自立支援のすすめ―NPO法人ほっとプラスの話

2012年1月21日(土)
自治体政策セミナー in つくば
 
実践報告 NPO法人ほっとプラスの取り組み

NPO社会福祉法人ほっとプラス代表理事/社会福祉士 藤田孝典氏。
藤田孝典氏

 現れたのは、赤いチェックのシャツを着た、色白で細身の29歳。ホームレスを放置する社会でいいのか、自分たちの取り組みは完成されたものではなく、モデル的な取り組みであるとしての報告でした。タイトルは当初「生活保護戦後最大205万人!自立支援のすすめ」でしたが、その後207万人を超えています。

 ワーキングプアは給与所得者の22.9%、貯蓄ゼロ世帯は1995年に7.9%だったが、2010年には22.3%に。
完全失業率は300万人になっている。
生活保護(生保)利用者数は2000年の107万人から、100万人増えているのは無年金高齢者と稼働年齢層の増加がある。
若年層(15~24歳)の失業率はより高く、家族機能も低下していて20代前半での生保申請もある。
社会的に日常生活の自立を支えていかないと、就職に結びつかないのではないか。
 自治体のケースワーカーが、生保の担当をどれくらい持っているか。
120件、200件と持ち苦しんでいる例もある。
当NPOでは30~40人が限界の数字。
もう一度社会に戻ってもらうためには、ここへの対応が必要である。
行政、ケースワーカーだけでは限界があるとの視点から、ネットワーク型の支援が必要だ。

 現在は、長期失業者がいて当然の社会だ。
若者がハローワークやコンビニしか行かず、アパートに一人でいて、コミュニケーションが取れない状態でいる。意欲の前に、生きている意義が見出せない人が多い。
社会的孤立をどう抑制するか。どう社会参加にもっていくか、今よりいい状態にどうもっていくかを考える。
「自分が生きていていいんだ」から出発する。仕事を探し続けてきたのに「がんばれ」ではつらい。
がんばれるまでの条件を整えていく。
 仲間作りで生きている実感をもてるようにする。
月に一度の食事会で、参加者がスイカを切り分けることもある。カステラだと分けやすいが、スイカだと難しく工夫が必要。
 仕事をしたいとの思いはある。生保に頼り切るのでなく、封筒張りの仕事など、社会的雇用を企業の方と生み出しながら、半福祉・半就労とのプロセスをとる方法もある。

 生保受給者を対象とした貧困ビジネスがあるが、そこは自立できる環境なのだろうか。

 子どもが教育をうけられず、貧困が再生産され、3世代での生保例もある。
貧困から抜け出すのに教育・支援が必要だ。
貧困現場を知っている人が実態を伝えていくこと、政策に関与していくこと。
自分たちは毎年政策提言をしている。埼玉県では生保受給者の高校進学率を上げようとの取り組みができた。

 貧困が増え続けている中で、その人たちを無視する政治はあり得ない。
マスコミの論調も、少しずつ変わってきている。社会的排除から支援に変えていかなくてはならない。自分たちは弁護士や市議、教職員とも関わりながらネットワークをつくり活動をしている。社会福祉を市民も一緒に担っていく。貧困状態の解消をしないと、自殺、犯罪、医療費など、コストはかかってくる。貧困の放置の政治はやめてほしい。改善を求めていくことが必要である。








スポンサーサイト
  1. 2012/01/31(火) 20:04:39|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も、放射線量測定

昨年の原発事故で、ここ厚木でも不安を感じた方がたくさんいます。
昨年12月議会にも、放射線関連で市民の皆さんからの陳情が3件ありました。

私も、昨年は市内各地で、放射線量の測定をしてきました。
今年1回目の測定は、依知地域です。
1月12日(木)の午後、依知南公民館からスタート。
測っていると、公民館の利用者で通りかかったお二人、ソフトバレーの練習なんだそうです。
真ん中が私で、手に持っているのが、測定器。
IMG_1177.jpg

依知南公民館玄関前のグレーチングの上を測ったら、0.18マイクロシーベルト。前回測った時は、もっと低かったので、びっくり。時間をおいて測っても、0.16。
市が設定している基準値よりは低いけれど、この日、測った中では一番高かったのです。
数値は基準値以下ではあるが・・・。

