はたの君枝さん、本厚木駅で語る

 5月30日(日)は、日本共産党の神奈川県のキャラバンカーが県央にやってきました。
 午前から愛川町に入り、午後2時半から厚木に移動。座架依(ざかえ)橋の近くで釘丸議員と私が乗り込み、市内数か所で演説をしました。
 県のベテランアナウンサーとともに新人アナウンサーも乗っていて、その初々しさに、議員3年目の自分はずいぶん図々しくなったものと感じざるを得ないのでありました。

 5時からは本厚木駅北口で、はたの君枝さんも一緒に宣伝。地域の後援会のみなさんや議員団もそれぞれの立場で訴ました。政策ビラの受け取りも良く、通行人からの激励の言葉をたくさん受けながらの、楽しい宣伝となりました。

 駅頭宣伝での様子、十枚以上ありますからどうぞ、ご覧ください。

(大きいスライドショーはコチラ

 もうすぐ、一般質問。まだ、原稿はできていません。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/30(日) 21:11:17|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月議会初日、魔の三角地帯狭まる

 今日は6月議会初日。報告3件、専決議案、即決議案も出て、質疑の後に採決もありました。

 事故繰り越しは、工事の完了検査時に写真が添付していないということで掘り返したら、なんと10㎝厚さのところが5センチしかなかったというのでありました。で、すぐにやり直し。
 当然、業者は指名停止。あとで聞くと、その業者は今回が初めてではないそうで、すでに入札で取っていた工事もできないことになったそうです。
 市の監督責任が問われます。でも、工事中に始終つきっきりで市の担当職員が見ていることは不可能で、今後も市として不正工事への毅然とした対応が必要です。

琵琶の実が青くなっています

 ところで、初日に質問の多い3人の中の位置にいる私、インターネット中継での「魔の三角地帯」とわが議員団では呼んでいるのですが、今回はさらに近くの議員が質問したので、三角地帯が狭くなってしまったのでした。




  1. 2010/05/28(金) 20:08:47|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一般質問通告す。6月4日の1番目

厚木市議会6月定例会の一般質問は6月3・4・7日の3日間。

私は、4日(金)の午前9時からになります。通告は以下の通りです。
 紫陽花の蕾


(1)旧厚木恵心病院跡地について  

    ア 跡地利用について
      (ァ)課題をどうとらえているか
      (ィ)今後の活用は。

(2)住宅政策について  

    ア 地域経済活性化のための総合的な住宅政策について
      (ァ)地域活性化のための住宅改修助成制度をつくってはどうか

(3)国民健康保険事業について

    ア 国民皆保険制度について
      (ァ)現状と課題をどう認識しているか
    イ 保険料の賦課方式について
      (ァ)検討状況はどうか
   
  1. 2010/05/27(木) 11:38:07|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木は8ヶ月間、交通死亡事故ゼロです

 市民福祉常任委員会の所管には、交通安全も入っています。
 4月から5月にかけて、交通安全協会、交通安全指導員、そして今日は、交通安全母の会の総会がありました。
 
 毎年出席していますが、今年、特に言われていることが、「厚木は交通事故による死亡ゼロが8カ月続いている」ということ。
 厚木市内では昨年の9月10日、平日の午後3時に、厚木署管内では同25日、平日の午後2時半に、どちらもオートバイの青年が亡くなったのが最後です。ご家族は友人たちの悲しみはいかばかりかと思います。

黄色いバラ、奥は赤いバラ

 交通事故は頻繁に起きるなか、死亡事故が無いというのは、本当にすごいことです。昨年は全国でも死亡者が5千人を切っていますから、厚木だけではないのでしょう。ただ、死亡に至らなくても負傷者は多く、後遺症を抱えたまま生活する人もいます。
 交通事故は無いに越したことはなく、ルールはもちろん、一人ひとりがマナーを守ることが大事です。
  1. 2010/05/24(月) 17:10:17|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間もなく、厚木市議会6月定例会

