直接民主主義と地方議会~市議会議長会研究フォーラム

10月12・13日に青森市で行われた、全国市議会議長会研修フォーラムin青森。

12日のパネルディスカッションは
「地方議会と直接民主主義について」

パネリスト
 宇賀 克也 氏 (東京大学法学部教授)
 金井 利之 氏 (東京大学公共政策大学院教授)
 青山 彰久 氏 (読売新聞東京本社編集委員)
 花田 明仁 氏 (青森市議会議長)

コーディネーター 
 新藤 宗幸 氏 ((財)東京市政調査会研究担当常務理事)

まず、各パネリストが15分間のプレゼンテーション。

宇賀氏) 住民訴訟が直接民主主義のための制度とは言えないとも考えられる。しかし、住民訴訟と地方議会による権利放棄議決について多くの判例がある。住民訴訟を「住民の参政措置の一環」としたものもあり、広義に直接民主主義制度と位置付けられる。議会の権利放棄議決の制約の事例もある。住民投票にかかるコストを考えると、住民投票のコストに見合わない少額の放棄の場合には別の方法を考える必要がある。

金井氏) 現実に議会不信は強い。議会が住民の代理をしないなら、少ないほうがいいじゃないかと。この不信にどう対応するか。また、議会も地位が脅かされることへの抵抗がある。この不信の悪循環を抜け出すには、議会が住民による直接民主主義を吸収する必要がある。「代理人としての議会」から「広場としての議会」に変えていくことだ。

青山氏) 阿久根市では、市長と議会の混乱を住民自身が収束させ、新たな自治を模索している。疎外されている感じる人が多数派になった時、「小さな政府」路線のポピュリズム政治に転じる。

花田氏) 昨年10月の市議選は過去最低の投票率だった。議会としての成果が市民に実感されず、期待と関心が希薄になったことも一因と受け止め、危機感を持った。議会改革を推し進め、市長とも緊張感を持ってやっている。議会の反対で、市長が議案取り下げた事例もある。

コー) 監査請求について住民訴訟がある。監査委員問題に関しては。
宇賀氏) 実効性が疑問視されてきた。あの制度なら、まじめに監査するはずがない。

コー) 住民投票について。
花田氏) 時代の要請。経費を試算したら、30万人で1億円弱。
宇賀氏) 住民投票はあったほうが望ましい。間接民主主義の限界として、全ての点について選挙の争点になっているわけではない。白紙委任しているのではない。合併、町名、原発など大きな問題は住民投票で。ただし、十分な情報提供・共有。議会には議案提出権がある。少数でも認めては。

コー) 一人に認めると全員が反対するんじゃないか。住民投票に税を取り上げたらどうか。
金井氏) 大きな地方政治を目指すのか、小さな地方政治を目指すのか。高福祉高負担で行くのか低福祉低負担で行くのか、全体の枠で考えないと。税と社会保障についてなど議論すべき。自治体の役割をしっかり判断しないといけない。


かなり過激な発言があり、びっくり。
納得できる部分もあり、できない部分もありですが、新鮮な気持ちで聞いておりました。
間接民主主義での二元代表制の中で、さらに、過去最低の投票率の中で、どのようにして、住民が直接、市政に参加できるようにしたらよいのか、パッと答えの出るものではないでしょう。今後の大いなる課題であります。

 
スポンサーサイト
  1. 2011/10/30(日) 21:07:42|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「伝統芸能」の秋だった

暑さも和らぎ、過ごしやすくなる10月には、いろんな行事があります。
スポーツの秋。10月16日(日)は、800人超の市民が参加して「あつぎウォーク」が開催されました。
厚木中央公園を出発点に、ファミリーコースと健脚コースに分かれ、厚木の秋を楽しみながら歩き、完歩賞は厚木産の米を1キロ。

そして、その日の午後1時からは、厚木市文化会館で「第9回郷土芸能大会 郷土芸能発表会」がありました。
1週間前には相模人形芝居があったのですが、都合で行けませんでした。
いつも、最後までいたことが無かったので、今日こそはと、しっかり最後まで観てきました。
最初は「相模里神楽垣澤社中」。お面をつけて、古代日本の神話を演じます。天照大御神(あまてらすおおみかみ)が大国主命(おおくにぬしのみこと)の支配している出雲の国を、武力で返還させたという話。
お芝居は面白かったけれど、だまし討ちに色仕掛け、果ては戦争かと、神話と現実の世界を考え合わせてしまいました。

それから、ささら踊り。愛甲と長谷だそうですが、自分の地区をほめ相手の地区の悪口を言うのですが、いつ聴いても「家の壁が白く見えたが、実は鳩のクソだった」というのには笑ってしまいます。

