り組んでいく。
釘丸議員)人口減に対応いろいろ。案を見るとあと4年で3980人増。数値と現実をどう見て調整していくのか。現実をしっかり見据えていかなければならない。
政策部長)総合計画は32年の到達で23万人を目指している。人口ビションは総合計画との整合性を図る。まち・ひと・しごとだけでなく開発インパクトも含めた数字。市街地再開発、子育て支援での効果、道路整備に伴う民間の開発等ある。その年度ごとの事業は効果があると考え取り組んでいる。検証してその結果を次の年度に活かしていく。松下幸之助さんの経営論で、先ずやろうと思うことが大事だとある。そういう意識を持っていないと、チャンスも見逃してしまう。職員全員が到達するんだと思って取り組んでいく。

釘丸議員)法人市民税が増。27年度は予算の倍が入ったことになる。在世調整基金に積む。これが市民要求に反映できるような財政運営をしていかなければならない。
財務部長)経済状況が良くて税収が上がってきた時の配分の仕方。これから基盤整備、大型施設もあろうかと。市債を活用できないこともあり、そのためにも確保。上がっていく社会保障関係の経費にも対応する。ハード・ソフト両面に有効に活用していくことが大切。
釘丸議員)自治体財政は単年度主義が基本。公共施設の老朽化、社会保障が上がるからとため込んでいいのか。いま住んでいる人にどう対応するかを考える必要がある。
財務部長)単年度主義は理解している。30年位前のように税収が右肩上がりなら単年度で使ってもいいが、今、経済状況が非常に不安定。サービスを始めて収入が入らないからやめるという事を防ぐためには、先を見越して財源確保して激変緩和の対応できるような姿勢も大切。

  1. 2016/02/24(水) 06:00:58|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3本の矢には、5本の矢で!5野党党首が国政での選挙協力で合意

昨年の9月19日に戦争法が成立。
その日のうちに、日本共産党の志位和夫委員長が提案したのが、
「戦争法廃止のための国民連合政府をつくること、
そのために国政で選挙協力をすること」、でした。
その後、戦争法廃止に向けた国民運動が大きく広がっている中で、選挙協力について難しい様子もありました。
1月31日に厚木で行われた小林節さん講演会でも、選挙協力をすべきと強く言われていました。
大手公園の電線の鳩たち

成立から5カ月後の2月19日に、日本共産党、民主党、維新の党、社民党、生活の党の野党5党の党首が国会内で会談。
戦争法を廃止する法案を国会に提出しました。
また、5野党として4点を確認しました。
①安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目的とする。
②安倍政権の打倒を目指す。
③国政選挙で現与党およびその補完勢力を少数に追い込む。
④国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う。
桜が春を待つ

大きな1歩です。
今、全国で「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」、29団体が共同で呼びかけた「戦争法廃止を求める統一署名」が取り組まれています。
目標は、今年の5月3日までに2000万人。
今回の野党5党合意で、「戦争法廃止」が、現実に近づきました。
厚木市議会2月定例会議が2月22日から始まりますが、私も宣伝に一層力が入ります。

  1. 2016/02/22(月) 06:58:49|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一般質問、2月29日、午後1時からの予定です

厚木市議会2月定例会議の一般質問は、2月29日(月)、3月1日(火)、2日(水)の3日間。
28人の議員のうち、22人が通告をしました。
29日が8人、あとの2日は7人ずつになるはずです。

私は4番目に通告。
厚木市議会は通告順ですので、私は2月29日の午後1時からの予定です。
前の議員が終わるまで、何時何分に始まるかは確定できません。

通告内容は以下の通り。
(1)教育行政について
ア 学校給食施設の整備について
 (ァ)現状と課題は。

(2)市政一般について
ア 平成27年度の介護保険制度の改定の影響について
 (ァ)事業者・介護従事者についての現状と課題は。
 (ィ)利用者側における現状と課題は。

イ マイナンバー制度について
 (ァ)現状と課題は。

泉町の花壇

学校給食施設は、先月の定例教育委員会で、小学校の単独調理場(自校方式)の見直しがされることが提案されたことから、その内容をきいていきます。
介護保険制度は、地域包括ケア社会が進められる中で、制度の改定内容を確認しながら、特に要支援1・2はずしと言われる部分を重点にと考えています。
マイナンバーは個人番号カードが交付され始めていることから、その状況を。