測ることで、基準値以下ならまあ安心、超えれば、市の施設なら市で除染となりますが、民間のところであれば各自が除染することになります。

本当に、原発は恐ろしい。生物に悪影響を与えるから恐ろしい。
人間が、始末できないから恐ろしい。
始末できないのに、利益を求めて原発推進をしようととするから、恐ろしい。
先日、ジャレド・ダイアモンド氏が、朝日新聞のインタビューで、「原発を怖がりすぎだ。石油燃料の方が問題だ」との発言をしていました。
彼の著作「銃・病原菌・鉄」では勉強させてもらいましたし、かつて議会でも引用しましたけれど、この発言には共感できません。
今、ここにある脅威をどう考えるのか。

今年もすでに、市民から放射線量の測定をしてほしいという声が届いています。
気になるところがあったら、測りに行きますので、どうぞご連絡を。

  1. 2012/01/14(土) 18:45:49|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パブコメ募集-現在は「受益者負担の見直し」についてです

パブコメ=パブリック・コメント=public commennt

厚木市では、昨年4月から公募市民と学識経験者からなる「厚木市受益者負担等検討委員会」で検討し、「受益者負担見直しに関する基本方針(公の施設の使用料編)(案)」を作成しました。
市の施設を使用する場合、児童館や老人憩の家を除いて、利用者から料金を見直すものです。今年9月の料金改定を目指し、市で本案を策定するに当たり、1月4日から2月3日までの1ヶ月間、市民から意見を聞くパブコメを実施しています。

①改定・・・・・使用料を改定、または新たに使用料を設定するもの
        パートナーセンター、七沢自然ふれあいセンター、ふれあいプラザ、
        ぼうさいの丘公園、若宮公園テニスコート、荻野運動公園、
        東町スポーツセンター、南毛利スポーツセンター

②市外2倍・・・専用使用の使用料の市外利用者は2倍料金
        若宮公園テニスコート、荻野運動公園、東町スポーツセンター、
        南毛利スポーツセンター、厚木野球場・テニスコート、
        玉川野球場、及川球技場、猿ケ島スポーツセンター

③現行どおり・・使用料を改定しない
        七沢自然ふれあいセンター、ふれあいプラザ、ぼうさいの丘公園、
        荻野運動公園、東長スポーツセンター、南毛利スポーツセンター、
        猿ケ島スポーツセンター、総合福祉センター、子ども科学館、
        ヤングコミュニティーセンター、七沢弁天の森キャンプ場、文化会館、
        南毛利学習支援センター、厚木公園野外ステージ、飯山野外ステージ、
        勤労福祉センター、学校施設開放

④別途検討・・・法令等で定めがあるため、別途検討が必要
        自転車等駐車場、中央公園地下駐車場

⑤検討継続・・・施設のあり方について検討中のため検討結果により判断        
        市民活動サポート室、市民ギャラリー、公民館、情報プラザ

間近で見た オオタカ

以上のように、現在無料である公民館なども、使用料徴収の対象として検討がされることになります。
案と概要については、市役所本庁舎、公民館、連絡所、中央図書館で閲覧できます。
意見の提出について所定の様式はありますが、どんな形でも受け付けます。
「受益者負担見直しに関する基本方針(公の施設の使用料編)(案)」と明記し、郵便番号、住所氏名、電話番号、意見等を書いて市の窓口へ持参・郵送・FAX・電子メールで提出。個別の回答はありません。

今後も、市では続々パブコメを募集します。皆さんのご意見を、どんどん市に届けてはいかがでしょうか。





  1. 2012/01/12(木) 18:26:06|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の厚木は、穏やかな「はたちのつどい」

「国民の祝日に関する法律」では、「成人の日」は「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」と定めています。

厚木市の今年の成人式「はたちのつどい」は?

