駅頭宣伝、たまには一人で

 毎週、月曜日の朝と金曜日の夕方は、本厚木駅頭で宣伝をしています。
 厚木の共産党議員団はもう30年前から続けています。私も議員になってから、釘丸議員と一緒に駅頭に立っています。
 世界の情勢や国政、厚木の行政、厚木市議会定例会・臨時会があればそれについてなど。足早に通り過ぎる人に聞いてもらえるにはどう話そうかと考えながら、身近な事を話したり、たまには詩を読んでみたり。
 また、水曜日の朝は、地域の後援会の皆さんと愛甲石田駅頭でもやっています。

 釘丸議員が視察で不在の日。
 近くにいるだけならという人がいたので、同行をお願いして、一人で駅頭に立ちました。暑い日で、喋っていると、額から汗がたら~り。
IMG_6618.jpg

 いつでも一人でやればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、声をかけて下さる方と話し込んだり、突然相談になることもあり、二人だと、どちらかが対応できるので、宣伝は続けられます。
 また、右翼っぽい人が言いがかりをつけてきたり、変なおじさんがセクハラめいたことを言ってきたりと、結構危ないのです。とても、かよわい女性一人じゃ、やれません。
 
 どなたか、私と一緒に、駅頭宣伝しませんか?
スポンサーサイト
  1. 2009/05/29(金) 12:04:28|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月定例会 一般質問通告

厚木市議会6月定例会の日程
  6月 4日(木)     本会議(初日)
    10・11・12日  一般質問   
    15日(月)    総務企画常任委員会 
    16日(火)    市民福祉   〃
    17日(水)    環境教育   〃
    18日(木)    都市経済   〃
    25日(木)    本会議(最終日)

一般質問は一人50分の持ち時間の中で、質問したり、提案したりできる、唯一の場ですから、皆、力が、入ります。
IMG_5550.jpg

 私は本日、通告しましたので、日時が決まりました。

 6月10日(水)午後1時からです。都合で、多少前後することもあります。
通告内容は以下の通り。

 (1) 介護保険制度について
     ア 制度の見直しによる問題の現状と課題について
       (ァ) 介護利用者の側の状況はどうか。
       (ィ) 介護を提供する側の状況はどうか。
     イ 制度の充実について
       (ァ) 厚木市としてどう対応するのか。

 (2) 消費者行政について
     ア 消費生活センターの現状と課題について
       (ァ) 相談内容と対応の状況は。
     イ 消費者庁について
       (ァ) 消費者庁が創設されることで、どう変わるか。

 (3) 厚木市立病院について
     ア 新型インフルエンザの対応について
       (ァ) 現状と課題は何か。
     イ 産科診療の再開に向けて
       (ァ) 再開に向けての方策は何か。

                       IMG_5497.jpg

 インターネット中継もされますが、何といっても、その場でその場の空気を感じながら見るというのは、面白いですよ。ぜひ、傍聴においでください。
    
  1. 2009/05/28(木) 10:02:33|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車事故で多発地域に指定されてしまった

 最近、自転車の転倒を見かけることが続いています。今朝は、自転車で転びかけた男小高校生。反応が速かったので、自転車は倒れたけれど、本人は転ばずに済みました。本人、友達と一緒だったので、大きな{セーフ}の仕草で、照れ隠し?

 今年4月10日、厚木市の交通安全対策協議会(会長は市長です)へ、県の交通安全対策協議会(会長は知事です)から通知がありました。

 自転車交通事故多発地域の指定について。前年の交通事故の人身事故に占める自転車関連事故の割合が県平均(26.6%)より高いか、死亡が2人以上になると、指定されるのだそうです。
 厚木は事故率は23.3%とクリアしていますが、死亡事故が2件あり、こちらで指定されたのです。
IMG_5545.jpg

 この2件、深夜に30歳の男性、午後2時に49歳の女性と、子どもやお年寄りではありません。
 事故の状況をみると、車か自転車のどちらかが、もう少し気を付けていたなら事故は起きなかったような状況と思えます。ほんの一瞬の気の緩みや不注意が重大な事故になるというのが、よくわかります。
 5月は、「自転車マナーアップ月間」です。どうぞ、自転車事故には、十分気をつけてくださいね。