厚木太神楽、厚木古式消防保存会、法雲寺酒井双盤講、厚木ばやし保存会が伝統の芸をたっぷり見せてくれました。

最後は「子安神社若宮八幡神社神輿保存会太鼓連」です。
相川地区戸田にある二つの神社の氏子が、4月の例大祭に笛や太鼓で地域を巡り歩くのだそうです。
小学生・中学生中心のメンバーが、かわいらしくまた、かっこよく疲れを知らぬかのようにはつらつと太鼓を打ち鳴らし、会場を沸かせます。
メンバーが入れ替わって青年中心のメンバーが、力強く太鼓をたたき、締めは手拍子での歌となりました。会場から手拍子、そして、大きな合いの手と掛け声。会場が一つになった演目でした。

「伝統芸能」とはこういうものなのだと強く感じました。地域のつながりと年代のつながり、これらが、伝統をつくり守っていくのだと納得した「郷土芸能大会」でした。
  1. 2011/10/26(水) 16:02:58|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

議長会フォーラム ― ポピュリズムに流されないで。

10月12日(水)・13日(木)
第6回市議会議長会研究フォーラムin青森
12時の受付前に会場に着いたのですが、もうすでに多くの議員が並んでいました。いつものように、できるだけ前の席を取ってから、昼食はコンビニのおにぎりとお茶。資料とノートと名札を準備しての受講。
資料と名札とノート

12日は基調講演とパネルディスカッションでした。

基調講演は元総務大臣の増田寛也氏。
「二元代表制と地方議会改革」

二元代表制と地方議会改革について全体の航海図のようなものを示すとの言葉から始まりました。

東日本大震災、被災者が「元の場所に家や店、工場を建てていいのか」途方にくれている。
岩手県大槌町では町長が死亡し、町としての強い意思決定ができなかった。
一方、議員はいる。住民代表者として議長は代表者だ。どういう役割を果たしていくのか。
平常時は議会の権能をもっと高めていい。非常時こそ、議会の存在意義を果たしていくことだ。


1.首長vs議会

そもそも首長と議会は対立が前提。国会とは異なり、地方議会は全部が野党的立場で首長をチェックしなくてはならない。
三ない議会と言われる。
丸のみ議会80%、政策条例無提案91%、議員の投票行動を明示しない84%。
会派の拘束はあろうが、議員間討議をもっと積極的にやろう。政策提案条例をもっと活発にしなくてはならない。
二元代表制は両者の均衡・抑制の関係があり、互いに住民代表者であるということ。対立を乗り越えて、新しい、高い結論を生み出す。


2.リコールの発動
3.暴走する首長と首長新党

首長対議会の、不毛の対立がある。
阿久根市長の暴走。名古屋市、大阪府でも。
リコールで行政が長期に停滞する。リコールとなると住民は議会に厳しい批判を下しがち。
なんで今、治められないほどの対立になっているか。財政難のためどこをカットするかの状況があり、議員が首長に頼むことができなくなっている。
人気的ポピュリズムにながれている。議員の定数や報酬の削減を首長が出すなど、議会の領分に立ち入る首長が出ている。二元代表制の根幹を揺るがす。


4.地方議会の改革

議員自らが報酬についても考える。それにあった働きをしているのか。
地方議会の改革が求められる。通年議会、夜間議会、議会としての住民説明会。ここでこう主張したがダメだったとか、ここで賛成したとか。
首長と議会、どちらが住民の代表をより誠実にやっているか、両者の競争だ。市民の意向を入れて、広い政策決定を。議会としてどれだけ、住民との接点を持っているか。そうでないと、首長と差が開いてしまう。


5.住民自治と直接民主制

自治法の代表民主制と直接民主制の接点をどう考えるか。
非常時こそ、議会の真価を発揮できる。制度をどう仕組めるかだ。
ポピュリズムに陥らないようにする。耳に入り易いことに流れることがある。定数削減、報酬減が本当にいいことなのかなど、議会について考えてもらうためには、議会が見えるようにする事だ。


6.地方政治の活性化

全国規模の政党も地域政党も、どれだけ地域政策を積み上げるか。
今、日本の議会は人気取りに流れている。
「入るを計って出るを制す」は民間のこと。行政は住民にサービス内容を問い直して、「それだけの負担が必要となるがそれでいいのか」としなくてはならない。
名古屋市長は恒久減税10%を言うが、それは違う。毎年の予算編成で決めていくことだ。
国は一括交付金だと切りやすいので、地方はよくよく考えないと。国に頼らず、地域で解決できるようにして、住民の信頼を得ること。

