私達の2月議会報告会も、終わる

5月22日(木)の午後、睦合西公民館で、私達、日本共産党厚木市議員団の議会報告会を行いました。
2月議会は主に予算を審議しますので、最初に釘丸議員が予算の概要等と市議会の議会報告会について、私が短時間で一般質問等についての話をしました。
かなちゃん手形の改善として、年度内に70歳になる人にも補助されるようになったことも話しました。
参加者の話に集中

その後は自由に質問・意見など。
釘丸議員が、、最近、日常着として着物を着ている話をしまして、切らずに結べるつくり帯の作り方なども話題に。

最近の話題は「アミューあつぎ」です。
どこへ行っても「アミューはどうなの?」ってことになります。
この日は、まず、フリースペースが大変好評だという話から。
ソファーが柔らかくて、お年寄りもお弁当持ってきたりと、交流の場になっているとか。
映画も1000円なので、アミューの近くに行ったついでに見てきたとか。
いいことばかりではなさそうです。
調理室を利用した人からは、ドアが窓ガラスになっていて、じろじろ見られて気持ち悪いとの声もあったそうです。
ヤンコミがなくなって、静かに学習するスペースがなくなって困っている若者の話など。
―市は利用者の意見を聞き、できることはすぐ対応している。
予算が必要なものは時間がかかるが、できる限り対応をする姿勢でいる。
もちろん、簡単にできないこともあるが。
批判が多いということは、期待の裏返しとも考えられる。
七沢の山にたくさん生えていた

学校給食はどうなっている?他の自治体ではデリバリー方式などで冷たいご飯だとも聞くが。
―小学校は自校式が増えて、残りは6校。全校設置に向け進めている。
なお、今年度から3年計画で小学校の冷暖房設備が設置されるが、今年度は自校方式になっていない6校に。
中学校給食はセンター方式だが、自校式と比べれば「おいしい」とはなりにくいようだが、県内では進んでいる方だ。
中学校の自校式については、厚木の給食のあり方協議会が「自校式が望ましいが、センター方式が妥当」との報告を出している。
十分とは言えないが、地産地消も少しずつ進めている。
とけいそうー時計草ー

道路。歩道がせまいところ、斜めになっているところがある。
人が歩きにくい道路だ。高齢者や車いすの人は困る。
他市から転入してきて「段差が多くて自転車がパンクしやすい」との声もある。
団地の中の道路が抜け道になり、スピードを出して危ない。
―厚木市道は6000路線、約1400kmある。
予算もかかることであり、地権者との関係で簡単にできないことが多い。
自治会も巻き込んで、要望を言い続けて行こう。
山道で見かけた甲虫、紫色に輝く

防災無線が風向きによっては聞こえないことがある。
相模川上流のダムの放水、市民へのお知らせはどうなっている?
―ダムの放水時は、県がサイレンを鳴らし、広報車が危険個所を回り、注意喚起する。
大雨など増水の危険があるときは事前に放水する。
市にも連絡が来る。
危険な状態が予測されるときは、市が災害対策本部を設置し、対応する。
ドクダミとツツジ

河川の草木で、水の流れが悪くなっている。
―河川管理者(県・市)で草刈り等をする。地域の団体がやっているところもある。
山道で見かけた大石

厚木基地の騒音問題で、5月21日に横浜地裁で自衛隊に夜間の飛行差し止めの判決が出た。
米軍の騒音にはどう対処する?
―騒音について市の担当は生活環境課だが、基地の騒音は国が受ける。
防衛省南関東防衛局座間防衛事務所(大和市鶴間1-13-2)
℡046-261-4332
ただし、騒音がひどい時は問い合わせが殺到するため、電話がかかりにくくなるとのことです。
亀石

5月21日の福井県大飯原発再稼働差し止め、画期的な判決だ。国民の命を大事にするのは当たり前のことなんだが。
―これからも、原発再稼働反対の運動をすすめて行きましょう。
亀石は大きかった

市議会議会報告会のように大勢の参加だと発言しない人が多いのですが、少人数だと、全員から意見・質問が出ますので、いろんな課題が見えてきます。
少人数での報告会をたくさんやりたいと思っています。
次の議会は6月議会、その後は8月の臨時会、9月の決算議会と続きます。
ご希望があればどこへでも伺いますので、お気軽に声をかけてくださいね。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/22(木) 17:17:07|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市議会の議会報告会、終わる

厚木市議会では、5月17・18日の2日間、4会場で第5回市議会議会報告会を開催しました。
今回は、28人の議員が、4つある常任委員会ごとに分かれて。
17日は2会場で。
総務企画常任委員会は、依知南公民館で、
 難波・井上(敏)・徳間・高田・奈良・遠藤・井上(武)各議員が担当。
依知南公民館