あと1週間ほどありますから、その間に、質問を組み立てていきます。
まだ、材料がバラバラなので、どういう流れにするかを思案中。
  1. 2016/02/20(土) 06:11:50|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

介護予防・日常生活支援総合事業の厚木市基本チェックリストより

介護保険事業では、平成27年度の改定により、要支援1・2の人を対象とした介護予防事業が「介護予防・日常生活支援総合事業」に移行することになりました。自治体によってはまだ実施していないところもありますが、29年度の完全実施が決まっています。
厚木市では27年度から実施。その事業を利用するにあたって、チェックする25項目があります。
市役所南側、大手公園からの空

厚木市基本チェックリスト

 1 バスや電車で一人で外出していますか
 2 日用品の買物をしていますか
 3 預貯金の出し入れをしていますか
 4 友人の家を訪ねていますか
 5 家族や友人の相談にのっていますか

 6 階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか
 7 椅子に座った状態から何もつかまらずに立ち上がっていますか
 8 15分位続けて歩いていますか
 9 この1年間に転んだことがありますか
10 転倒に対する不安はありますか

11 6カ月間で2~3kgの体重減少がありましたか
12 身長    cm/ 体重    ㎏/(BMI:     )(注)

13 半年前に比べて堅いものが食べにくくなりましたか
14 お茶や汁物等でむせることがありますか
15 口の渇きが気になりますか

16 週に1回以上は外出をしていますか
17 昨年と比べて外出の回数が減っていますか

18 周りの人から「いつも同じ事を聞く」などの物忘れがあるといわれますか
19 自分で電話番号を調べて、電話をかけることをしていますか
20 今日が何月何日かわからない時がありますか

21 (ここ2週間) 毎日の生活に充実感がない
22 (ここ2週間) これまでに楽しんでやれたことが楽しめなくなった
23 (ここ2週間) 以前は楽にできていたことが今ではおっくうに感じられる
24 (ここ2週間) 自分が役に立つ人間だと思えない
25 (ここ2週間) 訳もなく疲れたような感じがする

 1~20 : 総合
 6~10 : 運動
11~12 : 栄養
13~15 : 口腔
16~17 : 閉じこもり
18~20 : 認知
21~25 : うつ
(注)BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)=18.5未満の場合に該当とする
  1. 2016/02/18(木) 06:24:02|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市議会2月定例会議、予算は過去最高額に。

2月22日(月)から3月18日(金)までの26日間で、平成28年厚木市議会第1回会議(2月定例会議)が開かれます。
専決処分が2件、議案が38件!
大手公園、雨の後で

新年度予算が提案されます。
28年度予算
一般会計         805億8000万円
特別会計
 公共用地取得事業    6億1932万円
 後期高齢者医療事業  24億3100万円
 国民健康保険事業  287億9800万円
 介護保険事業     126億8400万円
 公共下水道事業     60億4900万円
 病院事業        191億6072万円
   合計        1503億2204万円

また、新年度に向けて、市長の市政方針演説があります。

本会議1週間前で議案を貰ったばかり。
これからじっくり見て勉強します。
  1. 2016/02/15(月) 06:21:11|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子育て・教育環境日本一を謳う厚木市、子どもに関する事件・事故が続く

厚木市は、現市長になってから、「子育て・教育環境日本一」を掲げています。
行政の施策は他自治体に先んじていることが多く、県内の議員からうらやましがられることもあります。
議員選挙で応援に行くと、厚木市ではとっくに実現していることを公約として訴えるということになります。

そんな厚木市ですが、2月13日未明に、母親が子どもの首を絞めたという事件が発生しました。
昨年は2月16日に、やはり二人の子どもをあやめた事件がありました。
その前の年の5月には、父親による育児放棄が発覚しました。
厚木市でこれだけ続くのは、偶然なのか必然なのか。
冬の樹と雲