5月28日(金)から6月21日(月)まで、厚木市議会6月定例会。
七沢自然ふれあいセンターにて

 2月の予算議会の直後なので、補正は補正予算は専決(旧恵心病院跡地の取得)と、2号はそれに関わる公園整備事業費の増。他に、市職員にかかる条例の一部改正、厚木インター南部の建築物の制限の見直し、上古沢の斎場施設新築工事、指定管理者など17議案です。

 いつもは市民福祉常任委員会への付託が一番多いのですが、今議会では無いらしい。付託議案が無いと委員会は開催されないのですが、陳情は出る様子です。27日が陳情等の提出締め切りです。今議会に出される市民の要望がどんなものか、待っているところです。

 そして、27日は、一般質問の通告締めきり。昨日の時点ですでに4人が通告をしています。
 私も早いうちに、提出しようと準備中。
  1. 2010/05/23(日) 14:42:42|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅頭宣伝、 絡まれた時は?

 7月の参議院選挙に向け、各党とも街頭や駅頭宣伝をしています。
 
 某日の午後、本厚木駅を通ると、割合古めの新党の候補者が演説しています。他市の男性議員も応援に来ていました。
                          駅頭で、某新党候補
 何を話しているのかと思って少し聞いていましたが、政策なんか、何も無い。日本をどうしたいのかも、全く話さない。とにかく、自分の名前と、自分の党の国会での数を増やしてくれと言うばかり。
 近くで聞いていた市民は「虚しくないのかしらね。」と言っていましたが、同感。もらったビラにも、政策なんか全く無し。

 男性が候補者に近づき、何やら文句を言っている。候補者は、話ができなくなりました。どうなるかと見ていたら、誰も助けてくれないんです。応援の大柄な市議も、ビラをまいていたお揃いの服の男たちも、見て見ぬふり。
 なんて情けないんだろうと思うが、その後どうなったかはわかりません。

久留米でi咲いていたバラ
 私達議員団は、選挙があろうとなかろうと、議会があろうとなかろうと、週に3回の駅頭宣伝をしていますが、酔っ払いやホームレス風のおじさんに絡まれることはよくあります。
 そういう時は、たいてい私が相手をして、釘丸議員が話を続けます。
 おじさんたちの話って、ストレートでおもしろいんです。政治の話をしたり、自分の来し方を話したり。おとといは、おでこに絆創膏を貼ったおじさんが来て、「民主党はダメだ。鳩山をやめさせろ」などと言っていました。いなくなったと思ったら、またやってきて、何んとロールケーキを買ってきてくれたのでした。
 政権交代前は、自民党の批判をする人が多かったのですが、最近は民主党の批判をする人ばかり。
 生活が大丈夫かしらと思える人には、共産党に相談に来てねと言いながら、共産党の宣伝をしております。
 

 
  1. 2010/05/19(水) 12:13:13|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視察は久留米、くるるん

 5月12・13日、厚木市議会市民福祉常任委員会の視察、行先は福岡県久留米市です。

 久留米と言えば、久留米絣(くるめがすり)や久留米つつじが有名ですが、一昨年の秋、厚木のシロコロがB-1グランプリで1位になった場所。
 でも、視察は食べ物ではなく、保育所の民営化 と 子育て支援センターです。

 まずは、久留米市役所へ。
 平成17年に1市4町が合併し、20年に中核市になり、人口30万人超。ブリヂストン発祥の地であり、豚骨ラーメン発祥の地でもあるとのこと。
 おもしろかったのが、資料の中に、「餃子又兵衛」というお店のチラシが入っていたこと。課長曰く、「餃子がおいしい、豚足やダルムもある。でも汚いです。中はさらに汚いです。観光客が入る所ではありません。」が、焼き鳥日本一宣言をし、B級グルメの仕掛け人でもあるそうな。
          ホテルのすぐ近く、又兵衛

 中心市街地の空き店舗率が25%と言うのには驚きました。実際に駅の周辺を歩くと、シャッターが閉じているところが本当に多いのです。
 でも、大学病院もあり、医師の数は全国でも多いほうだそうです。