広域連携を進める。遠隔地同士のペアリングを進めて行く。
原発の最終処分場などは市町村の判断だ。市町村の役割、県との関係、住民の命を守る役割。

首相の所信表明演説で地方分権について鳩山・菅は1章を費やしたが、野田首相はほんの20字だけ。聞き逃してしまった。これだけ比重が少なくなった。



  1. 2011/10/21(金) 18:09:21|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胃カメラで、みそっかすな私

年に1度の人間ドックの仕上げは、胃カメラ。
鼻から入れるので大丈夫ですよと、医師は言うのですが、ちっとも大丈夫じゃない!
でも、平気だという人も結構いるので、人によるんでしょうね。

さて、前の晩から絶食して。
いつものように、朝食の支度をして。
でも悲しいかな、いつもの癖で、味噌汁を一口味見してしまったのです。

水分はいいんじゃないかな~と自分に言い聞かせながら診療所に行き、嫌々カメラをのみ込むと・・。
「これは何かな?」との医師の声。胃壁には、ポリープでもなく、炎症でもないツブツブが。
ずっと画面を見ていた私には、すぐわかりました。
「今朝、味噌汁を一口。」

ツブツブの実

結果は、異常なし。

次回こそ、きれいな胃壁を見てもらおう。
朝食の支度の時はマスク着用だな。

でも、味噌汁があんな風なら、牛乳だとどうなんだろうという興味もわいてきてしまった。
  1. 2011/10/20(木) 11:46:10|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賛成討論は、TPPと医療税制について

9月定例会最終日は10月4日でした。
各常任委員会の報告がありました。で、その後は、議員が賛成か反対かの討論。
これは、してもしなくてもいいんです。
この4年間で、一度もしたことのない議員も結構いるし、会派としてほとんどやっていないところもあります。
賛成にしろ反対にしろ、意見を表明することは、議員の仕事の一つだと、私は思っています。
決算についての反対討論は釘丸議員がやりました。
私は、賛成討論を。
TPPについては、2月議会、6月議会の都市経済常任委員会の中で何度も発言していますので、今回の賛成討論は、TPPの中身そのものではなく、政権党内でもまとまっていないんだぞということを、そんなもんをやっちゃいかんぞということを訴えたのでした。

10月初めに南毛利地区で。

 日本共産党厚木市議員団を代表して、       
請願第1号 TPP交渉への参加に反対する意見書を国に提出することを求める請願
陳情第10号 地域医療の守り手の経営基盤「医業税制」の存続と診療報酬への消費税ゼロ税率を求める意見書を国に提出することを求める陳情
の2件について賛成討論を行います。

 まず、陳情第10号 地域医療の守り手の経営基盤「医業税制」の存続と診療報酬への消費税ゼロ税率を求める意見書を国に提出することを求める陳情についてです。
 現在、医療機関に対する事業税の特例措置により、診療報酬収入は非課税であり、また、消費税についても診療報酬等について非課税となっています。
陳情の趣旨にある通り、診療報酬のマイナス改定が続くなど、医療環境の厳しさが増すなかで、医療機関の経営が厳しくなっている現状は周知のことでしょう。
 今陳情は、神奈川県保険に協会から出されていますが、既に、国に対して、日本医師会や全日本病院協会などからも、同じ内容を含めた「平成23年度税制改正要望」が出されております。
 国民が健康な生活を維持するために、いつでも、どこでも、だれでもが、安心して質の高い医療を受けられることができるよう、環境整備が必要となっています。
 そのための方法の一部が今陳情の項目であります。
医業経営の安定を図り、さらなる医療環境の発展のために、今陳情に賛成いたします。

さて、請願についてです。
 今年の2月議会に同様の陳情が提出され継続に、6月議会でも継続となりました。
 今回、厚木市農業協同組合単独での請願となっていますが、TPP交渉中の9カ国が11月にハワイで開催されるエイペックまでに大枠合意を目指していることを強調しています。
いかに、せっぱつまった状況なのかが良くわかります。
 TPPは関税を原則全廃する枠組みであり、今回提出された農業だけでなく、医療や雇用、金融など24分野と幅広く取り上げられているにも関わらず、議論の材料となる内容が明らかにされていません。

 TPP交渉参加について、ある人は「交渉の中身がわからないまま、議論を急ぐべきではない」と語り、
また、ある人は「経済効果がありそうという希望的観測でTPP交渉に参加してはいけない。輸出も雇用も増えないだけでなく、デフレが悪化する懸念さえある」、
さらに別の人は「震災からの復旧・復興が最優先の課題であり、今はTPPを議論すべき時期ではない」と話しています。
 これらの言葉は、すべて、政府や与党内から出た声であります。政権党内でも、これだけの反対があるという現実をしっかり見なくてはなりません。
 交渉参加により地域経済のみならず、日本全体の経済を一層落ち込ませるのは必至です。
既に、今年の3月には全国の多くの議会からTPP交渉参加反対の意見書が出されています。