子育てでは誰しも始めてのことばかりで、不安になるのは当たり前です。
そんな時、ちょっとした援助があると、解決することがあります。
一人ぼっちの子育てにならないようにするには、どうしていけばいいのでしょう。
行政だけで解決できる問題ではないと考えます。
  1. 2016/02/14(日) 11:44:52|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝のみそ汁にアサリ

朝は、ご飯とみそ汁。
アサリのみそ汁をつくる時、心が弾む。
貝殻の模様が一つ一つ違うのだもの。
アサリの貝殻

和食ブームの影響もあり、日本の農林水産物と食品の輸出が、2015年は前年より21.8%増とか。
ホタテ貝が32.3%増なのは、中華料理で使われるため。

子どもの頃、近くの川でアサリとりをしたものです。
もちろん、食べるために。
地産地消が当たり前の時代は、遠くなりにけり。
国産も食べられるか、あやしくするTPP。
  1. 2016/02/13(土) 06:50:34|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯河原町議選と梅見の会

湯河原町議選が間もなく始まります。
日本共産党からは並木まり子さんが立候補する予定。
選挙の応援に行きたいところですが、ちょうど2月議会の真っ最中で、とてもいける状況ではなさそう。
そこで2月11日、小田原であった党後援会の梅見の会にいってきました。
席の梅林の梅

並木さんは県立こども医療センターの看護師でしたが、県職労の専従もしていました。
私が県職労の厚木病院分会の書記をしていた時、大変お世話になりました。
私がスキーに行く時、スキーウエアを借りたこともあるのですよ。
相変わらず、やたらと元気な並木さんです。
3人

従軍看護婦だった先輩看護師から聞いた「怪我をして動けない兵士に、医師の指示で消毒薬を静脈注射して置き去りにしたのがつらかった」という話。
戦争法反対のママの会の「誰の子どもも殺させない」と同じ、看護師として「白衣を戦争の血で汚させない」と。
みなさんの応援をお願いします。

小田原市議の田中えり子さんと話していたら、小田原の栗山さんという男性に会いました。
こちらの栗山さんは、親が茨城で、本人は愛媛の出身だそうです。
私の夫・栗山は長崎出身。
田中市議と栗山さん

はたの君枝衆議院議員、参議院選挙の予定候補のあさか由香さん(神奈川選挙区)と椎葉かずゆきさん(比例代表)の挨拶もありました。
はたの議員は、前日の国会での大学の授業料(の値上げ)等での質問と首相の答弁のことなどを話しました。
ステージの4人

日本はOECD加盟国の中でも、教育費にかける率がほぼ最低。
学びたい人が、安心して学べる国にしないとね。

  1. 2016/02/12(金) 06:08:12|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中心市街地活性化に、昭和40年頃のまちと公共交通

2月4日(木)、厚木市議会中心市街地活性化検討協議会の勉強会。
関東学院大学教授で、市内在住の横森豊雄さんの講演「今後の中心市街地活性化施策の方向性について」がありました。
今回は市の職員研修と合同開催です。議員は28名中26名、職員は課長級以上の参加でした。
紅梅

講師は、内閣府「中心市街地活性化推進委員会」委員長など政府委員や全国の自治体委員を務めています。
そして、コンパクトなまちづくりを推奨しています。
「コンパクトなまち」、コンパクトシティと聞くと、何やら新しいまちづくりのようですが、講師によると、昭和40年ごろの地方都市がコンパクトシティとのこと。
駅の近くに大きな市街地があり、離れたところに徒歩圏内で生活ができる地域拠点(集落)があちこちにあったころに戻す。
都市へ人が集まり居住地域が広がった。
昭和35年から55年までの間に、都市的地域は2.6倍になったが、人口は1.7倍。
都市的地域の人口密度が低くなり、人口が分散してきた。
白梅 寿町

場当たり的な事業により、かつてのコンパクトシティが破壊されてきた。
郊外住宅団地・ニュータウンの造成と限界集落化/
バイパス整備とロードサイドショップの展開/
工業団地造成・高速道路インターチェンジ開設とショッピングセンター(SC)のオープン/
土地区画整理事業と公共・医療・福祉施設の郊外移転/
工場跡地への出店と隣接町でのSC誘致/
連続立体交差事業と駅の高架化・南北問題解消/
高校の郊外移転とバス路線の減便・廃止/
駅前大型店の撤退と再開発ビル商業床の空洞化/
商店街の後継者難と意欲の低下。