これまで、大ホールでの2回の開催だったものを、大ホールと小ホールを使って1回に。
例年、元気な男の子たちが文化会館の池に飛び込んでいましたが、今年は水を抜き、華やかに飾り付けての演出。
水抜きの池には、プランターと大きな文字
「今年は飛び込めない細工をした」との担当者の言は、成程こういうことかと納得。
さらに、飲酒をしている子どもたち(とても大人とは言えない)も入場させないことを徹底。
おかげで、今年は、本当に穏やかなつどいでありました。

オープニングは、飯山白龍太鼓。これで、場を引き締め、盛り上げます。
開式セレモニー、飯山白龍太鼓

市長のお祝いの言葉は本当に新成人に向けたという感じの、明るくさわやかで、短め。挨拶は短いほうがいいですよね。
つどいが実行委員会形式になってから、恒例となった中学校時代の恩師からのお祝いビデオレター。
会場のあちこちから、歓声や笑い声が上がるのも、微笑ましい。
大小のホールを映像でつないでの新成人へのインタビューは、いかにもそれらしく、うまいもんです。
最後は全員での合唱、KIROROの「未来へ」。
ここまでで、ほぼ1時間。8名の実行委員会のみなさん、お疲れさまでした。

会館の外では、新成人が賑やかに。これは4階から撮った様子。
市内2436人の新成人の一部!

毎年開催の行事でも、その年ごとに変わりますので、見ていても面白い。
この日のパンフレットには、恩師や、市長、議員からのひと言メッセージが載っています。

市議は30字以内。
私は「自力でつくる未来の始まりです。あなたが咲かせる花を応援します」と書きました。
  1. 2012/01/10(火) 17:25:22|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出初め式、地震想定の消防署演技

1月8日(日)、荻野運動公園で恒例の厚木市消防出初め式がありました。
今年は、「東日本大震災被災地復興支援事業」として行い、全員で、黙とう。
消防署員127名、消防団員347名、自衛消防隊12名との人員報告。
開会前、市長の観閲

消防長訓示では、「昨年は大きな自然災害が続いた。厚木市では台風15号の被害があったが、早めの備えと、迅速・的確な対応で被害を少なくできた。
昨年は東海地震などの大きな災害に備え、消防団OBによる「厚木市大規模災害サポート隊」が発足した。安心して安全に暮らせる、災害に強いまちづくりを目指していく。
「絆」は、心と心の結びつき、人と人との結びつきを改めて知らせてくれた一字であった。
災害にあっては連帯感が無くてはならない大切なものだ。さらに強固にして、災害対応にあたる。
消防の職務と重要性を再認識し、強い使命感を持って、たゆまぬ努力と精進に期待します」と。
 
式典後は自衛消防隊、消防団の演技。それぞれ、昨年の市の大会での最優秀チームです。
自衛消防隊の屋内消火栓操法

消防団、小型ポンプ操法

そして、消防署、大地震発生を想定しての演技。
署員・団員合同で73名、車両11台。大地震があり、荻野運動公園でけが人発生、意識不明で、救命処置、救急リレー。
地震発生、意識不明者の救助

天井落下、負傷者多数発生。エンジンカッターで障害物を切断しながらの活動スペース確保、救助。
多数の負傷者を救出

負傷者を重症度で分けるトリアージ。
トリアージで、負傷者の振り分け

余震があり、建物倒壊の危険、全体に撤退命令、屋上の隊員は緊急脱出。
屋上からの緊急脱出

昨年の東日本大震災では、発災当日、現地へ向かった隊員、その後も被災地へ向かった隊員がたくさんいます。
演技ではなく、現実にこれ以上のことがあったのです。
今年の出初式の消防署演技は、例年以上に緊迫感があったように感じました。

出初め式には毎年行って、最後まで見ています。特に、事業所ごとの自衛消防隊、地域の消防団、そして、消防署員の演技を見ると、こうして、私たちの安全が守られているのだとの感謝の思いを新たにします。
自分でも災害への備えをすることの必要性を感じて、帰ってきます。

厚木市では救急車6台で、増え続ける救急重要に対応しています。タクシー代わりに使わないでね。
昨年の火災は例年より多く、83件。就寝中の逃げ遅れが原因での犠牲者が多いそうです。
みなさん、火災警報器はつけていますか。

  1. 2012/01/09(月) 17:22:59|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0