小学3年生の市役所・議場見学

 参議院選真っ最中の6月29日、市内の北小学校3年生が、市役所と市議会の見学に来ました。
 今日は「標旗」が厚木にありますので、選挙公約のダイジェスト版を配布しながら、肉声で通る人々に支持のお願いをし、その後、市役所の5階にある議場傍聴席での子どもたちの議場見学を見学。子どもたちの質問が面白いので、覗きに行くことがあります。

 「厚木市の広さは93.83k㎡、厚木中央公園の6万7千倍です」との説明に、反応が無い!イメージがわきにくいよね。

厚木市や議会の説明の後、市議会クイズ。

 議員の数は? ― 2043人!  
          いえ、それは職員の数です。正解は28人。

 議員の任期は何年? ― 19年! 
             いえ、それは今の議員の任期の始まりが平成19年から。
             正解は4年です。

 それから、お楽しみ子どもからの質問。今日は議場の設備についての質問が多く、普段気にせずに使っていることも、初めて見ると「何だろう?」なんだなと、おもしろく聞きました。

 市長や副市長と、その後ろの理事者席の椅子の大きさが違うのはなぜ?
 議長の後ろの壁の向こうはどうなっているの?
 市長や議員はどこから出入りするの? 
説明の職員と付き添いのお母さんたち
 
 3年生と言えば、まだ児童会に参加していないから、「市議会は大きな「児童会」」と言っても、ちょっと難しいかもしれませんね。でも、実際に、現場を見ての体験と言うのは印象に残りやすく、いずれは自分もこの場で―と思ったり、将来この場に立って「小学生の頃、見に来たことがあったなあ」
と思いだしたりする人がいるかもしれません。楽しみです。
 議員はしっかり選びましょう。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/29(火) 12:02:26|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終日の討論 育休、子宮頸がん、普天間、平和宣言塔

 6月21日(月)、6月議会最終日。議案・陳情の中から、日本共産党では、釘丸議員は2議案1陳情について
反対討論を、私は賛成討論をしました。
 以下、登壇での私の賛成討論です。

 日本共産党厚木市議員団を代表して、       

議案第43号 厚木市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

陳情第8号 米軍普天間基地の無条件撤去を求める意見書を国に提出することを求める陳情

陳情第9号「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言あつぎ」の宣言塔設置を求める陳情 

陳情第10号 子宮頸がんワクチン予防接種の公費助成を求める陳情

   の4件について、賛成討論を行います。

まず 議案第43号 厚木市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について です。 

 34年前、女子教職員や看護婦・保母等の育休に関する法律ができ、18年前にやっと男性も育休をとれるようになりました。
 しかし、制度が変わっても、男性の育休はとりにくいのが現状です。
これまでは配偶者が育児休業を取っていれば、本人は育休がとれませんでした。
今回の改正によって、夫婦が同時に育休がとれることになります。
かつて、子育ては女性がするものと考えられていましたが、現在では夫婦が協力し合って子育てをする時代になっています。
 子育ては、1日中気を抜く間もありません。
大人だけの関係ではわからないもどかしさや面倒、そして、何より喜びがあります。
これを経験することで、必ずや、職場にもいい影響があるものと考えます。
 このような制度は公務員職場から始まり、民間に広がっていくのが常のことです。
民間の職場でも育休をとりたい人がとれるような環境を、厚木市から作っていってほしいと、切に願っています。
 育休を取得する男性職員が増え、さらに職場復帰するときに、保育所が無くて復帰できないということが無いように、さらなる市の努力を求めるものです。
依知北公民館の玄関に
 
さて、育児休業を取得するには子どもがいなくてはなりません。子どもを産むためには
子宮がなくてはなりません。

陳情第10号は 子宮頸がんワクチン予防接種の公費助成を求める陳情 です。 

 子宮癌には子宮体がんと子宮頸がんがあります。
 国立がんセンター等によれば、20代30代の日本人女性の子宮頸がんの発生が増えているとのことです。
 厚木市立病院の掲示板に、日本医師会の大きなポスターが貼ってあります。それには「子宮頸がんは予防できる時代です。
定期的ながん検診に加え、新たな予防法として子宮頸がんの予防ワクチンの接種が始まります。」とありました。
海外ではすでに100カ国以上がワクチン接種をしており、10代を対象に全額公費負担している国が多くあります。
 国内でも、県単位あるいは市町村単位で助成をする自治体が増えています。
 子宮頸がんワクチン予防接種への国の助成を求めるとともに、厚木市でも、予防できるものなら、子宮頸がんによって悲しい思いをする人が一人でも減るように、公費助成に賛同するものです。