それぞれの解説と事例がありましたが、厚木にも当てはまることがたくさんあります。
樹に雀の実

誰もが快適に暮らせるまちであるためには、生活サービス(福祉・医療・商業等)が必要。
車の無い人の生活が大変ではダメ。
生活拠点は、歩いて暮らせるまちであること。
都市再生特別措置法では、市町村に立地適正化計画を策定することを求めている。
包括的なマスタープランの作成、
都市機能誘導区域と居住誘導区域、
さらに維持・充実を図る公共交通網を設定することとなっている。

地域公共交通網には、コミュニティバス、乗換拠点の整備、循環型の公共交通ネットワークの形成、デマンド型乗合タクシー等がある。
中心市街地(大きな団子)と各生活拠点(小さな団子)を結ぶ公共交通(串)で、団子と串のまちづくり。団子ではコミュニティバスを運行。多極ネットワーク型コンパクトシティだ。

青い空と樹

以前にもコンパクトシティに関する研修を受けたことがあります。
コンパクトシティとは一極集中で強制的に住民を移転させるかと思っていましたが、コンパクトなまちづくりを推奨している今回の講師によると、それは誤解であるとか。
多極型で、時間をかけながら居住の集約を推進し、全ての人口集約を図るものではないとしていました。


納得できるところもそうでないところもあり、さて厚木のまちづくりはどうでしょうか。
中心市街地が衰退していると言われて久しい本厚木駅周辺ですが、イオンとバスセンター界隈(中町2―2地区周辺整備事業)や本厚木駅南口駅前広場と22階建てのビル(本厚木南口地区第一種再開発事業)が気になるところです。

[中心市街地活性化に、昭和40年頃のまちと公共交通]の続きを読む
  1. 2016/02/11(木) 06:55:00|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳩の卵の目玉焼き―のつもりが・・・。

鳩の糞害。
最近、うちのベランダにも鳩がよくいるなと思っていたら、何と、卵が2個。
鳩の卵

中国に行った時、鳩を食べたし、卵も食えるはず。
子どもに「目玉焼きにして食べてね」と置手紙をしたが、食べなかった。
しかたがない、つくってやるかと思ったが、目玉焼きにはならなかった。
  1. 2016/02/04(木) 06:45:09|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「食の安全」講演会 テレビでは放送できない食品表示のウソ・ホント~健康食品で健康になれる?~

先月中旬に発覚した廃棄冷凍カツの問題で、食の安全について不安を感じているさなかの2月1日(月)、厚木商工会議所5階で、厚木市消費生活センター主催の「食の安全」講演会が開かれました。
「テレビでは放送できない食品表示のウソ・ホント」~健康食品で健康になれる?~のタイトルで消費者問題研究所代表で、食品問題評論家の垣田達哉さんが講師です。
食の安全講演会では平成21年度から連続で垣田さんが講師。
冷凍餃子や放射能、マクドナルドなど、毎回新しい問題が起きますが、今回は大きな問題が無い中での募集開始でした。
ところが、冷凍カツが問題になり参加者申し込みが急増。
講師によると、12月から1月は食の問題が起きやすいとのこと。
ほぼ満席の会場、開始前

 講演後はNHKのクローズアップ現代の生出演があるという事で、放送の裏話。
クロ現の国谷キャスターは、クニヤイズムともいわれる丁寧な打合せで、本番でのフォローが上手いのだそうです。
某民放では1時間のインタビュー後、実際の放送は10秒程度。
講師の垣田達哉さん

 食品ロスが言われているが、食べられるのに捨てられることと、廃棄物である冷凍カツとは別問題。
産業廃棄物法は性善説でつくられた法律。
書面だけの確認で、業者がウソをついているのがわからない。
産業廃棄物が本当に廃棄されたかどうかは産廃業者次第。
産廃業者のダイコーは2014年に6回の立ち入り調査でもわからなかった。
家庭ではゴミの分別をしているが、大量廃棄のメーカーは分別せず、きれいな段ボールに入れて産廃業者に渡す。
「どうぞ横流しして下さい」と言ってるようなもの。
安いものには訳がある。
安い理由に納得できるかどうか。
食の安全、画面