  1. 2009/05/27(水) 16:08:59|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模川河川敷のゴミ拾い、その後、シロコロを食べる

 5月24日(日)朝7時半から、「相模川クリーンキャンペーン」。
 6時過ぎ、家を出る直前、突然の大雨。こりゃ中止かと思っていたら、雨が止み、やっぱり行くことに。
 ところが、車がウンともスンとも言わない。バッテリーがあがったらしい。
 なんとか足を確保して河原に行くと、こんな状況。道路ではなく、河原の駐車場。
IMG_5534_20090524213247.jpg

 軍手とゴミ袋を受け取り、傘を差しての、ゴミ拾い。以前よりゴミ袋が小さくなっている。それに取っ手がついていて持ちやすい。
 駐車場のゴミを拾ったけれど、一番多かったのは、何と言っても「煙草の吸い殻」です。何気なくポイっと放ってしまうのだろうが、多くの人がやったらゴミだらけになっていしまうではないか! 
 煙草を吸うなとは言わないが、自分のゴミぐらい自分で始末しろ、と腹が立つやら、吸い殻の多さにあきれるやら。これが、雨で水を吸っていて、袋にたくさん集めると、重いのであります。
 他には、空き缶、お菓子の袋、軍手(バーべキューで使った?)、それに、車のバッテリーまで。
IMG_5539.jpg

 この日、クリーンキャンペーンは、三川合流点と旭町スポーツ広場の2か所。悪天候のなか、2200人が参加し、集めたゴミは430㎏。20年来、休まず参加しているという方に聞くと、「ゴミはずいぶん減っている。みんなの意識が変わってきているのだろう」とのことでした。
 河川ふれあい課に聞いたところ、10年前は6.61t、5年前が3.4t、一昨年が2.63tとのこと、年々減っています。
IMG_5536_20090524213247.jpg
 雨のため、早めの解散になりましたが、その後は、鮎の放流です。旭町では相模川第二漁協、三川合流地点では厚木観光漁協がそれぞれ1万匹の稚魚を準備。子どもたちが川に入って、アユを川に流します。私もやったけど。

 この日は、市外からのお客様がありましたので、飯山の千代乃に「シロコロ」を食べにいきました。11時半の開店前に、もう並んでいます。椅子まで出ています。
IMG_5540.jpg
 白くてぺた~っとした、筒状とは思えない豚の腸。焼くとプクッと膨らんで、まさに「シロコロ」。
 ランチが1500円、量もたっぷりです。お客様には「これがシロコロか。おいしい」と喜んでもらえました。
IMG_5542_20090524213322.jpg

 夕方の雨の中、バッテリーを交換してもらいました。7600円なり。走りはずいぶん良くなって、音も静かになりました。
 車のない生活は、今は、考えられないなあ。
 
  1. 2009/05/26(火) 16:51:52|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

み、水・・・蚯蚓(ミミズ)

 晴天が続いたある日、自転車に乗っていて、ミミズをみかけました。
 歩道に出て暑かったのでしょうね、のたうちまわっていたのです。つつじの植栽のそばで、この取り合わせがおもしろかったので、自転車を降りて、一枚だけ撮りました。
IMG_5525.jpg
 撮った後は、ちゃんと、植栽の土のところに連れて行きました。でも、その後、元気になったかどうかは、わかりません。

 ミミズといえば、うちの子が小学校低学年の時、夜中にオチンチンが腫れて、受診したことがありました。その時、たまたま、泌尿器科の医師が当番で、「ミミズにおしっこをかけませんでしたか」と聞かれました。本人は否定しましたが、とにかく、膿を出すために、台に寝かされ、看護師さんに押さえつけられ、切られました。息子は「ぎゃ~~、たすけて~~~やめて~~~」と喚き、周りの同情を誘っていましたが、次の一言で、空気がかわりました。「やめて~~くすぐったい!」。
 次の日、再受診しましたが、別の医師にも、やはり「ミミズにおしっこをかけませんでしたか?」と聞かれました。
  1. 2009/05/25(月) 13:01:51|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