陳情第8号米軍普天間基地の無条件撤去を求める意見書を国に提出することを求める陳情 です。

 9か月前に誕生した民主党政権は普天間基地の県外移設を公約にしながら、結局、アメリカのいいなりに移設先を自公政権と同じ、名護市に戻したのです。
新しい首相は日米合意を引き継ぐということを明言しています。
民主党政権のトップが鳩山氏から、菅氏に変わったところで、沖縄県民の怒りは決して収まるものではありません。
 1899年オランダのハーグで採択された「陸戦の法規慣例に関する規則」、いわゆるハーグ条約は、国際的に戦争のルールを定めたもので、日本は1911年に批准しています。
この46条には、「私有財産はこれを没することを得ず」とはっきり書いてあります。
 沖縄普天間基地は、戦争中に、銃剣とブルドーザーで住民の土地を奪って強引に作った、日本で最初の米軍基地です。
沖縄が日本に返還されるとき、この土地は返されるのが当然のものでした。
しかし、日本政府は先延ばしをしながら、ついに戦後65年が経とうとしています。
 無条件撤去とは、日本が移設先探しをするのではなく、米軍が国際法に違反して収奪した土地を、沖縄県民に返すという事に他なりません。
 この陳情は当たり前のことを求めているのであって、現在の国の姿勢は認めがたく、米軍普天間基地の無条件撤去に賛成するものです。

続いて陳情第9号
「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言あつぎ」の宣言塔設置を求める陳情  
 についてです。
 
 陳情項目は本厚木駅周辺や行政区境に設置をというものです。
本厚木駅北口広場には、かつてあった市民憲章の表示板が平成18年に撤去され、タクシーのロータリーの柵に沿って自治基本条例やセーフコミュニティー、路上喫煙禁止の横断幕があるだけです。
人目に触れず置かれている市民憲章を見つけた

 本厚木駅は1日の乗降客が14万人を超えています。
市長は今年「平和市長会議」に加盟したことでもあり、多くの来厚者や市民の皆さんに厚木市の平和への意思を示す絶好のものとであると考えます。
 平和を願う市民の熱い思いに応えるためにも、「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言あつぎ」を持つ自治体の意思を、常に誰にでも示すためにも、宣言塔の設置を求めるものです。

 最後に、多くの方が一度は聞いたことがあるであろう詩を、国際平和と核兵器廃絶を強く願う詩を朗読して、私の賛成討論といたします。


にんげんをかえせ   
                 峠三吉

 ―― 一九四五年八月六日、広島に、九日、長崎に投下された原子爆弾によって命を奪われた人、また現在にいたるまで死の恐怖と苦痛ににさいなまれつつある人、そして生きている限り憂悶と悲しみを消すよしもない人、さらに全世界の原子爆弾を憎悪する人に捧ぐ。
               詩集 にんげんをかえせ 表紙

   ちちをかえせ ははをかえせ

   としよりをかえせ

   こどもをかえせ


   わたしをかえせ わたしにつながる

   にんげんをかえせ


   にんげんの にんげんのよのあるかぎり

   くずれぬへいわを

   へいわをかえせ

  1. 2010/06/21(月) 17:33:42|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊新潮(6/24)、厚木市議に菅氏の資金団体からの資金が!

 今日、「面白いものがあるよ」とのメールがあり、見に行くと、6月24日付の週刊新潮の記事。菅首相の資金管理団体「草志会」から、民主党ではない厚木市議が代表の「政権交代をめざす市民の会」に5000万円の寄付があったということ。また、鳩山前首相の資金管理団体からも1000万円の寄付。
 これについては、すでに3月4日の週刊文春でも掲載されています。

 「市民の会」への資金は、他の団体への資金提供に比べ桁違いに多いようで、これが一体何に使われたかは不明。
厚木には民主党議員が2人いるけれど、今参議院選でも、陣営が違うと連絡が取りきれていない様子。
 他会派へのこの資金提供は???

