安倍経済政策の落とし穴と日本経済再生の道―「すみよい厚木」の講演会

「憲法を市政にいかし、すみよい厚木をつくる会」では、1月27日(日)に総会を開き、その後、講演を行いました。

「安倍経済政策の落とし穴と日本経済再生の道」
講師は桜美林大学経済学部教授の藤田実氏です。

赤い椿

安倍経済政策の危険性
アベノミクスが盛んに取り上げられているが、安倍(緊急)経済政策は新しいことは無く、大型開発が潜り込んでいる先祖がえり。財界、自衛隊、金持ち優遇の経済政策である。
孫の教育費に1500万円の贈与が非課税だと、孫が4人で6千万円。孫にそんなにお金を出せる人は豊かな人であり、孫に教育費をかけるとますます豊かになっていく。さらなる教育格差の拡大になる。何が「緊急」なのか。

財界・産業界の偏重は問題だ。最低賃金が低いからと生活保護は給付水準の1割カットだが、全体として底上げすべきところが下げて行く方向になっている。社会保障でもこう公助で打ち出すべきなのに、「自助」の押し付けをしている。国土強靭化の名の下に公共事業の推進しようとしている。
企業が利益を増やしても、雇用安定や賃金増で労働者に還元しなければ好循環はない。
産業構造が、かつてとは変わっている。海外生産が増えており設備投資も海外に行く。公共事業を拡大しても、安価な製品の輸入などで、国内の生産増加にはならない。

金融緩和の弊害を軽視している。
金融緩和・国債増発で過剰な資金が滞留しインフレが進み、円安の進行で輸入品価格が上昇。さらにインフレが上昇すると、インフレと不況が同時進行=スタグフレーションが起きることになる。
青い空、緑の松

日本経済の再生のためには何が必要か

企業の経常利益・配当金・内部留保は上昇しているが、労働者の賃金は下落している。この異常な歪みを正す必要がある。最低賃金の時給1000円への引き上げで、労働者賃金がアップし、全体では賃金支払総額が年間6兆3728億円増加、内需(家計支出)は4兆5601円増加する。誘発効果で国内総生産が7兆7858億円拡大、GDPを0.8%押し上げることになるとの試算がある。
雇用の安定化。基本は正規雇用、非正規雇用は臨時・一時的なものに限定する。有期雇用の制限。
生活関連公共事業と社会保障の充実による需要創出がまともな手段である。大型開発ではなく、生活関連の小規模事業に組み替える。社会保障充実での需要は従来型公共事業よりも雇用効果、GDP効果が高い。
産業政策の提起では、再生エネルギーなど、新しい産業の創出支援をする。公的職業訓練で新規産業を支える労働者を育成。
門扉から顔を出す柑橘

最後に会場からの質問です。
◎賃上げができないのは労組の責任といわれる。退職金も含め公務員給与も年金も下げられる。最賃の方が下回っているからと生活保護を8~10%下げると言っている。国の予算97兆円中22兆円が国債だ。デフレが進むのではないか。
-国民、労組が変に閉塞感に囚われている。日本人が本来の権利を行使せず、要求さえ出さない場合が多くなっている。経済、国民の暮しは限界だ。要求すべきことはきちんと要求すべきだ。自分の生活を守らないと、日本の経済がダメになってしまう。

◎国債発行でインフレになるとはどういうことか。企業の内部留保が2百数10億円もある。何故そんなに貯めたいのか。
-金融緩和で、日銀から民間に、経済循環に必要な以上のお金が流れる→ お金の価値が下がる→ 物価が上がる。インフレが進行する。
 内部留保について企業の貯め込み衝動。日本とアメリカの企業が異常に貯め込んでいる。国内市場で消費も盛り上がらず、投資がうまくいかない。世界にも投資先が無い。M&A(合併・買収)の資金にしている。自社株買いで株価を上げて配当を出す。ニワトリが先かタマゴが先かの、悪循環が続いている。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 21:22:29|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あゆコロちゃんを食う

昨年の秋にはゆるキャラグランプリで、厚木市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」が全国で9位に。
一昨年のグランプリの熊本県の「くまモン」が、あちこちでやたらと活躍しているけど、あゆコロちゃんもいろんなところに顔を出しています。

先日、和菓子屋さんに行ったら、あゆコロちゃんがたくさんありまして。
つい、買ってしまいました。
ついでに、節分も近いので、かわいい鬼も買いました。
あゆコロちゃんと鬼

昨日は、あゆコロちゃんのお誕生日イベントでした。ほんとは2月1日です。

おまんじゅうだけじゃなくて、あゆコロちゃんのキャラクターグッズが、いろいろあります。
あゆコロちゃんが厚木のまちを宣伝してくれるので、厚木に人がたくさん集まってくる―となると良いのですが。
  1. 2013/01/27(日) 19:27:51|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三代広重、東海名所改正五十三駅


先月から、厚木市郷土資料館の1階ホールで、開化絵「東海名所改正五十三駅」のミニ展示をしています。
初代歌川広重の「東海道五十三次」(1833年)」(複製)
初代広重の五十三次