 子育て支援部児童保育課の説明と質疑。保育所の民営化の話。
 行財政改革によって、公立保育所の再編計画を進めている。「保育需要の多様化に対応し、保育所の持つ子育て機能の充実を図り、より効率的・効果的な保育所運営を行うため」である。
 25か所の公立保育所を、9か所だけ残して、社会福祉法人へ移譲、民営化する。残す公立は地域子育て支援センターを併設、公立がない地域には子育て支援センターを開設。
 平成12年、民営化の方針が出た当初の混乱は、すさまじいものがあった。市を二分し、保護者も巻き込んだ。
 しかし、行政運営・財政のためであり、民営化してだめだったといわれないよう、市としても支援をした。
 子ども・保護者にとって、管理者や保育士が変わるのは本当は避けなければならない。移譲に際して、現在は引き継ぎ期間を1年とし、1.5名分の予算を計上している。

 保育サービスは公も民も同じとはいえ、民間では保育士の平均勤続年数は7~8年。ワークライフバランスを支える職場でありながら、結婚や出産で退職する現状だ。労働条件は厳しく、男性保育士が増えない。保育所のキャパはあっても、保育士が確保できず子どもを受け入れられないことも。
 今年、厚労省で定員超え115%をはずした。久留米は、125%に引き上げた。
 公立私立合わせて66の保育所で、今年度の申し込みは当初7300人、第1次調整、2次3次、4次までやって、7038人が入所。あきらめて取り下げたり辞退したりで、待機児童は2名。しかし、潜在的には数百人いるだろう。

 その後、西鉄久留米駅の第3セクターのビル5階にある「久留米市子育て交流プラザ くるるん」の見学。
 親子で行ける自由スペース。厚木で言えば「もみじの手」という感じ。ただ違うのは、運営がNPO法人であり、ボランティアの参加を前提にしていること。また、フリースペースだけではなくて、子育てセミナー、健康相談、電話相談、一時預かりなどもあり、毎月いろんな行事があります。

 「くるめ子育て便利マップ」、
昨年今年のもの
縦21㎝×横10㎝の数十ページの冊子は、子育て中のお母さんたちが編集したもので、妊娠から出産、就園・就学前までに関して、現役のおかあさんの視点で、いろんなことが入っています。こんな時はこんなところに相談すればいいとか、お出かけ情報や公共施設の案内もあって、バッグに入れておけば何かの時に頼りになりそうです。表紙を繰ると、全体マップと目次

 子育ては、すぐに結果が出るものではなく、成果が目に見えるわけではなく、検証が大変難しい部分です。
 効率的・効果的な運営とは、一体何を言うのか、単に、財政のための人件費の削減であってはならないと考えます。本当の住民サービスとは何か、との疑問を感じながらの視察でありました。
 
 
 






 
 
  1. 2010/05/18(火) 19:47:05|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

鳥獣問題で学習会

「大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会」という団体があります。
 2006年、相模原・秦野・厚木・伊勢原・愛川・清川の4市1町1村の議員により、鳥獣被害の防止、軽減対策の促進等を目的としてつくられました。研修や現地視察などをおこなっており、県へは3回にわたって、鳥獣被害対策にかかる要望書を提出しています。現在は151名の議員が加入しています。
 
 5月7日(金)は、全国植樹祭直前の秦野市文化会館で、総会。
 ヤマビルの実物も登場

 その後、県環境農政局の水・緑部自然環境保全課野生生物グループの職員を講師に、「神奈川県における鳥獣対策の取り組みについて」の講演がありました。

 かつて鳥獣被害金額の半分以上が、おもにカラスやヒヨドリの鳥類によるものだった。しかし、ここ数年は獣類の被害が大きくなっている。県内でも、地域差があり、県央地域ではシカ、イノシシ、サルなどの被害が多い。

 被害対策の三本柱は、環境・行動・個体数の管理。

サルにとって魅力のない地域にする。
 環境管理
  ・集落・農地の環境改善
         食べ物がいっぱい
 
  ・農地を効果的に囲う
         電気柵

 行動管理  ・追い払う。

意味のある捕獲を行う。
 個体数の点では、「サルを捕まえて、殺してしまえ」という意見がある。単に数を減らすのは、被害を広げることになる。体が大きくて目立つからと大人のサルを捕ると、ワカモノ・コドモ・アカンボウが残り、群れが混乱して、分裂してしまう可能性が。
 全滅は、予算・法的にも、動物倫理的にも困難。
 一時的に地域から排除しても、いずれ別の群れが移ってくる可能性あり。