樹の蔭から見上げる空

 首相が変わっても「政治とカネ」の問題はついてくるらしく、政党助成金も、企業・団体献金も受け取らない日本共産党の議員としては、無視するわけにもいかんなあ。
  1. 2010/06/19(土) 20:17:09|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民福祉常任委員会 陳情⑤子宮頸がんワクチン

市民福祉常任委員会 陳情の5件目

「子宮頸がんワクチン予防接種の公費助成を求める陳情」

≪陳情項目≫
1 子宮頸がんワクチン予防ワクチンを無料で接種できるよう、
     厚木市が公費助成助成を行うこと。
2 子宮頸がん予防ワクチン接種に公費助成を行うよう、
     国に意見書を提出すること。

神子議員 HPV(ヒトパピローマウイルス)はどのように感染、発症するのか。
健康づくり課 子宮頸がんは特定の型により発症する。60%は16・18型。
       ありふれたウイルスであり、感染しても多くは無症状、発がんは稀。
神子議員 40%は効かないということだ。検診は重要。
健康づくり課 検診は1年に1回が理想とされる。
松前議員 ワクチンは治すのでなくふせぐもの。安全性は?
健康づくり課 国が臨床試験をし、認証。6年前から接種しているが、発がん例は無い。
栗山   20代の女性のがんでは最も多い。
      子どもが産めなくなったり、亡くなったりする。
      ワクチンと検診で、予防できるものなら予防したい。    
齋藤議員 趣旨はよくわかる。県内で公費助成をしているのはどこか。
       厚木、人間ドックを含め、検診にはどう取り組むか。
健康づくり課長 鎌倉市が今年度からと聞くが、具体はまだ。
       検診は、胃・肺等。子宮がんは節目年齢での検診助成あり。
松前議員 対象が11~14歳となると、小学生にかかってくる。
       市の小児医療費助成に該当するか。
       地方自治体では時期尚早。
健康づくり課長 小学校終了までの小児医療費助成は医療費が対象。
栗山   国に承認されたのは、一定の安全性が認められたということだ。
      今が地方から国へ助成を求めるの時期だ。
神子議員 もっとしっかり検証していくべき。検診はどうなっているか。
健康づくり課長 子宮頸がんは20歳から5歳刻みで、40歳まで、
      乳がんは40歳から5歳刻みが助成対象。
栗山   ワクチンを接種したからと、
      市が検診を助成しないということはありえない。
小島議員 検診は国保の加入者が対象か。


栗山のみ賛成で、不採択となりました。

雨の日の紫陽花

 議員でも、制度を知らないで、とんでもない質問をすることがあります。
 事前に議案や陳情などが手元にあるのだから、予習をしておけばいいのにな・・・と、まだ1期目の私は思うことがあります。
 ベテランもいろいろ。良き先輩を見習いながら、議員活動をしています。

 




      
      
  1. 2010/06/17(木) 08:39:21|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は「山うなぎ」です。

「今日は「山うなぎ」の日」と言ったら、釘丸議員は一言、「「山うなぎ」って何さ?」

実は「山うなぎ」の日ではなくて、「麦とろ」の日。6月16日の語呂合わせ。

梅雨、何やら元気が出ないなあという時期、「土用丑の日」にはまだ間がある。
で、姿かたちがウナギに似ていて滋養効果が高いというヤマノイモ類の自然薯を食べようということらしい。
 
   梅若菜 丸子の宿の とろろ汁  (松尾芭蕉)
大手公園から空を見上げる

以前、丸子に行った人に「とろろ汁を食べてきたか」と聞いたら、「食べてきた」そうです。

 私は丸子に行ったことは無いけれど、子どものころ、父がとろろ汁をつくるときに、いつもすり鉢を抑えていた事が、懐かしく思い出されます。

 いま、そうやって食べる労力を経験する子どもは少なくなったでしょうね。
 食材を意識してしっかり食べることって、本当に大事だと思います。

  1. 2010/06/16(水) 13:56:47|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民福祉常任委員会 陳情④平和・非核宣言塔

市民福祉常任委員会、陳情の4件目は

「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言あつぎ」の宣言塔設置を求める陳情

陳情項目
≪本厚木駅周辺や行政区境に「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言あつぎ」を表示する宣言塔を設置してください。≫