 2015年4月から食品表示法が施行。
来年4月からの消費税増税で軽減税率との関係でもめているが、増税しなきゃいいんです。
TPPがあるんだから、余計はっきりしなきゃいけない。
機能性表示食品制度がスタート。
保健機能食品が特定保健用食品・栄養機能食品に加え、機能性表示食品ができた。
国の審査は無く、届け出書類に不都合が無ければOK。
効能・安全性はメーカーの判断。
全て消費者の自己責任。
白梅 寿町

グルコサミンは摂取してはならない人があり注意が必要。
コラーゲンを食べても、自分のほしい肌・膝にとどまることありません。
ヒアルロン酸は経口摂取での有効性は確証無し。
食品安全委員会からの注意
 ○「食品」であっても安全とは限らない
 ○多量に摂ると健康を害するリスクが高まる
 ○ビタミン・ミネラルをサプリメントで摂ると過剰リスクの危険
 ○「健康食品」は医薬品ではない
 ○誰かに良い「健康食品」が、あなたに良いとは限らない。
  経験談を信用してはいけません。
紅梅

「食」は命そのもの。
ただし、講師の垣田さんは、
「あまり気をつけていません。
テレビ出演時に控室で出されたものは何であろうと食べます。
いろんなものが入っている、いろんなものを食べます。
添加物、食べないわけじゃない。
どんな発がん物質より毒だとわかっていても、酒も飲みます」
とのことです。
消費者でなく企業の方を向いている法律―国への批判もありましたが、確かに放送では言えません。

ーご参考までにー
食品
  一般食品     栄養補助食品、健康補助食品、栄養調整食品などを含む

  保健機能食品  特定保健用食品
             栄養機能食品
             機能性表示食品
医薬品
医薬部外品



  1. 2016/02/03(水) 06:05:08|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小林節さん講演会、厚木で開催 。「投票箱で革命を!」

1月31日(日)の午後2時から、小林節さん講演会が厚木市文化会館大ホールで開かれました。
主催は「戦争法なんていらない!厚木・愛川・清川の会」。
協賛は「厚木市九条の会ネットワーク」です。
開始前のステージ

小林節さんは、慶応大学名誉教授で弁護士、昨年の6月に衆議院の憲法審査会で「戦争法案は憲法違反だ」と断じた憲法学者です。
安倍政権の憲法違反は許せないと、全国各地で戦争法廃止を全国各地で話している、全国一忙しい憲法学者だそうです。
1時間半の講演は、「(情勢は)毎日変化している。その日その日で違うので、レジメは無いんです」という事です。
市内の某大学で今講演会のビラを断られたことから始まり、各放送局で戦争法批判めいたものをしたキャスターが降板させられ続けていることが、安倍政権による事後検閲状態であることも言われました。
小林節さん

「自由と民主主義という名前はギャグです、自民党。 
1億人がいれば1億の個性がある。
国民が自由に異論を言いあう関係になることが民主主義。
意見が違うと排除するのは、自分で自由を殺していること。
ナチスのやり方と同じ。
権力者に自信が無いから鷹揚になれない。
私のところには、世の中の最先端の課題がきます。
それに応えるが、結論を出すのに大事なのは理由、それが憲法。
気に入らないなら反論すればいいのだが、私自身が納得のいく反論に合わない。
だから、私は、戦争法反対の動きが止まらない。
大山の上の雲

自公の議員は、国会でも私から視線を逸らす、避けて通ろうとする。
彼らは論争で負けているのだ。
我々はおしゃれに知的に、(無知な彼らを)i軽蔑しながら、余裕をもって押し返す。
政府と反対の意見を「不公正」とはおかしい。
多元的な意見を取り上げるのが、放送法の言う「公正」である。
安倍内閣の高市早苗さんがやじった、「私はそういう憲法解釈はとらない」と。
自民党とは憲法調査会で30年ぐらい付き合ってきたがその時、、私の頭の中で、「ば・か」という単語が・・・。
ビジネスタワーの脇の樹の芽