 これをやれば、鳥獣被害が無くなるという方法があればいいのですが、そう、うまいことは行っていません。
  島根県出雲市では10年前に柵をつくったけれど集落への侵入を十分に防げなかったため、さらに整備し、今年、全長137kmの柵が完成したそうです。
 厚木では、全長25kmの電気柵を設置している最中ですが、道路や川などで隙間ができるところがあります。

 鳥獣議連では、今後も研修・交流を行いながら、県への働きかけをしていくことになるでしょう。






  1. 2010/05/10(月) 16:26:59|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はたの君枝さん、後援会でガチャポンと基地問題を語る

 5月8日(土)の夜、厚木市内で、日本共産党厚木・愛川の中小業者の後援会の集まりがありました。
                  せいきょうあつぎ診療所の庭で見かけた

 参議選候補のはたの君枝さんは連日、県内各地を回り、この日も会場へかけつけてくれました。
 はたのさんが会場に着くまでの間、市政報告をということでしたので、私がいつも議会報告会でするような、絶対文書にはできないような議会の裏話などもしようかと思っていましたら、予定よりも数分早く到着。まじめな議会報告(今年度予算と、中小業者への施策。私の一般質問での住宅リフォームの事)をして、はたのさんへ。

 はたのさんのおじいさんが町工場をやっていて、「ピンポン玉の自動販売機をつくっていた。今で言うガチャポン。あれは、家のおじいさんが発明したんじゃないかしら。」との話には、びっくり。
 リーマンショックは世界中で起きたのに、日本に大きな打撃となったのは政治の問題である。大企業には研究費の何のとお金を出し、税金を減らすのに、中小業者には支援が無い。大企業だけじゃ日本の経済を回すことはできない、と、日本の経済システムを変えることの必要を語りました。
はたのさんの話

 昨年の衆議院選挙では、自民か民主かという二大政党ばかりがマスコミで言われたが、今回は、街頭宣伝していても、反応が全然違う。
 普天間基地問題での琉球新報を広げて宣伝していると、チラシを受け取る人が多くなった、しかもにこにこして。握手を拒む人がいない。
琉球新報の大きな記事
 
 自民党の後援会長をした人までが、「共産党が変わる予感がする。志位さんもアメリカへ行った。なんでも反対ではなく、提案し、行動している。共産党がものすごく積極的になった」と言ったそうな。

 アメリカも大統領が変わったのです。日本でも昨秋の政権交代から、現政権批判が続き、もう末期状態。南の島の首長たちは、今、国の言いなりではなく、いやなことはいやだと、はっきり言う事ができる。
 
 日本全体が、本当に変わらなくては。

 国民の立場で政治を前に進める、日本共産党です。

閉会後、3人とも9条グッズ着用。
  1. 2010/05/09(日) 11:39:43|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「心霊スポット」と呼ばれていたが。

 厚木市には、心霊スポットと呼ばれて、全国にやや有名な場所がありました。
 テレビでも何度か取り上げられ、若者が夜中に肝試しをするなど、地域からは、なんとかしてほしいとの声がずっとありました。
窓ガラスは、無い

 今年4月2日、堺市の公売公告が出ました。厚木市にあるこの土地を、4月23日午後1時30分から2時まで入札できるというもの。場所は堺市役所本館8階調達課入札室。
 所有していた宗教法人(実態がない)の市税の滞納のため、差し押さえをした物件を入札するもの。
 職員が行くと、ほかに参加者は無く、最低公売価格での入札となりました。約1200万円。
 代金の納付期限は4月30日の午後3時、場所は、堺市税務部市税特別滞納対策室。
警備は2交代、2人ずつ

 5月3日憲法記念日に、議員団で市内各地を憲法宣伝をしながら、現地を見に行く。
 敷地内には入れないようになっていて、ガードマンが見張っています。訊くと、夜中に乗り越えようとするモノ好きもいるらしいが、注意をすればおとなしく出て行くそうです。すぐ近くのコンビニでは、やはり、ここを見に来ている人もいて、私たちも似たようなものだ。