栗山   市庁舎前の宣言塔はいくらか。市内の公共施設の表示板何か所か。
福祉総務課長 厚木中央公園にある、2.4×0.5mのステンレス製の表示板は
        499,800円。公共施設には、小中学校を含め270か所。
栗山   表示板はあまり目立たず、
       市民に聞いても、どこにあるかわからない人が多い。
       もっとPRすべきである、陳情に賛成。
齋藤議員 趣旨はよくわかるが、現在でも市は平和への取り組みをしている。
      賛成しかねる。
松前議員 私自身も関係の活動をしている。平和行進などを主に宣伝したいと考える。
栗山議員 平和行進には、私も毎年、参加しているが、1年のうちの1日、数時間である。
       市の意思を来厚者にPRしていくべきだ。
松前議員 アピールは大事である。駅前には市民憲章の表示もある。
      活動でPRできる。
神子議員 趣旨はわかる。表現の仕方がアナログからデジタルに変わってきている。
       塔や紙も媒体としてはあるが、デスクでクリックできる。
山口議員 趣旨は理解。現行のPRで十分。
       駅前には厚木ビジョンがある、それでやればよい。
栗山   宣言塔なら、365日24時間アピールできる。
      インターネットはクリックしなければ見られない。
      駅前の大型映像装置は、時間が限られる。
      平和は基本のき。
      意識して見なくても目に入るもので、
      厚木市の平和への意思を表したい。

採決の結果は栗山のみ賛成で、不採択。

琵琶の実、琵琶色に。
 森屋前議員は、皮肉をこめて「理屈と膏薬はどこにでもつく。」と時々言うけれど、今回の陳情審議では、まさにその通りと、実感した。この陳情に反対の理由はあるかしらと思っていた私が、甘かった。

 他市を訪問した時、駅前や大通りなどに平和宣言塔があると、「ああ、この自治体は、本当に平和への思いが強いのだな」と感じることができる。
 今回、反対した議員の皆さんは、それを感じたことはないのだろうか。

おまけ:駅前に市民憲章の表示があるとの発言があったが、実は、平成18年9月に撤去されていて、現在は、自治基本条例やセーフコミュニティーの表示があるのみ。
 市民憲章撤去の理由は、大型映像装置が見えにくいからだという話もある。
 市民憲章は、三田の高架下に・・・。
  1. 2010/06/15(火) 14:56:18|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民福祉常任委員会 陳情③人権侵害救済法案

市民福祉常任委員会、3件目の陳情は

「人権侵害救済法案の成立に反対する意見書を
  国に提出することを求める陳情」


≪陳情項目≫
人権侵害救済法の法制化に反対する意見書を国に提出してください。


神子議員 自民、民主からも法案が出されたが、解散で廃案となった。
      法案は現在、未提出である。国会で議論すべき。反対。
栗山   人権擁護法案そのものには反対だが、法案は提出されていない。
      出されていないものに反対とは言い難い。
松前議員 自民でも廃案、民主も廃案。時間がかかる。推移を見守る。
      反対。


賛成は無し。不採択。

市役所、屋上の緑

 これまでの3件の陳情提出団体は「日本の子供の未来を・守る会 神奈川支部」です。
 陳情の趣旨を読むと、かなり思い込みというか、決めつけの激しい文面であり、自分たちと異なる考えを全て否定するかの様な書きようです。
 どんな団体かと思い、直接この会の代表者に連絡をとってみました。
 若い女性で、ご本人は、「インターネットで知り合った母親の団体で、本部は福岡。全国に支部があり、神奈川の会員は30名。署名等の運動をしている。参考資料として入れたチラシは、インターネットで見つけたもので、どこの誰が作ったものか全くわからないが、自分たちと考えが同じである。」とのこと。

 インターネットで、この団体を見てみると、各地の決起集会には、自民党議員がずらっと並んで紹介されていたり、民主党の批判ばかりだったりであった。
 
 党外の識者に聞いたところ、陳情はすべて、民主党に反対するものばかりになっているとのこと。
 そうか、自民党の組織かと納得。

 でも、どんな団体が出そうと、中身が問題である。しっかり審議しなくてはならないのである。
 
  1. 2010/06/14(月) 17:30:34|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民福祉常任委員会 陳情②子ども手当