私の所属する市民福祉常任委員会は、睦合北公民館、
 神子・古川・石井(芳)・川口・沼田・内川各議員と私の7人。
私は記録係でした。報告会が終わってからが私の仕事。
テープおこしをするのです。

次の日の朝は相模川サミット6市合同クリーンキャンペーンで、三川合流地点でゴミ拾い。
たくさんの市民が参加しました。
この袋には煙草の吸殻がたくさん。喫煙者が皆、マナーが悪いとは思わないが、煙草のポイ捨ては街の中だけでなく、川でも山でもしてはいけないよ。
朝はクリーンキャンペーン

釘丸議員は環境教育常任委員会で、緑が丘公民館、
 名切・渡辺・松前・小島・松田・田上各議員で7人。
私は受付をお手伝い。
ついでにマイク係もやりました。

その帰り道、郷土資料館に寄り、浮世絵展を見てきました。
歌川広重や喜多川歌麿、鈴木春信など、有名な画家の作品もたくさん。
テレビも写真も無かったころの娯楽を楽しみました。
厚木ゆかりの作品もいろいろあり、説明を聞いたり、カタログ(?)を見たりすると、なお興味をそそられます。
浮世絵展は、6月15日までやっています。
郷土資料館の浮世絵

都市経済常任委員会は、オープン間もないアミューあつぎ、
 寺岡・瀧口・太田・松本・越智・石井(恒)・泉各議員。

それぞれの会場では、まず2月議会での予算審議の様子、その後は会場担当の常任委員会での審議審議について報告がありました。
そして、地域の話題や所管の事項についても報告、その後は参加者との意見交換。

18日は、厚木中央公園で少年少女フェスティバルも。
南毛利地区のコーナーで、あゆコロちゃんの「のぼる人形」をつくり、控室に飾っています。
少年少女フェスティバル

2日間の議会報告会、自分のところだけでなく、他の常任委員会の会場にも行きましたが、それぞれ、参加者や報告内容、質問・意見、それに、各議員の答弁の様子も違っていて、面白かったのです。
実際に行ってみるのが一番です。
8月には臨時議会があり、常任委員会等のメンバーも変わりますので、次の議会報告会がどんなメンバーになるかは未定です。
時期は、9月の決算議会の後ですから11月ごろかな。
ぜひご参加ください。

  1. 2014/05/22(木) 17:06:08|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視察ー北九州市「いのちをつなぐネットワーク」

5月13日(火)・14日(水)の2日間、市民福祉常任委員会の所管事項調査がありました。
行先は北九州市。
北九州市は、1963年に門司・小倉・若松・八幡・戸畑の5市が対等合併してできた政令指定都市で、昨年、市政50周年を迎えたそうです。488k㎡で、100万都市といいながら、平成22年の国勢調査では97万人強、高齢化率は25.1%、年少人口が12・9%。

なお、厚木が93.83k㎡、22万4千人で、高齢化率17.9%、年少人口13.7%です。

今回の視察は3件。
13日
・いのちをつなぐネットワーク
北九州といえば、生活保護を受けられずに「おにぎり食べたい」と書き残して無くなった事例が有名です。それらの経験を踏まえて、住民が孤立することなく、支援が必要な人を福祉につなげることができるように、地域全体で見守るというものです。
地域全体で困っている人に気づく「見つける」、支援できる人につなげる「つなげる」、できることから、見守りの輪に参画知る「見守る」が、キーワード。新たなネットワークを立ち上げるのでなく、既存の仕組みをいかして、住民、関係団体、民間企業、行政が一体になって取り組もうと、平成20年から開始されました。
対象は全ての年齢ですが、高齢化率が高いこともあって、高齢者が多くなっています。

戸畑
・子ども・若者応援センター「YELL」
ひきこもりなど、社会生活に困難を抱えるおおよそ15~39歳の人とその家族を対象に、相談・支援をします。運営は民間に委託。キャリアカウンセラーのセンター長を始め、臨床心理士や教員資格をもつ職員が4人という、市の施設の中にある小さな場所ですが、開設から3年半での利用者は延べ1万302人にもなるとのこと。最初の対応はここですが、その後は個人に合わせて、さまざまな関係機関との連携で、対人関係改善や就職へ向かえるように支援をしていきます。
「YELL」の前

14日
・子育てふれあい交流プラザ”元気のもり”
小倉駅から見える黄色い建物の中にあります。この歩道の上は太陽光発電のパネルです。
小倉駅から元気の森へ向かう
小倉駅近くのビルの3階にある、3078㎡の広さの施設です。
子育てふれあい交流プラザの入り口

