相模人形芝居のお姫様は重かった。

7月30日の金曜日、厚木市郷土資料館で、相模人形芝居の林座の、人形遣いの体験がありました。

覗きに行った私、上着を脱いで、面遣い(おもづかい)体験。顔つまり面と、右手を担当します。
持ってみたら、このお姫様の重いこと重いこと。こんなのを持って長時間演じるのは、実に重労働であります。
昔は、人形遣いは男性だったそうです。
持ち方を教わる

 面遣いは右手も動かします。お姫様は、手を全部出しちゃだめなんだそうです。
人形の顔は白い

体験に来ていたご婦人が左遣い(左手)、林座の人が足遣いとなり、3人で動かしてみました。
皆、勝手にやるもんで、ご覧のとおり。とても舞台では見られないようなお姫様の格好。これじゃ、ドタバタ喜劇になっちゃいます。
人形を動かしてみる

厚木に伝わる伝統芸能、後継者も少なくなり、興味のある方を募集中です。
面白そうだけど、私は人形遣いより、太夫(語りと三味線)に興味あり。そちらもお稽古できるそうですが、仕事柄、休まず継続して稽古に通うというのは、なかなか難しい。休むとみんなから遅れる、と言われては、う~ん。

チラシがありました。厚木のサティの8階で上演するそうです。興味のある方は行ってみてください。
興味の無い方も、ぜひ覗いてみてください。興味・関心が無くて触れることがなかったことって、意外と面白いことがあるものです。

林座、上演のチラシ


スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 08:29:52|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廃墟とはこうなのか。解体前の病院跡地

今年、厚木市は心霊スポットとも呼ばれていた、旧厚木恵心病院跡地を、公売の最低価格で購入。
測量と土壌調査をしつつ、9月下旬から解体に着手する予定になっています。
現在は、機械警備をしていて、一般の方は入ることができません。

外からしか見たことがなかったのですが、解体前に、建物内部も視察。市の担当である公園緑地課から、ガラスなどが散乱していて危険なので、運動靴を履いてくるように言われました。

機械警備を解きます。センサーが数か所あって、誰かが入り込もうとすると、警備会社に通報。
センサーが見えます

入ってすぐの建物の中は、不法投棄の山。
投棄物。自転車まであった。

土壌調査は10m四方に1カ所。これは、調査のために掘った跡。何か所もあります。
土を採って、穴を埋め戻し

むき出しの壁や天井。アスベストは、天井部分に若干あるとか。解体前に飛散しないような方法で除去するとのことです。
壁や天井がむき出し

外から見ると、落書きがすごいが、中に入ると、もっとすごかった。
壁という壁全てに、落書きがされていました。色鮮やかな絵を描くエネルギーと言ったら、相当なものでしょう。
ペンキ、スプレー缶が放置されたままです。
大量のペンキのスプレー缶

電気が通っていませんから、8階建ての屋上まで、歩きます。
屋上は、本当に見晴らしがよく、もし、ここが公園になったら、展望台があればよいなあと思います。
周囲の畑がきれいです

大山方向の展望

かつての診療棟や病棟にも、ベッドや注射器など、医療器具・用具等は無いようでした。
かつての病室

まさに廃墟と言う感じです。
草ぼうぼうで、窓ガラスは無し

管理者がいないというのは、危険極まりない。周囲の住民が不安になるのも当然です。
市の管理となりましたから、土壌調査の結果、建物解体を待っての、早期の整備を求めていくものです。
  1. 2010/07/30(金) 12:59:20|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教育長は525円、その時私は63円。

市役所の近くに有隣堂があります。

そこの文具売り場で、ばったり会ったのが、厚木市の教育長。

鉛筆が短くなったときに使う補助軸をご購入。私は金属製の安いのしか使ったことはないのですが、さすが、教育長は「金属のは手が滑る」と、木製のものを利用しているそうです。
みせてもらったら、525円。私が「高い。」と言ったらば、「もっと高いのもある。」とのこと。