給食センターを見学

 厚木の学校給食は、小学校23校と、中学校13校で実施しています。
 中学校は平成19年度から給食が始まり、北部給食センターで6800食を一手につくっています。
 小学校は14校が自校式に移行し、現在9校の4500食ほどを南部給食センターで作っています。

 昨日は南部給食センターの見学をしてきました。蒸気が上がり、扇風機が何台も回っています。きちんと検査をした人でないと入れませんので、私は外から見るだけで、現場の湿気や暑さは感じることができません。
 手洗い場があって、作業が変わると手を洗ったり、エプロンを拭いていました。衛生にはずいぶん気を使っている様子です。左奥が配送する場所です。外でトラックが待機。
  IMG_5515.jpg

 Aコース、Bコースに分かれ、2種類のメニューを調理しています。
 大きいステンレスの器具でかき混ぜたり、温度を測ったり、味見をしたり、いろいろな作業が続きます。
 Aコースの献立  まるパン  牛乳
            コロッケ   アスパラソテー
            鶏肉のスープ煮                       
IMG_5516.jpg

 こちらはBコース  ソフトフランス 牛乳
            ほうれんそうオムレツ  ブロッコリーとコーンのソテー
            ポークシチュー 
 出来上がった料理を、学校・クラスごとの食缶に分けます。蓋は二重。大きい釜は斜めにしてから掬っています。
IMG_5519.jpg
 大人数の調理ですから、たくさんで、なんでも大きい。とにかく力仕事ですから、腰に負担がかかります。
  
 事務室前には、小学校の子どもたちから届いたお手紙が、掲示してありました。 「おいしい給食をありがとうございます」で始まって、子どもたちが好きなメニューや給食への思いを書いた作文もありました。
 牛乳のメグミルクの絵に「MEGUMIRUK」とローマ字で書いていた子が何人もいて、微笑ましく思えました。
 メグミルクの文字はこうです(某所の自販機)。IMG_5526.jpg


玄関にポスター。6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」です。
 食べることは 生きること。
IMG_5522.jpg
 安全な食べ物をしっかり選んで、バランス良く食べましょうね。



  1. 2009/05/23(土) 16:57:44|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視察研修、山口へ

 議会各委員会では年に一度、、他の自治体へ、研修に行きます。
 今年の市民福祉常任委員会では、5月12・13日、山口市の次世代育成支援事業を学んできました。
 
 平成15年に「次世代育成支援対策推進法」が制定され、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される社会の形成に資することを目的として、すべての自治体に5年ごとの行動計画を策定することが義務づけられました。なお、この法律は平成27年に失効します。
 厚木市でも、平成17年度から5カ年の前期計画を策定しました。
 特徴としては、いま、最も欠けている地域とのつながりを作りながら、地域全体で子育てを見守り、温かい社会を形成させていくことであるとしています。
 今年度は、22年度の後期計画策定に向け、見直しをしているところです。
IMG_5209.jpg

  今回の視察先の山口市は、平成17年10月に1市4町が合併したため、それぞれの市町で策定していた行動計画を、18年に取りまとめました。さらに、21年3月に新たな行動計画を前倒しで6年間として、策定したものです。
 まず、市役所で健康福祉部児童家庭課から説明を受け、質疑応答の後、現地を見学しました。

 「親と子が 心やすらぐ子育てを 地域で支える まちづくり」との副題がついています。
 「地域で子育て」は国の方針でもあり、厚木も山口も同じです。
 厚木では市が直接運営するに37の児童館があり、平成12年からは午前中にも、親と子が気軽に遊びに行けるようになっています。常に指導員がいて、独自に季節の行事などもしています。また、子育て支援センター「もみじの手」もあり、連日、多くのお母さんと子どもで大盛況です。
 