と並べて、三代広重の1875(明治8)年の作品を展示。
三代広重の五十三次

40年ほどで建物や人の様子など、まちが大きく変わっているのが感じられます。五十三駅と言っても、宿場が五十三、それに始まりの日本橋と終わりの京都を入れて五十五か所。これからも宿場ごとに展示していくとのことで、見るだけで時間と空間の旅が味わえそうで、楽しみです。
また当時のまちの行政区分が長続きせず、「郡区町村編成法」でもとに戻ったことなど、新しものがなんでも良いと限らないーなどといった説明文も面白いのです。
日本橋の道路元標も展示してあります。
日本橋道路元標

2階では、2月20日まで第41回収蔵資料展として「かわってきた私たちのくらし-電気、ガス、水道を使わない道具-」を開催しています。原発の再稼働が進められようとしている今、こんな展示を見ながら、自分たちの暮らしを見つめなおすのも必要ではないでしょうか。
  1. 2013/01/16(水) 16:18:39|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市はたちのつどい、外は大荒れだが、中は穏やかに。

1月第2月曜日の成人の日。
今年は1月14日です。
厚木は雨から、霙、そして雪。風もやや強く、新成人のみなさんは晴れ着と足元を気にしながらの成人式でした。
そのせいもあってかどうか、式典・アトラクションともに、実に穏やかに進みました。
清流太鼓で始まった

7人の実行委員さんも、ほっとしていることでしょう。
成人式実行委員のみなさん。あと二人は小ホールに。

いま、19・20歳のみなさんが、あと5年後、10年後に、あるいは55年後にどうなっているのか。
戦争をする国にしないよう、運動していきましょう。
今よりも安心して働ける、暮らせる社会になっているよう、運動していきましょう。
これからの日本が、大荒れの世にならないように。
  1. 2013/01/15(火) 08:22:56|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消防出初め式 -震度5で建物に閉じ込められたー

1月6日(日)の10時、荻野運動公園で平成25年厚木市消防出初め式。
昨年は、全国的には竜巻や地震、年末には笹子トンネル事故などの大きな人災もありました。
市内で大きな自然災害は無かったものの、市内の火災件数は57件。23年が83件、22年は64件ですから減少傾向でしょうか。
救急は年間1万件近くの通報があり、6台の救急車で対応しています。

式典後は、古式消防保存会のはしご乗り、
古式消防保存会のはしごのり
梯子を支える13本の鳶口

消防車両の行進、そして、自衛消防隊、消防団、消防署の消防演技。
今年の消防署演技は地震を想定。震度5の地震が発生、地域の自主防災対が見回りをしていると、崩れた建物に取り残された人を発見。助け出すも、まだ残された人がいます。
そこへ、震度5以上の地震が発生での巡回警備中の地元の消防団が屋根をカッターで切って侵入し救助。
消防団が屋根から救助

周辺でも瓦礫が散乱し、消防署へ出動要請。
「消防部隊、出動」
多数のけが人があり、エアテントを設置しトリアージ。
救護所の設置
空気を入れて1分で立ち上がる

高所には先端が自由に動く30mのはしご車が活躍。救助工作車も活躍。屋上に救命ロープを発射し、救助に入ります。
屋上で救助を待つ人
けが人をロープで下ろします

阪神淡路大震災以降、大災害に備えて全国から支援をするために、消防組織法で緊急消防援助隊を設置することになりました。全国で4000隊余りあります。
厚木市は当社の2隊から、昨年の4月に登録した救助工作車を含めポンプ車、水槽付きポンプ車、はしご車、救助支援車、高規格救急車の6隊が登録しているとのことです。
3・11など、すでに何度も全国での活動にあたっています。救助工作車、左側から中を見る
右側から見たら


こうした安心があって、私たち市民の命と財産が守られています。
出初め式が終わって。前に団の消防車両が。

しかし、なんといっても、防災は日ごろの心掛けからです。火災警報器は設置済みでしょうか。

  1. 2013/01/14(月) 14:16:36|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は平和を守る年

昨年の総選挙では、自民党が過半数。
首相としての再登板の安倍晋三氏、憲法改悪を狙っています。
96条の憲法改正の基準を緩めたら、簡単に変えられてしまいます。
特に心配なのが9条です。
戦争をしない、武力をもたないと定めています。
赤い実、垂れている

軍隊が抑止力になるかどうか、これまでの歴史を見れば明らか。
軍隊があることが、戦争をしやすくするのです。

戦争をしたいのは誰か。
戦争で利益を得るのは誰か。
世界中で、死の商人たちが、戦争を起こしたがっている。

では、
誰が、兵隊になるのか。
誰が、戦地で戦うのか。
国民です。
歴史に名を残すこともない、普通の国民です。
             出初め式、消防団の一斉放水

一人一人が大切にされる社会であるためには、戦争をしてはいけないのです。
外交で、話し合いで、平和を守っていくのが、国民の命とくらしを守る本当の政治家ではないでしょうか。

基地問題で日ごろから力を尽くしている、はたの君枝さんを国会に送り出すことが必要であると考えています。
今夏、7月には、参議院選挙があります。
平和を願う皆さんの力が必要です。

私の今年の目標は、国防軍阻止。
憲法を守ること-です。





  1. 2013/01/06(日) 17:32:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0