で、私が買ったのは、このとおり。
この日、私が買ったもの

カネの直定規と三角定規。それに、いつものボールペンの替え芯、1本63円。2本買ったので、126円。
「もったいないお化け」が出ないように、気をつけよう。
  1. 2010/07/26(月) 17:42:46|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恩曽川、玉川、小石川。連日の川歩き

厚木市では、「健康・交流のみち」を整備中。
 歩行者の視点に立った道づくりを進めるため、市内の6河川の堤防等を活用して、歩行者空間のネットワーク化し、市民の健康と交流を支えるみちづくりを目指す事として、平成19年度に計画しました。

右から左下に向かって
 相模川  中津川  荻野川  小鮎川  恩曽川  玉川  
厚木6河川、ルートの概念図

 メインルートの総延長は52km。川と川をつなぐサブルートは総延長31km。
 整備は、利用頻度、公共施設や観光・歴史施設、自動車交通量など7項目の指標を用いて優先度をつけました。 
 ①荻野川  ②玉川  ③小鮎川  ④中津川  ⑤相模川   
 *恩曽川はこの優先度とは別に、関連事業に合わせてとなります。 

 整備に伴う地元説明会に出席し、これは現地を見てみなくてはの思いから、実際に歩いてみることにしました。

 土曜日に恩曽川、日曜日に玉川と、それぞれ1~2時間程度でしたが、炎天下、水筒を抱えて歩きました。
夏の空

まずは恩曽川。高坪橋から。 
恩曾川
左が田んぼ、右が川。
舗装が割れています
春には、土手が菜の花でいっぱいになります。
地域のボランティアの皆さんの看板
あちこち見てると、いろんなものが目に入る。
自然豊かな一場面

 次は、玉川。
 舗装されていない道。ここは、歩きやすかった。
右が梨畑、左が玉川
茶色のところは除草剤か。
草刈り、除草剤といろいろ
玉川でも地域のボランティアが活動。
こちらは、カワセミ会
お父さんは釣り。
川遊びのお父さんに子どもがつき合っています
川沿いには、田や畑がたくさんあります。
農作業のトラックも通る道なのです

歩きながら、近くの農家のおじさんや、散歩中のおばさん、犬の散歩に、ジョギングなど、いろんな方から、話を聞くことができました。

 それぞれの立場や考えで、道路への要望・意見が全く異なります。
 どうやって、皆が納得できるものにしていくのか、本当に難しいと実感しています。

 同じ川でも、場所によって状況は違うし、1か所見ただけでは「健康・交流のみちを見た」とはとても言えません。
 これから、時間を見ては、他の河川を歩いてみるつもりです。

 おまけに。
 19日は、小石川植物園に行ってきました。
 他の用事があったのですが、せっかく新宿へ行ったついでだから、足を伸ばしてた。
 世界で一番大きい花。ショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)、インドネシア原産。何十年に1回しか咲かないのだそうです。毎朝夕にホームページを更新して、開花状況をお知らせしているそうです。そろそろ咲きそうだということで、赤旗などいろんな新聞に出ていましたが、この日は、NHKの車も来ていました。
 黄緑色のヒダが、広がるのです。
近くで見ると、やはり大きい。

 参院選で日に焼けて黒くなったのに、連日の川歩きでさらに黒くなって、9月議会が恐ろしい。



  1. 2010/07/20(火) 12:22:56|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月議会 一般質問でのやりとりです

 厚木市議会6月定例会での私の一般質問は、6月4日(金)の9時から行いました。
 登壇と市長答弁はすでのお知らせしていますが、自席に戻っての一問一答を含めた、全体のやり取りの概要です。 
 全てを見るには、厚木市議会インターネット中継をご覧ください。約50分間です。