市民福祉常任委員会での陳情2件目は、

「子ども手当に反対する意見書を国に提出することを求める陳情」

神子議員 問題が多い。所得制限も無く、財源も確保できていない。
      景気対策ではなく子育て支援のはずだったが、
      現金支給であり、何に使われるかわからない。賛成。
齋藤議員 対象者の数は?給食費、保育料等の未納に充当するのか?
子ども家庭課長 17,962人。未納への充当は市では検討していない。
      子ども手当は該当者全員に支給せざるを得ない。
      滞納については本人の同意が必要。今後、検討。
松前議員 財源等問題はあるが、議論中である。推移を見守る。
      教育費などで一定のメリットがあり、市は子育て日本一を目指している。
      反対。
栗山   財源問題、外国籍、日本在住など、多くの問題があるが、
      子ども手当に反対では、児童手当まで、否定することになってしまう。
      今後の国の審議を見たい。
小島議員 神子議員と同じ。賛成。
山口議員 ありがたい制度だが不備がある。賛成。
齋藤議員 国内に住所を有すれば受給資格がある。厚木市で、該当するのは?
子ども家庭課長 外国籍でも、親が日本在住なら、子が外国在住でも支給される。 
      父が単身赴任で外国在住でも、母が申請できる。
      判断が難しいケースなど、国の細かいマニュアルがある。
      国の条件は大変厳しいものになっている。
川口議員 さまざまな問題があった。
      来年度以降の支給額、所得制限など確定せず、判断は難しい。賛成。

花が見えますか?

 子ども手当に反対する陳情なので、採決では、
 賛成というのは子ども手当に反対。
 反対は、子ども手当に賛成 ― ということになります。

 賛成  小島議員・神子議員・山口議員
 反対  齋藤議員・松前議員・栗山議員

 可否同数。委員長が賛成で 採択されました。
                 

      

      
  1. 2010/06/12(土) 18:59:45|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民福祉常任委員会は、陳情5件 ①夫婦別姓

6月10日(木)は、市民福祉常任委員会。

珍しく議案が無く、陳情のみ。2つの女性団体から計5陳情。

1件目は
「選択的夫婦別姓制度の法制化に反対する意見書を国に提出することを求める陳情」

栗山   趣旨では、一般人と言いながら多様な意見を認めない内容であり、
      民主主義に反する。
      別姓にすると離婚が増え、犯罪も増えるかのような趣旨だが、疑問。
      同姓制度で不都合が生じる例もある。
      陳情には反対。
松前議員 陳情の趣旨に疑問がある。法案が出ていないうえ、
       与党でも、地方議会でも意見が分かれている。継続に。
齋藤議員 夫婦別姓に反対してくれとの内容。賛成。
小島議員 別姓のメリットが浮かんでこない。賛成。
神子議員 社会は一人では生きられない。名前で分けることはなく、陳情に賛成。
山口議員 別姓を望む人は親の考え方が強すぎ、
       子どものことが考えられていない。賛成。
川口議員 法案が出されていない。男女共同参画は必要。継続または反対。

狭い道で、通りすがりに見かけた花

 意見が分かれ、継続にするかどうかで、松前議員だけが賛成で、継続ではなく、採決をすることになりました。

 賛成は、小島・齋藤・神子・山口議員の4人、反対は松前議員と私の二人。
     採択されてしまいました。




  1. 2010/06/12(土) 18:34:39|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はたのさん、事務所開き

 昨夜は、横浜で「はたの君枝事務所開き」がありました。
 
 民主党政権初代首相が、「国民が聞く耳を持たなくなった。ヒヨドリが帰って来いと・・・。」と、政権から逃げ出して、新しい首相に変わりました。
 内閣の支持率が急上昇してはいるけれど、普天間移設問題での日米合意は引き継ぐ、消費税の増税と法人税引き下げのセットも変わらずでは、国民の生活がどう改善されるというのか。

 トップの顔を変えてもだめだったのは、旧自公政権で何度も経験してきたはずなのに。

 対米従属から自主独立に、大企業優先から国民の立場に変えなくては、どうにも変りようがないではないか。

 アメリカにも、大企業にも、はっきりものが言える党が伸びなくては、国民の立場で政治を前に進めることはできません。

 日本共産党では、神奈川で、はたの君枝さんが議席を目指して頑張っています。
 県内の地方議員も、6月議会の活動とともにに、はたの君枝さんを国会に送り出そうと、皆、頑張っています。
県内地方議員,はたのさん勝利を誓う

事務所開きの後、はたのさんと、比例の候補・岡崎裕さん(ゆたか・32歳・男)と一緒に。
候補者2人とともに

 議員になる前は、嫌いなものが「一番は写真、2番は鏡」だったのですが、もうそんなことは言っていられなくなりました。
 自らの容貌も顧みず、皆さんに日本共産党への支援を訴える日々であります。
  1. 2010/06/08(火) 17:08:57|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

統計の数字に表れない事象

 先月、交通死亡事故ゼロの事を載せました。
 厚木市および厚木署管内での死亡事故が8ヶ月間ゼロということ。この死亡事故というのは、事故から24時間以内の死亡のことです。実際には、24時間過ぎてから亡くなった方もいますが、その後の死亡については統計には出てきません。

