「アミュー(AMYU)あつぎ」、使用料はどうなる?

(仮称)あつぎ元気館の名称が「アミュー(AMYU)あつぎ」と決まりました。

地下1階~地上4階は商業施設として、いろいろな店舗が入ります。どんなお店が入るかは、来年1月以降の発表となる予定。
5~8階は公共施設として、主に貸し館業務を行います。
9階は映画館とホールで、民間が運営をしていきます。映画館といっても、最新映画をやるようなところではなく、懐かしの映画だったり、イベント的なものだったりと独自に運営をしていくようです。
地下2階は駐車場ですが、パルコのころから、あまり使い勝手が良くなかったようで、市でも中町立体駐車場の利用を勧めています。
冬の空
 厚木市議会12月定例会では、この公共施設部分について目的や名称、使用料等を定めるために、「厚木市立あつぎ市民交流プラザ条例」が出されました。
名称は「あつぎ市民交流プラザ」。
市民の生涯学習文化芸術に関する活動の場、子どもと保護者の集いの場を提供することで、多世代交流の促進とにぎわいあふれるまちづくりの推進に寄与するために設置することとなっています。
使用料は部屋ごとに設定されています。
減免については市が主催・共催するもののみということで、現在各施設でされている減免はなくなるとのことです。
交流プラザの平面図(予定)は、議員団のホームページでご覧ください。
4月26日からの供用開始を予定していますが、2月1日から、現在と同様にマイタウンで予約ができます。
まちの片隅、白い花
 党議員団では、旧パルコについて、当初から公共施設として利用するように市に求めていました。
しかし、今条例については、市民のみなさんの使用料金や駐車場などの不安の声もあることから、市民負担が増えることで、現在の活動に影響が出ることを懸念し、反対しました。

スポンサーサイト
  1. 2013/12/21(土) 10:52:34|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月議会、最終日の討論です。

本日、12月議会が終了しました。
14議案と1請願10陳情が審議されましたが、全議案が採択、1請願1陳情が継続、9陳情が不採択となりました。
各常任委員長の報告のあと、討論。
私は以下の通り、反対の立場で7議案1陳情について討論を行いました。
冬の木々に青空

日本共産党厚木市議員団を代表して、
議案第75号 「厚木市立あつぎ市民交流プラザ条例」について
議案第79号 厚木市公共下水道使用料条例の一部を改正する条例について
議案第82号 工事請負契約の変更について
議案第83号 厚木市ふれあいプラザ指定管理者の指定について
議案第84号 厚木市営自動車駐車場指定管理者の指定について
議案第85号 平成25年度厚木市一般会計補正予算(第7号)
議案第86号 平成25年度厚木市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
陳情第27号 子宮頸がんワクチン接種を一時中止し、副反応の追跡調査と
被害者の救済を求める意見書を国に提出することを求める陳情 の
議案7件陳情1件に反対して討論を行います。
IMG_0553.jpg
先ず、議案第75号 「厚木市立あつぎ市民交流プラザ条例」について です。
(仮称)あつぎ元気館の名称が「アミューあつぎ」と発表されました。旧パルコについては、当議員団も公共施設として使用するよう求めていました。市民の期待も大きく、来年春の開設が待たれますが、同時に不安の声も聞こえてきます。現在、条例に基づいた各種減免制度がありますが、これらが無くなると、利用する市民の負担が大きくなってしまいます。また、駐車場についても、有料となるため、何らかの支援を求める声が多くの市民から出ています。これらの負担により、市民の活動に影響が出るのではないかと危惧しています。

次に、議案第79号 厚木市公共下水道使用料条例の一部を改正する条例について です。
9月議会でも市民から下水道使用料の引き上げについて反対の陳情が出されました。9.92%の引き上げに加え、消費税増税分を含めた負担増が、家計へ与える影響は大変大きくなります。
さらに、一般的家庭での使用料と大口の使用料を比べると、厚木市は他の自治体より、大口の使用料が割安になっています。これらの不均衡を改善する必要があるのではないでしょうか。

議案第82号 工事請負契約の変更について
アミューあつぎの工事については、当初22億9215万円のものが、24億7140万1800円に増額しています。当初から入れるべきであったと考えられる工事が、今になって追加になるのはなぜなのか、明快な説明はなされていません。
ミカンの実、みかん色に。

議案第83号 厚木市ふれあいプラザ指定管理者の指定について
これまでずっと指定管理者だった事業者ではなく、別の事業者に変わります。事業は、事業そのものだけでなく、人と人とのつながりによってなされます。そこで働く人の事はどう考えているのでしょうか。非正規雇用を助長するような指定管理者制度には賛成できるものではありません。

議案第84号 厚木市営自動車駐車場指定管理者の指定について
都市経済常任委員会でも市の直営ですべきとの意見がありました。施設の維持について、事業者は軽微な補修で施設を利用し利益を上げ、市は大規模な改修をしなくてはなりません。結局、市の財政負担は大きいままです。
冬に赤い実が良く似合う