旧厚木恵心病院跡地について
旧厚木恵心病院の建物

栗山 病院は廃止したときに土壌調査をすることになっている。
河川緑政担当部長 医療法の廃止届はしているが、
   特定物質使用事業所の廃止に伴う土壌調査は行われていない。
栗山 医薬品も該当するものがある。市としてどんな調査をするのか。 
部長 条例に基づく条例に基づく25項目すべてを調査することになる。
栗山 土地の測量と土壌調査、及び解体工事はどうするのか。
部長 測量に150万円、土壌調査に650万円、解体は8500万円。
   まず土壌調査。分析に2カ月近くかかるだろう。
   その間に、1階の床部分までは並行して解体を進める。
   更地にするには、土壌調査結果の状況を見て行かなければならない。 
栗山 安全を確認したうえで次の作業に入ることになる。
   仮に防災機能を備えた公園となると、用地取得、区域の線引きなど、
   相当の時間がかかる。更地になってからの当座の活用と、
   都市マスタープランにあるものとがあるが、公園も含め、
   地域の方の意思を尊重していただきたい。

        青い柿の実

住宅改修工事助成制度

栗山 全国区で限定的でない住宅改修への助成が広がっている。
   厚木市でも、経済対策として実施してはどうか。
厚木市長 現在、様々な観点から住宅改修の助成を行っている。
   これらの普及啓発を図り活用してもらう。
栗山 岩手県宮古市の例がある。20万円以上の工事に
   一律10万円の助成で、3月議会に5千万円の予算。
   2週間でいっぱいになり再び5千万円、
   さらに6月議会で1億5千万円、
   計2億5千万円の助成を行っている。
   件数でいえば2500件になる。工事金額は平均50万円との事で、
   5倍の経済効果、当然、受注は市内業者。時限立法でもできる。
   厚木市でも考えられないか。
まちづくり計画部長 縛りを設けないで助成することについては
   様々な課題、問題点があり、影響も大きいことから、
   現行制度の一層の定着化を推進すべきであると考える。
栗山 難しいと言いながら、できたことはいろいろある。
   小児医療費助成は、最初は全く歯牙にもかけられなかったが、
   市民の声を聞きながら、今年度小学校卒業までに拡大した。
   できるかできないかは、行政、
   あるいは市長の判断という部分もある。ぜひ検討を。

       むくどりかな。電線に大群がとまっていた。

国民健康保険

栗山 現在、厚木では保険料のある賦課方式に資産割がある。
   他自治体でも、資産割をなくしている。
   厚木市でも、資産割は廃止の方向で当然かと考えるが、
   いつ結論を出すのか。
市民健康部長 今後数回の運営協議会を行い、
   来年1月ごろには結論を出したい。
栗山 とすると、来年度には、賦課方式が変わることになる。
   資産割の廃止にあたり、低・中所得者層の保険料負担が
   大きくならないような方法で進めてほしい。
   国保料は30年前と比べると、ほぼ2倍になっている。
   国の負担割合が減ると保険料が上がる、
   滞納世帯が増えるとさらに保険料が上がるという悪循環になる。
   市として、国に要望を出しているか。
部長 5月に「国民健康保険において財政運営が大変厳しい。
   国における十分な財政措置を講ずるように」と出した。
栗山 厚木市の場合、4人家族、資産なし、介護給付金分が賦課された
   所得200万円の世帯で27万1500円だが、
   保険料プラス医療費は大変な出費だ。
   医療を受けられず命を落とすようなことのないような施策を求める。
  1. 2010/07/14(水) 09:26:31|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご存知ですか?―横断歩道の渡り方とぶたはしゃべる

 7月12日(月)の午前、市内三田小学校の1・2年生は、交通安全教室。
 (社)トラック協会相模支部と厚木警察、神奈川県警、警親会、それに厚木市によるものです。

 トラック協会相模支部が、社会の役に立つことをと、子ども対象の交通安全教室を開催しようということで、まずは厚木市で。市に話を持ちかけて、毎年、夏休み前のこの時期に三田小学校でやっている交通安全教室と合体し、例年より大きいイベントになりました。
交通安全教室が始まります

 校庭には、道路を模した白線が引かれ、大型トラックが待機。

 まず1年生が校庭、2年生は、校舎裏の広場に移動。

 1年生、みんなしゃがんでいるのに、警官のそばの男の子が、立ち上げって何やらモゾモゾしている。警官のズボンに虫が付いていたのを取ってあげていたのでした。

 まずは、歩き方教室。
 歩道がない道では、壁側を一列に歩きます。
 道路を横断するときは?
  それまでの縦一列を、横一列にかえて、渡ります。
 (私は、そのまま、縦一列で渡るものとばかり思っていました。)
 横断後は、ふたたび縦一列になり、壁側を歩きます。
 この、縦から横に、横から縦にというのが、なかなか難しい様子。
 渡るときは、手を大きく上げます。子どもの背の高さは、大人のお腹ぐらいだけれど、手を上げると、顔ぐらいになりますから、運転者から見やすくなります。
手を上げて横断