 すぐ近くには畑もあります。地域の方はさぞやホッとしていることでしょう。
 市では、日程は未定ですが、建物を取り壊し、周辺の土地も購入し、防災機能を備えた公園をつくりたいということです。
菜の花畑
  1. 2010/05/08(土) 18:24:55|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車やバイクは、駐輪場にね。

議員になってから毎年4月に、市街地を車いすに乗って歩いています。

自分の足で歩くときは全く気にもならないことが、車いすだと、いかに不自由を感じることか!
緊急車両の妨げにもなるし、危険で迷惑なのですが、現在のところ、放置自転車は無くならない。
フードバトルの日の一番街

そんなことで、昨年の12月議会では、一般質問で放置自転車を取り上げました。
「通りにひとつの駐輪場を!」と言ったのですが、その時の答弁も、「理想ではあるが、むずかしい」。
 
放置自転車

 厚木市の条例「厚木市放置自転車に関する条例」では「放置」を「自転車が駐車指定場所以外の場所に置かれており、かつ、当該自転車の利用者が当該自転車から離れているため、直ちに当該自転車を移動することができない状態をいう。」と定義しています。
 つまり、置いちゃいけない所に置きっぱなしで、どっかに行っちゃうのはダメということ。
 
 本厚木駅周辺の放置禁止区域内に放置されている自転車は、すぐに持っていかれてしまうのですよ。
放置禁止区域

 放置禁止区域外では、いいのかと言うとそういうことはなく、7日間経過後に撤去。
 船子と三田、どちらかの保管場所で60日間保管後は処分されます。
 そこでの問題は、引き取りに来ない人が多いこと。2008年度、撤去した自転車は5,595台、そのうち引き取られたのは2,954台(52.8%)です。市では、同年の放置自転車対策等で約4千万円も支出しています。
 みんながルールをきちんと守れば、その分は税金を使わなくて済むのです。
 
 ただ、実際のところ、市内の駐輪場は民間もいっぱいいっぱい。市営の有料駐輪場も定期駐輪は予約待ちが多く、駐輪場確保のために、毎朝少し早く家を出なくてはならないとの声も聞いています。
 
 簡単にはいかないけれど、議会後も担当課と話しています。
  1. 2010/05/07(金) 13:22:46|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フードバトルで、市民が活躍

 5月4・5日、神奈川フードバトルinあつぎ厚木中央公園と市役所駐車場を会場として、開催されました。
 9月開催のB‐1グランプリのプレイベントということもあり、厚木市としても力が入ります。

 市内外からの多くのボランティアの皆さんの力が集まりました。
 朝、早くから、あちこちで打ち合わせをしています。
 小中学生、高校生も、会場と周辺のゴミ拾いなど。小学生のボランティア
青年たちも打ち合わせ。開会前の打ち合わせ
 シロコロ・ホルモン探検隊の中村隊長は、「おれは47歳だ!」と若い皆さんと打ち合わせ後、開会式の会場へ。テレビ等の取材もあり甲冑を着るけれど、暑いのだそうです。
開会式会場に向かうシロコロ隊長

 初日の10時前にはすでにシロコロに約300人が並び、開会は10時5分前に繰り上げ。どんどん人が増えてきます。
 2日目も、やはり長い行列ができ、30分繰り上げて、9時半スタート。この臨機応変に感心。
中央公園の人出

 本厚木の駅から、一番街を通ると、放置自転車。いつもより、乱雑に置かれています。
 車いすの方はずいぶん歩きにくそうでした。
一番街の様子

 一番街から、市役所方向へ曲がると、にぎわい処。天気もいいし、のどが渇いて、ちょっと休憩。冷た~いお茶を、1杯のつもりが、もう1杯。私たちの他にも、入れ替わり立ち替わり、市民が立ち寄っていました。 
 職員の皆さんの顔を見ながら、ちょっとしゃべりながらのひとときを楽しみ、ごちそうさまでした。
にぎわい処で一休み

2日間で、800個以上にもなるボランティアの皆さんの弁当は、市役所の地下にある食堂で配布します。学校教育部長が黒いスタッフTシャツに白いタオルを首に巻き、照れた様子で、準備OK!
スタッフ用弁当配布場所

 市役所正面玄関前では縦3.5m×横4mのパネルに模造紙16枚を貼り、名刺ホルダーに2,500人の顔写真を入れてつくった子どもの大きな笑顔。
4日の午後
5日の午後、完成!