 山口では、市の委託や助成によって、地域の人たちやNPOが、子育てのつどいの広場を運営しています。地域での協力が難しく、当初の予定よりも立ち上げが少ないということです。
 
 現地見学です。普通の民家を借りて、子育ての広場にしています。
IMG_5386.jpg
 左が山口市の児童家庭課長、右が「キラ・きら」を運営する地域の方です。中は、ふすまを取り払い、畳敷き、柱には、ぶつかっても怪我をしないように柔らかいものを巻いています。5時までということで、私たちが行った時は、一組しかいませんでしたが、広々して、絵本やおもちゃもたくさん、ベビーベッドも2台ありました。
IMG_5382.jpg

 次世代育成支援事業は、子育てつどいの広場だけではありません。虐待、いじめ、交通安全、幼稚園・保育園、学校、思春期、遊び場、世代間交流、国際交流、伝統文化、児童クラブ、親の働き方、男性の子育て、小児医療、、、、、とても書ききれません。
IMG_5395.jpg

 今回見てきた、子育てを地域でというのは、行政がどれだけかかわるのか、考えなくてはならないでしょう。なんでも、行政がやってあげればいいというのでは、子どもも、そして、お母さんも、自分自身で人間関係を作る力が育たないのではないかと危惧します。
 与えられた場で、与えられた事しかできなくなるのではないか。なんでも、人に頼ってしまうのではないか。
 日々、外で、予想外の出来事を経験をすることが、必要なのではないのか?
 空の雲の動き、泥んこの感触、草や木、花や葉っぱや幹や茎や種。虫が飛び、蛙が泳ぎ、鳥が鳴き、、、、、、たまには喧嘩も。外でしか、経験できないものがたくさんあるのに、晴れでも雨でも建物の中で、おとなしくしているのは、つまらない!―― と私は思うのですが。
  1. 2009/05/17(日) 16:58:39|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市も 発熱外来を開設

 ついに先日、日本でも、豚インフルエンザの事例が発生しました。水際で食い止めるために、厚生労働省は、様々な対応をしています。関わっている職員の皆さんは、本当に休みなしのきつい業務をこなしていることでしょう。です。でも、今やらないと、全国に広がってしまう危険は大きく、ご自身の体もいたわりながら、対応をお願いするしかありません。

 厚木市でも、市立病院が連休前に、発熱外来を開設しました。
 駐車場の奥にある、学生さんが着替えや休憩等に使っていた建物を、完全に発熱外来として開設、看板も大きく出しています。また、感染病棟は、東病棟の1階のリハビリの患者さんを他病棟へ移し、完全に感染病棟に切り替えました。

IMG_5321_20090511182149.jpg

 今のところ、受診者はいませんが、感染者と同じ飛行機に乗っていた人のうち、神奈川県の人もいるとのことですので、厚木でも、気を許すことはできません。

 市内では、対応できるのは市立病院だけです。自治体病院の意義が、ここにあるということです。
 病院だけでなく、消防署でも、今回のためだけではありませんが、感染者用の救急車が、準備してあるそうです。コーティングしている防護服のセット、上衣とズボン、手袋2種、マスク、それにゴーグルと靴カバー。
 市役所にも、感染者対応のための防護服セットが、10人×30日分、用意してあります。

 新型インフルエンザが、世界に、日本に、厚木市に広がらないことを願い、皆さんも、うがい・手洗いの励行を。
  1. 2009/05/12(火) 06:34:45|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き抜く白百合ー母子福祉大会

 「母子及び寡婦福祉法」は社会福祉六法 のひとつで、母子家庭等及び寡婦に対し、その生活の安定と向上のために必要な措置を講じ、もつて母子家庭等及び寡婦の福祉を図ることを目的としています。昭和39年につくられました。当時は「未亡人」が主体となっていたようです。
 現在、この法でいう「母子等」とは、母子と父子のこと。
IMG_5210.jpg
 
 5月10日(日)、母の日に、厚木パートナーセンターで厚木市母子福祉連絡協議会の「第37回厚木市母子福祉大会」が開催されました。
 会長のあいさつでは、県の補助が少なくなり、昨年は行事が一つしかできなかったこと、他の行事に参加するの人数が限られていたことにも触れ、現在の厳しい経済環境の中でも、手をとりあい、明るく生きましょうとの言葉がありました。