 内輪差の実験。小学校低学年ぐらいの男の子の人形を、歩道の角に置きます。そこを、大型トラックが左折します。子どもたちから、「危ない!」の声が出ます。
 「道路の角ではなく、内側で待っていようね。」と、わかりやすく優しい指導です。
内輪差の実験

 県警の交通安全教育隊の警官は、子どもが移動している時間に、見学に来ていた保護者を集めて、
「一度やっただけではおぼえません。自宅で、ご飯を食べている時や、お風呂にはいっているときなど、話題にしてください。
 交通安全教室で、歩行者信号の青の点滅を「急いで渡る」という子がいますが、「誰に聞いた」と聞くと「お母さん」と。間違えて教えないでくださいね。」と。
 この、保護者への指導が、大変、重要なんですよね。
保護者へも指導あり

 場所を2年生とかえて、、今度はお楽しみ。
 大型トラック、パトカー、白バイに、全員が乗せてもらいました。

 大型トラックでは、運転席に座ります。突然、クラクションを鳴らす子も。
体験乗車を待つ1年生の行列

 白バイには、自分では乗れないので、抱えてもらって座ります。サイレンを鳴らしてみる子がいて、聞いていた大人、「あの音を聞くと・・・。」などと苦笑。
白バイにまたがる

 パトカーは後部座席より、運転席や助手席が人気です。マイクを使う子もいて、「逮捕します。」には、周囲から笑いが。
パトカーは前の席に限る?

 トラック協会では運転席から、いかに周囲が見えないかを実感してほしかったとのことですが、三田小学校は1年生が5クラスと大人数で、時間が足りなかった様子。

 いろんな事故があるけれど、最近聞いた言葉。
 ぶたはしゃべる
    ― 自転車の点検です。
   前後のれーきや
       イヤの空気は大丈夫?
       ンドルや反射板は? 
       しゃ(サ)ドルの高さ、ヘッドライトは大丈夫?
       ベルはちゃんと鳴りますか?

 釘丸さん、これをどう勘違いしたか、「ぶたはしゃべるな」と覚えていたのでした。
 
  1. 2010/07/13(火) 17:25:53|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星に願いを ― いろんな願い

 7月7日の七夕を前に、いろんな七夕飾りがあちこちに。
 
 厚木では、消防本署の玄関にも、かわいらしい七夕飾り。近所のもみじ保育園の子どもたちが折り紙で作った織姫彦星や、願い事を書いた短冊がたくさん釣るしてあります。
園児の七夕飾り

 上を見上げると、一風変わった飾りが。
 6mの竹に、大きな警報器がついています。
署員の作った警報器飾り
 この警報器、署員のみなさんがベニヤと段ボールで作った直径90cmのもので、「住宅用火災警報器は早めに設置しましょう」、「安心して暮らせる災害に強いまちを」と呼び掛ける短冊がついています。

 竹の根元は、40kgの土嚢が6個で抑えてあります。さすが消防署。
土嚢ガたくさん

 先日は平塚の七夕まつりに、神奈川選挙区の女性候補者が浴衣姿で、市民や観光客に支持を訴えました。
 消費税については仕方がないという人も結構いますけれど、大企業減税とセットになった消費税の増税なんてとんでもない。対話をすると、「知らなかった」と言う人がほとんど。
 マスコミは都合のいい情報しか知らせないのです。日本のマスコミは、財界には逆らえませんからね。財界言いなりの政治を変えていかなくては、庶民の暮らしは、ますます厳しくなるばかりです。
 企業・団体献金を一切受け取らず、財界・アメリカに、はっきりものが言える政党へ、願いを託しましょう。
 
 
  1. 2010/07/05(月) 15:20:33|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0