議案第85号 平成25年度厚木市一般会計補正予算(第7号) および
議案第86号 平成25年度厚木市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてです。
この2件は、事業そのものではなく、債務負担行為について、消費税増税阻止を求める立場から反対いたします。
自公政権になってから1年が経ちました。この間、安倍首相は経済対策を講じ、マスコミでも景気が良くなったかの様に報道されています。しかし、消費税増税前の駆け込み需要であり、来年4月の増税以降に景気が停滞するのではないかとの見方もされています。
増税は、増大する社会保障のための財源と言いながら、その一方で、国民の不安を無視して、秘密保護法を数の力で強引に成立させ、12月17日の閣議では、中期防衛力整備計画を決定しました。その中味は、新兵器の導入として、オスプレイ17機、滞空型無人偵察機3機、イージス護衛艦2隻、機動戦闘車99両など、総額が24兆6700億円にもなる軍拡計画となっています。このような税金の使い方をしていいのでしょうか。日本を「海外で戦争のできる国」にするのではなく、福祉の充実した国にしていくべきではないでしょうか。国民・市民一人ひとりが大事にされるために、消費税増税が本当に必要なのか、大いに疑問であります。

最後に陳情第27号 子宮頸がんワクチン接種を一時中止し、
副反応の追跡調査と被害者の救済を求める意見書を国に提出することを求める陳情
 です。
ワクチン接種により副反応で苦しい思いをしている人がいることについて、追跡調査と早期の救済が必要と考えます。しかし、毎年多くの人が子宮頸がんで亡くなっています。予防のできる唯一のがんと言われる子宮頸がんですが、ワクチンだけではなく、定期健診でさらに予防効果を上げることができるとの事です。予防についての方法がいくつかある中で、選択肢を広げることも必要かと考え、一時中止には賛同しかねるものです。

以上、議案7件、陳情1件についての反対討論といたします。
つわぶきも黄色の花。
この動画は、あと半月先ぐらいに市議会のホームページで観られるはず。
実は間違えたところがあったのですが、どこだか、わかるでしょうか。
うーんと暇なら、間違い探し、してみてください。




  1. 2013/12/20(金) 12:41:52|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木の環境フォーラムで、生物多様性を考える。

12月1日は「宝くじスポーツフェア ドリームサッカー~日本代表OBがやってくる!inあつぎ」が荻野運動公園で開かれました。
湘南ベルマーレに在籍していた選手も含めた元日本代表 対 厚木選抜チーム。
4対1で日本代表OBが勝ちましたが、力の差は歴然とのこと。プロの選手は、一目見ただけでも体が違うもの。

 ほぼ同じ時間に、文化会館で生物多様性あつぎ戦略推進事業「第13回野生動植物保全フォーラム」が開催されました。
報告後のまとめの時間

主催は厚木市とNPO法人神奈川県自然保護協会。
自然保護協会は50年前に、開発がどんどん進み、自然が壊されていく中で、このままではいけないとの思いをもった有識者、住民や行政職員などが集まり、つくったものだそうです。
最初に、中津川で絶滅寸前だったカワラノギクを再生させた個人の活動と、川虫を調査する個人の活動、二人を記録しようと10年かけてつくった映画「流れ」が上映されました。
地味な映画ですが、こうして守られるものがあることを実感しました。
監督・編集の村上氏の「作品に描かれている以上に、深刻な問題がおきている。地球規模のものが、小さな小さな川に影響を及ぼしている」と話が印象的でした。

後半は、市の環境総務課3年目の若い職員が「生物多様性と私たちのくらし」と題して、自身の活動を紹介しながら、生物多様性につて説明。

その後は、現場からの報告です。
山の現場(秦野市森林組合)、海の現場(平塚漁業協同組合)、厚木市農業の現場(神奈川認定エコファーマー)、そして学校ビオトープの取組(妻田小学校 花と緑の委員会)の報告がありました。

別々のような活動ですが、「生物」として考えた時、それぞれの活動がつながりがあることがわかり、「多様性」という意味が、より理解しやすく思われました。

おまけ:来賓席にいたのですが、映画のときには後ろから、報告のときには隣りから、音のある呼吸音が聞こえてきたので、気になりました。ネットでは「行った」と書くんだろうなあ。






  1. 2013/12/03(火) 10:52:21|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一般質問が目前です。

11月28日から始まった厚木市議会12月定例会。
一般質問は12月4・5・6の3日間で、19人が行います。
私は、4日(水)の午後1時からの予定です。
縮む芋虫

1 市民参加について
 ア 厚木市市民参加条例について
 (ァ)市民の声が行政に十分反映されているか。

2 平成26年度予算編成について
 ア 生活保護基準改定が及ぼす他制度への影響について
 (ァ)どのように試算しているか。

3 保育行政について
 ア 公立保育所民営化について
 (ァ)民営化の課題は何か。
伸びる芋虫

順番を変えて、2→1→3でやるつもりです。

2の生活保護の予算への影響については、前議会で釘丸議員が聞き、前々回の6月議会では私自身も取り上げているので、今回は生活保護そのものではなく、予算への影響があることを確認するものです。

1の市民参加条例では、パブコメや意見交換会での市民の意見が、実際にはなかなか条例や計画に反映されていない状況、それと併せて、費用対効果―ではなく、手間暇対効果はどうなのかとの思いをもって質問します。

3の公立保育所民営化のところでは、先日出された事業者の募集要項に沿って、一つずつ、どういうことなのかをきいていきます。
  1. 2013/12/02(月) 10:12:13|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0