 議員団ニュースを見た方が、「知人が事故から半月後に病院で亡くなった。こういうことが認知されないのでは、交通事故の警鐘にならない」との思いから連絡を下さいました。ご本人には統計上のことである旨を、釘丸議員が説明をいたしました。
 確かに、統計には出てこない事故死については、ほとんど表に出てきません。

紫陽花が開きかけている

 6月4日の6月議会一般質問でも、釘丸議員が教育問題で、教職員の療養休暇を質問しましたが、統計には出てこない、短期間の休業についても言及しました。

 統計に出てこないさまざまな実態にも、しっかりと目を向けていかねばならないと、気を引きしめているところです。
 
  1. 2010/06/06(日) 18:17:06|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月4日(金)の一般質問 登壇

 厚木市議会6月定例会 本会議3日目の一般質問
 私は、9時から。登壇での発言は以下の通りです。

栗山 10,6,4 ?


 日本共産党厚木市議員団を代表して通告の諸点について質問いたします。

 政権交代から8カ月半が過ぎ、10%台に落ち込んだ支持率にも関わらず、続投の意思を表明していた民主党・鳩山首相が、2日前、ついに辞任を表明しました。
普天間基地問題では、「移設先は、国外。最低でも県外」との公約とは異なり、アメリカのいいなりに、移設先を、名護市のキャンプ・シュワブの「辺野古崎地区及びこれに隣接する水域」とする共同発表を5月29日に行ったばかりです。
沖縄県民をはじめとする国民は首相の裏切りに、全国各地で米軍基地撤去を求める集会を開き、怒りをあらわにして、首相の続投を阻んだと言えるのではないでしょうか。
 しかし、この日米合意は、首相が辞めても有効であり、アメリカはこれに基づいて基地移設を進めていくとも言っています。
「立つ鳥、後を濁さず」という言葉がありますが、「立つ鳩、後を濁しまくり」とでも言うべきでしょう。
 本来、国は国民の立場に立って政策を進めていくのが、当然の務めです。国民の意見を無視して国政を進めてはならないのだということが、はっきりしたのではないでしょうか。
 新しい首相がだれになるのか、国がどこに向かっていくのか、わからないという状況の中で、国民の不安と怒りは増すばかりです。

 基地問題だけでなく、政治とカネの問題でも、小沢一郎幹事長と小林千代美議員を道連れにして「クリーンな民主党に」と言っても、何の説明にもなりません。
 社会保障の問題でも同様です。
野党時代には後期高齢者医療制度の即時廃止をうたっていたにも関わらず、政権についてみれば制度の先延ばし、それどころか年齢による医療差別を65歳にまで拡大しようというところまで来ています。

IMG_8160.jpg

 誰もが安心して医療を受けられないのでは、国民皆保険とは名前ばかりになってしまいます。
国民健康保険事業年報によると、1984年と2007年を比べると、国民健康保険会計に占める国庫負担の比率が49.8%から25%に半減し、逆に、一人当たり保険料は39,020円から84,367円となっています。
命を守るべき医療のはずが、負担が重すぎて医療を受けられず、命を落とすことがあってはなりません。
市民を守るための防波堤であることを、厚木市に強く求めるものです。
 
 医療の他に、暮らしの中では、住居や仕事の安心も重要です。この両面で有効なのが、今全国の自治体でどんどん増えている個人住宅改修への助成制度です。地域経済へ即効性のある制度として、厚木市でもこの制度をとり入れるべきと考えます。

 また、地域の環境への配慮も重要な事柄です。4月に専決処分で購入した旧厚木恵心病院跡地がどのようになるのか、住民の関心は非常に高いものがあります。
どのような形になるにせよ、まずはあの土地が、安心して利用できる土地であることを確認しなくてはならないとの声を聞いています。
その方法などをお聞きします。

質問をまとめます。IMG_8149.jpg


(1)旧厚木恵心病院跡地について  

    ア 跡地利用について
      (ァ)課題をどうとらえているか
      (ィ)今後の活用は。

(2)住宅政策について  

    ア 地域経済活性化のための総合的な住宅政策について
      (ァ)地域活性化のための住宅改修助成制度をつくってはどうか。

(3)国民健康保険事業について

    ア 国民皆保険制度について
      (ァ)現状と課題をどう認識しているか
    イ 保険料の賦課方式について
      (ァ)検討状況はどうか
  
 以上です。よろしくご答弁をお願いいたします。







 
  1. 2010/06/04(金) 20:30:26|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0