0歳から就学前の親子や妊産婦さんが対象で、子育ち・親育ち・地域子育ての3つについての支援機能を持たせています。
子育ち、親育ち、地域支援

プレイゾーンは木製の遊具がたくさん。落書き、絵本、水、音、屋根裏部屋など、、たくさんのコーナーに分かれています。
広々したプレイホール
木の玉のプール
足こぎのメリーゴーランド
お話コーナー
屋根裏部屋からプレイホールを見る
お母さんのためのリラックスルーム
危険はこんなところに

計画に当たっては、子育て関係の団体等から意見を聞き、識者を入れてじっくり検討して、子どもの目線を重視して作り上げたとのことです。視察をしながら、何度も、しゃがんで見てみました。大人の目線と子どもの目線は、確かに違います。
プレイゾーンの利用はゼロ歳は無料ですが、大人が200円、小学生以下が100円。
子育て支援では、「初めて抱くのが、わが子だった」という人が多くなり、親の不安や負担の解消に役立っています。
また、地域の子育て支援団体に活動や情報、、人材交流の場を提供。

今回の視察では、高齢者等、若者、子どもと、対象は違っても、共通するのは「人間関係」です。
家族、友人・知人、近所など、様々な関係の中で自然に学び、助けられていくものかと思うのですが、それがうまくいかない社会になっていることを感じています。
「自助」「共助」が強調されがちですが、一人一人ができることは何か、また、行政がどこまで関わっていくことが必要なのか考えていかなくては、なんでも個人の責任にされたり、あるいは、なんでも行政がやれ、ということになってしまうのではないかと思います。

帰りに旦過市場を見てみました。どの魚やさんにも、、サンマやイワシの「ぬか炊き」が、ありました。
クジラを売ってるお店もありました。
旦過市場でクジラのベーコンを切っていた



  1. 2014/05/19(月) 12:34:37|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木のアミューで映画を観るのだ!

4月26日にオープンしたアミュー、9階は映画館です。
アミューあつぎ 映画.comシネマ
シネコンとは違い、それなりに評価された映画を見られるので、安心して見られそうです。
緑のまつりにて

5月9日までは

スクリーン1は、

 『レ・ミゼラブル』 と
 
 『劇場版 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』

スクリーン2が、

 『最強のふたり』 それに

 『映画 かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』

子どもが小さかったころ、「かいけつゾロリ」をよく図書館で借りたものでした。
テレビは見たことないのですが、映画をちょっと見たい気が・・・。
オバサンがゾロリに一人で行くのは、ちと恥ずしい。どこかの子どもを借りていこうかしら。

十数年前、子どもを5人ぐらい連れて映画に行ったことがあります。
名探偵コナンだったのですが、「犯人はー、」という場面で、「おばちゃん、おしっこ」。
仕方なく、トイレに。
戻って、トリックを解き明かす場面で、再び「おばちゃん、おしっこ」。
仕方なく、トイレに。
それからは、自分でトイレに行く子を連れて行ってます。
ドウダンツツジ

ちなみに、5月10日(土)から16日(金)は

スクリーン1が、『そして父になる』と
『鑑定士と顔の無い依頼人』

スクリーン2は、『恋する惑星(字幕版)』と
『言の葉の庭 *併映:だれかのまなざし』

料金は
 一般  1,000円   学生(中学生~大学生)800円
 小学生以下 500円   シニア(60歳以上) 800円

割引制度(障害者、託児室利用)や会員制度(年会費5400円で鑑賞料金500円。市内在住・在勤・在学は4860円)あり。




  1. 2014/05/05(月) 18:09:37|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森の里東土地区画整理事業の説明会、開かれる

厚木市森の里東土地区画整理事業 環境影響予測評価書案に係る説明会

厚木市では、今年度から下古沢・上古沢・愛名にまたがる約68haの区画整理事業を予定しています。
4月から市役所内に「森の里東拠点整備事務所」が置かれています。
県条例により、事業実施前に環境への影響についてまとめ、市民に説明し意見を受けることになっています。
市では、今区画整理事業にかかり平成22年に環境影響評価の実施計画書の縦覧をし、その後1年以上にわたっての現地調査経て今回の予測評価書案がまとまりました。
ハナミズキ