 プログラムの最後にあったのが、「生き抜く白百合」という歌が。

    1  険しき山路の 白百合は   雨にも風にも 耐えて咲く

       気高く清らな 花のごと    浮世の波に 生き抜かん

    2  のび行くわが子に 亡き人の 面影見えて いとおしく
      
       茨の山路は つづくとも    手と手をつなぎ いざ行かん

    3  黒雲空を おおうとも     いつかは洩れる 陽の光

       冷たき冬来れば 春近し   青い小鳥よ 窓になけ 



 古風な歌詞ですが、作詞は、石黒幸市さん。全国母子福祉団体の初代会長で、作曲の森一也さんとのコンビで、島倉千代子の「母子音頭」という曲まで作っていたのには、ちょっと、驚きました。





  
  1. 2009/05/11(月) 19:28:57|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青パト、一挙に16台増える

 5月8日(金)10時から、厚木市役所南側駐車場で、「青色回転灯搭載公民館車出発式」が行われました。
 雨の中、「防犯 パトロール実施中 厚木市」と印刷してある紙を、車の前部に貼り付けています。
IMG_5326.jpg

 開式直前に、雨が止み、一斉に外に出て並んでいる協働安全部や公民館、自治会関係の皆さん。
市内には、現在警察署の赤パトが6台、ミニパトが12台の18台があります。市の青パトは4台ありましたが、今回のすべての公民館車16台とあわせ、20台になりました。これまでも、市民からは「青パトが、地域をよく回っている」との声もありましたが、今後は、一層各地で見かけることが多くなります。
IMG_5327_20090511115129.jpg

 青パトは、ちゃんと講習を受けた資格者だけが運転できます。公民館車を運転する人は、皆受講し、公民館だよりを配布するときなど、いつでも回転灯をつけて走れるそうです。
 青色回転灯をつけているからと言って、特に警察のようなことができるのではありませんが、市内を縦横無尽に走り回ることで、犯罪の抑止に力を発揮します。
 IMG_5334.jpg
 厚木市の犯罪数が、昨年同期(1~3月)と比べると、12%強も少なくなっているそうです。青パトが市内各地にあることで、さらに、犯罪の少ない街になることを期待します。

 経済不況になると、犯罪が増える傾向があります。犯罪をなくすには、生活が安定していることも必要です。経済、福祉の面でも、行政が市民の安心を保障しなくてはなりません。
 ただ、犯罪抑止には、市民一人ひとりの地域に対する関心と行動も、大きな力になります。行政だのみではない、地域の力をつけていくことも大事です。
  1. 2009/05/11(月) 13:03:15|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振り込め詐欺メールに電話をしてみた

 ある日のこと、釘丸議員に一通のメールが届きました。

発信は (株)ファインド○○○○

この度、お客様がご使用の以前ご登録いただいた【総合情報サイト】から無料期間中に退会処理がされていない為に、登録料金が発生し現状未払いとなった状態のまま長期放置が続いております。
本通達から翌日の正午までにご連絡を頂けない場合、認可ネットワーク認証事業者センターを介入し、発信者端末電子名義認証を行い利用規約に伴い、お客様の身辺調査に入らせていただきます。
退会処理、料金の詳細につきましては下記までお問い合わせ下さい。
TEL 03-○○○○―○○○○
担当  ○○
営業時間9:30~19:30迄
尚、ご連絡なき場合明日の正午より手続き開始となりますのでご了承下さい。

P5092370.jpg

こんな文章でした。
明らかに、架空請求です。普通は、完全に無視してしまえばいいのですが、どんなものか知りたかった私は、市役所共産党控室の電話で、連絡しました。


 いま、メールが来たんですが、どういうことですか?
  ―― 1年以上の長期未納になっています。支払わなければ60万円以下の少額訴訟になり、民事の裁判となり、40~50万円になります。お客様の携帯番号を教えて下さい。