 表彰。特別賞には「愛甲三郎豆腐でんがく」。
 金賞:なつかしい給食あげパン。出品した(株)オギノパンは、厚木市の給食のパンもつくっています。先日も、他の業者さんでちょっとトラブルがあった時に、すぐ対応してくれたばかりです。受賞後の弁の中で、「厚木の子どもたちがお得意様、感謝」そして「表には出ないけれど、このために夜遅くまで17000個つくってくれたスタッフに、油まみれ、砂糖まみれになったスタッフ、金券を数えたスタッフに感謝」とも。
銀賞:てるてラーメン
銅賞:厚木バーガー

講評では、「地産地消が言われている。食育も大事である。伝統の料理や工夫を凝らしたものがある。地元の食材を使った地域おこしを。」との言葉がありました。

 2日間、事故も無く、渋滞も無く、お天気も味方して、来場者は11万人。
「厚木を元気に」という思いを行動に移した、本当に多くのボランティアの皆さんの力です。

 9月18・19日のB-1グランプリも、いい天気に恵まれますように。

  1. 2010/05/06(木) 12:05:34|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メーデーで警報器が!

5月1日はメーデー。
働く者の祭典。アメリカで、1日24時間のうち、休養に8時間、自分のために8時間、仕事に8時間、と、長時間労働を8時間労働に変えていくために運動がおこり、日本でも始まったメーデー。

私達議員団も、第81回厚木地区統一メーデーに参加。
今年は決議文の中に
 「労働者派遣法を「常用雇用(常用型)」と一般事務の禁止など抜本的に見直し」が加わり、具体では「日産自動車は、派遣・期間従業員の首きり解雇をやめ、直ちに職場へ戻すこと」との、文言が入りました。
 後期高齢者医療制度に関しては自治体に対して、「高額医療費の減免制度の充実をはかること」、介護保険制度に関しては、「介護従事者の労働条件を大幅に改善することを国にもとめること」も入っています。

メーデー、開会前

 集会が終わり、さあデモ行進に出発しようという時、突然、何やら警報音が響きわたりました。
 その辺で遊んでいた幼児が、スーパー防犯灯のスイッチを押したようです。行進前で警官は多数いたのですが、止め方がわかりません。
 
警官がいっぱい
 ややあって止まり、行進に出発。何人かが「子どもの手の届く高さにしなきゃいいのに」と言っていましたが、子どもが届かなきゃ、役に立たないのではと言って、納得してもらいました。

 昼食をとり、地域の皆さんと、街頭宣伝。
市内宣伝
 「自民もだめだが、民主にも失望した」との国民の思いの中で、泥沼の自民から新党ができているが、なんも新しいことはない。本当に国民の立場に経つ日本共産党、神奈川でははたの君枝元参議院議員への支援で政治を変えよう、政治を前に進めようと、訴えました。
  1. 2010/05/05(水) 17:21:36|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市立病院の人員は?

 3月19日は、厚木市議会2月定例会の最終日でした。
 本会議後、「議会のあり方検討会」があり、その後に、「厚木市立病院の整備・運営に関する調査研修特別委員会」が開かれました。

 委員会での、私の質問と理事者答弁。
[広告] VPS


 今後の運営に関して、市では病床数を、現在の356床から345床にという数字を出しています。
 計画案では、診療科等それぞれについて、具体の病床数を上げています。その数で医療スタッフが足りないのではないかとの心配があります。増員の場合のスタッフ確保も必要です。

 今後の病院運営についての重要な事ですので、各委員、さまざまな質問を行いました。一部の委員を除いてですが。

 
  1. 2010/05/05(水) 15:30:22|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0