憲法ってなんだ。
18世紀、アメリカ独立までは、憲法は無かった。
それ以前は王国と植民地しかなかった。
独立戦争後に、ジョージ・ワシントンは周りから王様になるよう言われたが、国民が対等な新しい民主国家をつくった。
権力を濫用させないために国家権力をt縛る法律をつくった。
それが憲法。
幸福の条件は、自由・豊さ・平和。
私はジョージ・ワシントンを尊敬してる。
懐にはいつも彼の肖像画入れている。
1ドル紙幣ですが。
大山より右の雲

あべちゃんは平和安全法制というが、チャンチャラおかしい。
戦争法以外の何物でもない。
臨時国会の招集をしなかったのも、憲法違反。
議会を機能不全にしている、すなわち王政。
大山を釘丸Pから望む

我々は、選挙で、まだ見ぬ将来を預けている。
やめさせるには、選挙しか方法が無い。
1回の選挙で決着をつけようとは思っていません。
アベより、共産党でしょう。
ロシアや中国の共産党を言われるが、失敗から学んで工夫すればいい。

投票で、跳ね返す。
革命です。
投票箱で、革命ができる。
椿の芽

政権は緊急事態を言っている。
しかし、今の憲法でもできる。
現場に権限を持たせる。
どんなに制度があっても、練習して身につけていないとだめです。現実に似たシュミレーションをしておくこと。

選挙で負けても、日弁連は全力で反論する。
絶対つぶせる自信がある。
憲法を軽んじる政府を倒して、憲法を大切にする政府をつくる! 」
上依知の路上でみあげると

自分たちの運動に、確信が持てました。
元気をもらって、翌日の本厚木駅北口の朝宣はネタがたっぷり。
そのせいでしょうか、いつも以上に、反応がありました。
会釈をする人が多く、ご高齢の方がじっと聞いていたり、立ち止まって深々と頭を下げた人もいたり。
マイクを持つ私に向かって「ばかやろう」「ばばあ」だのと叫んだおじさんもいましたが、そう言われると、余計力が入りまして、無視しつつ、思想・信条、表現の自由が憲法で保証されていることも話してしまった。
  1. 2016/02/01(月) 18:58:44|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たくさん吸って、ちょっと吐く ― コミュニケーション

1月30日(土)の午後1時30分より、厚木市文化会館小ホールで、「あつぎ市民ふれあい都市フォーラム」が開かれました。
地域福祉推進大会」と同時開催となります。
厚木市文化会館の池

 事例発表では、コミュニティカフェ荻野の運営をしている岩崎正昭さんから「地域住民のふれあいと活動の場づくり」と題して、Tobioギャラリー事業の紹介がありました。
Tobioギャラりー
厚木市市民協働事業提案制度を利用して、今年4月1日から運営開始となるものです。
パティオとびお商店街の店舗を利用して、東京工芸大学・UR都市機構と共同して企画しコーヒーを飲みながらサロン風な雰囲気の中で、地域住民の拠点の構築を目指します。
岩崎さんは地域のコミバス「森の里ぐるっと」の運営に関わってきたことから、荻野地区で「荻野ぐるっと」を構想中。

文化会館の池、表面

講演は元NHKアナウンサーで多くのスポーツ実況をし、現在は法政大学スポーツ健康学部教授の山本浩さんを講師に「ふれあいのある地域づくり~一人一人の声を聞き伝える力~」。
山本浩アナウンサー
アメリカのトップアスリートの環境の日本との違いから、トップアスリートとなるためには、経済的支援+情報+時間+コミュニケーションが必要であることが言われました。
コミュニケーションのポイントはたくさん吸ってちょっと吐くこと。
 吸う : 読む、見る、聞く
 吐く : 書く、話す
知ることで、ものの見方が変わってくる。
それにより、毎日をどう過ごすか、時間を何に向かって使うかも変わる。
 
文化会館の池、漣

コミュニケーションは社会生活での情報伝達のこと。
人は一人では生きていけません。
家庭や職場、地域でコミュニケーションが重要なのは言うまでもありません。
自らが学び考え、いろいろな人との触れ合いなど刺激を受けられ、コミュニケーションもより円滑になること間違いなしのいろいろな講演会、おススメです。
  1. 2016/02/01(月) 06:27:46|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0