 言いたくないんです。名前で調べられませんか。いま、自宅からです。
 ―― 会社の業務規則で、名前は調べられません。同様の案件をたくさん抱えているので、名前ではわかりません。
 
 どうすればいいんでしょうか?
  ―― 解約は無料ですが、一括請求で、13万8千円を本日中にご用意して、5時までに郵便送金してください。用意ができたら私の携帯に電話して下さい。(と、番号を教える)

 お金が6時すぎないと準備できないんです。
  ―― ローソンかサンクスでエクスパックを買って送って下さい。宛先は、その時に教えます。
IMG_5337.jpg

 用意ができました。
 ―― では、12ケタのお客様番号を教えて下さい。
宛先は東京都新宿区下落合○ー○ー○  ○○ビル3F(株)○○○○○システム 
電話は03-○○○○ー○○○○
品名は「書類」と記入して。
IMG_5338.jpgIMG_5339.jpg

 現金は入れないでと書いてあるんですけど、いいんですか?
 ―― 大丈夫です。書いたら、すぐ、ポストに入れて下さい。お客様番号を依頼主に伝えます。郵便局に着くと連絡が取れます。確認が取れたらご自宅に電話します。後で、和解証明の文書を送ります。


と、こんな具合です。どう考えたって「振り込め詐欺」なんだけど、この詐欺師、いかにも「引っかかってきたぞ」という感じの嬉しそうな調子で話すんです。こちらも可笑しくてならないわけです。個人の電話番号は教えないし、偽名を使っていますから。

 実は、この会話、後半は警察OBの方と一緒にいたときのものです。うまくいけば犯人を捕まえられるのではないかということでやってみたのですが、来ませんでしたね、やっぱり。

 もし、このブログを見て、自分もやってみようと思った方、騙したつもりで、騙されているかも知れませんよ。最近は、神奈川でも、詐欺師を騙して捕まえるのが増えていますからね。
騙すほうも、騙されるほうも、ご用心ご用心。
   
 

 
  1. 2009/05/09(土) 20:55:16|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父ちゃんの作った餃子

 長崎生まれの夫は、結婚したばかりの頃、ほとんど家事をしませんでした。
 結婚23年目の現在では、アイロンも掛けられるようになりました。
 週に一度ぐらい、休日に夕食を作ってくれます。

 ある日、夫は餃子をつくりました。息子の指導のもと、具を包んだのだそうです。息子曰く、「最初はひどかったが、やって見せたら、できるようになった」と。焼いたのは、息子です。
IMG_5117.jpg

 たいていは、カレーライスを作ります。それも、なぜかビーフカレー。
 あんまり、カレーばかりなので、子どもたちから文句がでました。
 
 で、次に作ったのが、ビーフシチュー!
 またしても、子どもたちから、違うのが食べたいとの意見が続出。
 
 で、「スパゲッティにする。」というので、楽しみにしたら、何と「ビーフシチュースパゲッティ」!!
 子どもたちは、さらに、苦情をいいました。
 
 そこで、つくったのが、ミートソーススパゲッティ。
 喜んで食べたら、なんと、カレー味でした。

 息子曰く、「ここまで来ると、才能だな」。

 で、ついに、息子の指導が入ったというわけです。
 餃子の中身は、豆腐ではありましたが、嬉しいことにカレー味ではありませんでした。
 
  1. 2009/05/08(金) 11:19:44|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にぎわいストリートフェスティバル

 5月5日のタウンモールの完成式典にあわせ、5・6日と「にぎわいストリートフェスティバル」が開催されました。タウンモールは、地図の太線のところ。
   ラオックスの角と昨日書いたら、何と、6日、ラオックスは閉店。
IMG_5264.jpg
IMG_5290.jpg

 タウンモール近辺の数か所で、いろんなイベントがありました。 
 人力車は、1回100円。引き手のお兄さんによると、浅草からきたそうですが、そちらでは1回3000円とか。道交法では、軽車両ということで、自転車と同じです。引き方によってはガタガタするそうで、実演してくれました。確かに、違う。お兄さんの運転は、とても滑らかでした。
IMG_5280.jpg
 右のドピンクのジャンパーのおじさんは、商業にぎわい課長です。あのジャンパー、いつか私も着てみたい。