4月29日(火・祝)19時から「環境影響予測評価書案」に関する説明会が南毛利公民館で行われました。
市の担当者から、今区画整理事業、環境影響予測評価および事後調査計画の概要と今後の予定が説明されました。
説明の後、参加者からの質疑。
特に、植物・動物・生態系について、影響ありとした評価結果についての質問や意見が多く出されました。
移植対象種(タチキランソウ、エビネ)や移設対象種(アカハライモリ、トンボ類、アブラハヤ、ホトケドジョウ)、区域内で繁殖が確認されているオオタカへの影響を心配する市民からの声が続きました。
春のタンポポ

説明会はあと2回開かれ、どなたでも参加できます。
5月10日(土)14時~16時  小鮎公民館
5月11日(日)19時~21時  森の里公民館

説明会開催と並行して、評価書案を4月18日から6月2日まで縦覧しています。
関心のある方は是非ご覧ください。

  1. 2014/05/05(月) 17:48:21|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は五月一日なり、われらの日なり

今日は五月一日なり、われらの日なり

 5月1日はメーデー。
 厚木統一メーデーに参加しました。
 
 「生涯派遣」「残業代ゼロ」の安倍首相の労働者切捨て政策に大きな批判出ています。

 労働者や地域の民主団体と一緒にデモ行進をしました。

メーデー

 デモ行進後地域の仲間と、プラカードを持って記念撮影。

  
 五月一日は、われらの日なり
   ―石川啄木の詩に見るー
 石川啄木は日本のメーデーが始まる9年前の1911年「墓碑銘」を発表しています。
 その一節です。 

   かれは労働者・・・
   一個の機械工なりき
   かれは常に熱心に
   かつ快活に働き
   暇あれば同志と語り
   またよく読書したり。(中略)
   かれは烈しき熱に冒されて
   病の床に横たわりつつ
   なほよく死にいたるまでうわ言を口にせざりき。
   「今日は五月一日なり、われらの日なり」

 明治43年(1910年)大逆事件が起こりました。明治天皇の暗殺を計画したという理由で、幸徳秋水ら多数の社会主義者、無政府主義者が検挙、処刑された事件です。
 石川啄木は、それ以前からも社会主義に関心がありましたが、
 大逆事件の主犯とされた幸徳秋水の「陳弁書」を読み、社会主義思想にさらにひかれていきます。

 その後、評論「時代閉塞の現状」、詩「果てしなき議論の後に」などを発表しています。

 しかし、大逆事件は、社会主義者、アナキスト(無政府主義者)を根絶やしにするために政府が主導で行ったフレームアップ(政治的でっち上げ)であることが、戦後、資料によって明らかになりました。

 現代の秘密保護法によって、またも、この危険性が増しています。
  1. 2014/05/04(日) 20:24:33|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月3日、憲法を守ろうーの行動、鯉のぼりも。

5月3日は憲法記念日。
1947年5月3日に施行されてから67年が経ちました。
国民主権、基本的人権の尊重、そして平和主義。
この3つの大きな柱を掲げてできた日本国憲法ですが、今、大きな危機に曝されています。
憲法9条について、これまでは国会でも歴代の法制局長官が、集団的自衛権は認められないことを答弁してきました。
安倍首相が、法制局長官を自分の意のままになる人物に変えてまで進めたい集団的自衛権、もし、行使すれば、国民にとってどんなことになるのでしょうか。
自国が攻撃されなくても、日本が海外で戦争をする国になってしまいます。
昨年12月6日に国民の反対と批判の声を無視して強行採決された「秘密保護法」は、成立から1年以内の施行が定められています。

5月3日は全国各地で集会や署名宣伝など、憲法に関する様々な取り組みや行動がありました。
相模川の河原では厚木まちうち九条の会によって「世界にはばたけ憲法九条」などと書かれた大きい凧が揚げられました。
大きな凧です

一緒に青空を舞う鯉のぼりは、平和であればこその景色です。
大凧と鯉のぼりと大凧

河原でバーべキューをしている人にもよく見えたのではないでしょうか。
大凧を見てる私

同日、新宿駅周辺では秘密保護法に反対する学生ら400人ほどがデモを行い、「立ち上がれ、起き上がれ、権利のために」「これが僕らの民主主義だ」との声を上げ、ヒップホップの音楽に合わせコールや訴えをしました。
参加した大学生は「秘密法を無理やり通したのは、戦前と同じ」「自由に意見を交わし、知りたいと思ったことを知れる世の中がいい」などと話していたとのことです。

全国の多くの自治体の議会からも、秘密保護法の廃止を求める意見書が出されています。
厚木市議会では、まだ出してはいませんが、議会に28人いる議員一人ひとりが、市民の声をどのように取り上げていくのか、どうかしっかり見ていてください。


  1. 2014/05/04(日) 20:11:53|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0