 先日、厚木市自治推進フォーラムが開かれました。
パネルディスカッションのまとめに、コーディネータが言ったことが心に残っています。
「住民参加や情報公開、ITなど、今は当たり前になっているけれど、20年30年前は無かったんです。振り返ってみると、変わってるんです。今、市民が市政や議会に関心が無いと言っていますが、20年30年後に振り返ってみてください。私たちの努力によって30年後に市民自治が実現できる時が来るかも知れません」。

 もし、今、TPP交渉に参加していたら、あと20年30年たって振り返った時、あの時参加していなければ良かったという事になるのではないでしょうか。
 目先の、一部の利益だけを考えるのでなく、長期的視野で、本当に国民のためにどうしていくべきなのか、見極める必要があると考えます。

以上、請願1件、陳情1件に賛成し、私の討論といたします。
  1. 2011/10/19(水) 15:34:27|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市自治推進フォーラム パネルディスカッション

もう半月も前のことですが・・・。
10月1日に開催された「厚木市自治推進フォーラム」。

後半は、パネルディスカッション
 「市民自治を進めよう」
 パネリストは、自治推進を取組と関わる厚木市の自治基本条例推進委員会、住民投票制度在り方検討会、市民協働推進検討委員会から各1名、コーディネーターは市の条例策定に関わった出石稔氏。
それぞれのパネリストが、所属する会との関わりやまちづくりでの活動などの具体的な取り組みを含め話しました。みなさん、それぞれ話したいことがたくさんあって、時間が足りなかった様子でした。

 最後のまとめ。
 大事なのは、作った条例を以下に運用していくか、職員の意識が変わるか。
さらに、市の最高議決機関である議会がどれだけしっかり機能するかということだ。
 議員は住民の代表だという自覚と行動が必要。
 この条例は完成形ではない。見直しをしながら、より良いものにしていけばいい。
 かつては、市民参加や情報公開、ITなんて無かったが、振り返ると、変わっている。
今、市民が市政や議会に関心が無いと言っているが、20年30年後に振り返ってみてください。
私たちの努力によって30年後に市民自治が実現できる時が来るかも知れない、来ないかもしれない。
さらに厚木の住民自治が進むよう行動していこう。


 住民自治推進というテーマでしたが、住民の代表である議員にとって、現実を踏まえた大変わかりやすく、議員としての自覚を一層強く促されるようなフォーラムでした。
参加しなかった議員にこそ聴いてほしいような。
 ただし、一番気になったのは、「自治体に頼りすぎない」との部分。自助・共助・公助との名のもとに、自治体がやるべきことを、民間に投げ捨てるかのごとき実態や、住民が行政の下部組織ともいわれるような状況を食い止めていかなければね。
 
  1. 2011/10/18(火) 14:30:39|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市自治推進フォーラム 基調講演

10月も、半分過ぎてしまった。

10月1日(土)は、市内の多くの小学校で運動会。
1年から6年まで並ぶと、成長がはっきり見えて面白い。

 同日午後1時半からは厚木市文化会館小ホールで「厚木市自治推進フォーラム~まちづくりの主人公になろう~」が開催されました。
昨年12月に制定された、厚木市自治基本条例ですが、これをどう推進していくのか、いかに的確に運用していくかとの視点での、講演とパネルディスカッションです。
 
基調講演は「地方自治体における市民参加」と題して
政策研究大学院大学教授の井川博氏。

1 地方自治とは何か、なぜ必要か
自治とは、中国で「自ら治まる」との意味だったが、現在は「自ら治める」となっている。
地方自治とは、地域の行政をその地域の住民の意思の基づき自立的に処理することで、団体自治と住民自治がある。
国がちょっとおかしくなっても、地方自治体がしっかりしていればどうにかなるとも。

2 なぜ、市民参加が必要か  
自治体の規模の拡大・広域化、自治体の業務が拡大し財政危機となっている。直接民主制の実施は困難であり、代表者は時に選挙民の意思に反して行動する。間接民主制を補完。

3  厚木市自治基本条例 
 昨年12月にできた条例。自治の確立を図るため、市民参加を盛り込んでいる。

4 市民、自治体(執行機関(市長・職員)、議会)は、何をしたら良いのか 
 それぞれの役割がある。

5 おわりに
①  間接民主制と直接民主制のバランスをどうとるか。
②  市長部局を通じての意見吸い上げを、議会を通じてのものにしていく。
③  自治体に頼りすぎない。仲間をつくっていく。



  1. 2011/10/17(月) 15:54:59|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0