 市役所南側の大手公園では、地域作業所が出店のアート楽市。バッグ、石鹸、アクセサリーなど。在庫処分という100円陶器も。作業所の製品は丁寧につくっていて、使い心地がよい。それに、お菓子もとっても美味しいのです。
IMG_5319.jpg
  1. 2009/05/07(木) 08:54:53|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨天のフードバトルに 13万5千人

 5月5・6日、昨年に続き『神奈川フードバトルinあつぎ』が開催され、連日に雨天にもかかわらず、2日間で13万5千人が参加しました。フジテレビの取材もあり。
IMG_5261.jpg

 会場の厚木公園は、屋根つきのステージがある4300㎡の広さの公園です。ここに、1日7万人が来るということは、それはもう、大変な混雑です。10時販売開始ですが、もうその前に長蛇の列。10時30分には、富士の宮焼きそばが3時間待ち!なんてこった!!

IMG_5283.jpg

 お腹を空かせた釘丸さんは待ち切れず、列の短いところを探し、短時間で食料を確保。「そいう執念がなきゃあ、人間生き延びられないよ」との貴重な言葉が、食後に出てきました。

 中間発表では   1位  海老名のとん串
             2位  豆腐でんがく
              3位  シロコロもつ煮
 最終発表は、何と、前日と同じ。昨年金賞の「豆腐でんがく」、金賞を目指し客に投票券を配る「シロコロもつ煮」、共に逆転ならず。
IMG_5317.jpg
 大勢の人が食べたら、当然、ごみも大変な量。日に何度もゴミの回収。
IMG_5293.jpg
 厚木市では今年の10月から、ごみのシステムが変わります。廃ぷらなどの分別に取組、ごみをへらそうとしています。来年のフードバトル、秋のB-1グランプリでは、今回のようなゴミの出方にはならないはずです。
  1. 2009/05/06(水) 18:40:13|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリアフリー、無電柱化のタウンモール、完成

 5月5日、厚木中町(なかちょう)公園で
『タウンモール道路整備完成記念式典』
 が行われました。
 まちづくり事業部長は「誰もが安心して、安全に歩ける道路」と、市長は「公共空間を人にやさしい空間に」と話しました。
 IMG_5265.jpg
 くす玉開被。先日、某イベントでなかなか割れず大変だったので、ハラハラしながら見ていましたが、この日はパッと割れて、皆安心の笑顔!
 ついでに。後ろの大道芸の背高足長のお兄さん、準備中に覗いたら、化粧の真っ最中でした。後で、その変身ぶりに驚いた!

 この中心市街地は平成17年に国の「スーパーモデル地区」の指定を受け、道路のバリアフリーと無電柱化を進めてきたものです。
 中町2丁目(バスセンター向かい側)から、市役所本庁舎裏の大手公園手前、そこを左に折れて、はとぽっぽ公園を左に見ながら、ラオックスの角までの、580m。保水性の舗装で、両側に側溝あり。総事業費は6億4千万円。

 両端の白線は、運転者の注意を喚起するために、わざと、真っすぐにしないのだそうです。
 以前は、かなりでこぼこで、私たちは「パッチワーク道路」と呼んでいましたが、ずいぶん滑らかになり、歩きやすくなりました。他の自治体と比べても、厚木市の道路は、かなり整備されています。
IMG_5278.jpg

 道路を含め土木関係に市税を使わずに、福祉に使えという声もありますが、自分で車いすで歩いてみて、福祉のためにも道路整備は必要であると、実感しています。
 もちろん、不要なものはすべきではありません。安全で快適なまちづくりとははっきり区別すべきです。

 ちなみに、平成21年度予算では、土木費110億7399万円、民生費つまり福祉は221億2016万円です。
  1. 2009/05/06(水) 15:22:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年のメーデーは、派遣切りに言及

 5月1日はメーデー。日本だけではありません。
 労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカから。 当時は、1日12時間から14時間労働が当たり前。そこで、「1日24時間のうち、8時間は仕事のために、8時間は休息のために、そして残りの8時間は、自分たちのために」と、8時間労働を労働を要求して始まりました。

 第80回厚木地区統一メーデーは、厚木公園(はとぽっぽ公園)です。
IMG_5189.jpg

 来賓挨拶で、釘丸議員。
 1920年に始まった日本のメーデーの要求
 「失業の防止を」
 「人間としての生活を保障する最低賃金の保障を」
これが、現在の要求と同じであると話しました。

 IMG_5179.jpg
 
 非正規労働者の使い捨てが横行し、働いても働いても生活できず、若者が将来に希望を持てないような賃金で働かされている現実。
 アメリカでは、そのような若者を軍隊に引き入れて、世界で人々を苦しめている。
 日本国憲法の第9条を変えて、日本が戦争のできる国にしようともする人々は、ここでもアメリカ追随をしようというのか。

 プラカード・コンクールもありました。
 平和は、みんなの願いです。
IMG_5190.jpg

 世界各国では、メーデーが祝日になっています。日本でも、そんな動きがありましたが、、、、、。
4月29日・昭和の日、5月3日が憲法記念日、5月4日がみどりの日、5日はこどもの日。これがもし、5月1日に労働の日にでもなったら、祝日と祝日に挟まれた日も祝日になるので、4月30日と5月2日も祝日になり、その結果、少なくとも7日間の連休になってしまうのです。
 今の日本で、1週間も役所が開かなかったら、困るでしょうね。
  1. 2009/05/05(火) 22:52:27|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

校舎のガラス割られ、心配してきた卒業生たち

 今朝6時15分、厚木市立玉川中学校で、校舎のガラス111枚が割られていたのを、部活動のために出勤した教師が発見、校長に連絡し、警察に届けました。議員にも、教育長からその話がありました。
 私たち日本共産党厚木市議員団は、早速、現場へ。

 校門の外からはわかりませんが、中庭の1階、職員玄関のガラスなどがこの通り。生徒がいつでも使えるようにと置いてある掃除用のモップなどの柄で壊したようです。割れずに、突いたように丸くヒビが入っていたところもありました。教職員、市役所職員が既にガラス等を片付け、紙や板がはってありました。明日には、業者が修理するそうです。
 いったい、誰が、何のために、こんなことをしたのでしょうか?
 以前、市内の別の中学校でもガラスが割られる事件がありましたが、犯人はわかっていないのだそうです。
 IMG_5266.jpg

 テレビで見たという卒業生が二人、心配して、見にきていました。私たちが中に入ろうと靴を脱いだら、「ガラスがあって危ないから、気をつけてください。」との言葉。
 校長と話して帰ろうとしたとき、、「母校がこんなことになって、じっとしてられなくて来た。」と言いながら校長先生に駆け寄って行った、別な二人の卒業生。
 校長は、「ありがとう。心配してくれて。」と迎えます。

 ひどい状況を見にいったはずが、思いもかけず、子どもたちの素敵なところを見ることができました。大変なことがある中でも、それを乗り越えるだけの力が、子どもたちにしっかり育っているのだと、感激して帰ってきました。
IMG_5246.jpg

 先生方は、今晩泊まり込みするそうです。

 
  1. 2009/05/05(火) 15:19:45|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェイプアップ・カルテを下さい

 3月までは、環境部に「温暖化防止担当部長」がいたのですが、4月からは「環境みどり部」の「温暖化防止担当次長」が担当します。
 CO2削減のいい方法はないかな、などと電気自動車の話やらしているうちに、私にも「シェイプアップをしろ」という話になってしまいました。
 もちろん、電気のシェイプアップです。

 分電盤のコードに器具を取り付けて、一定以上の電力を消費すると、音声で知らせるというものなのだそうです。左下のものをリビングなどに置いて、3ヶ月間電力量を測ります。
 この「省エネナビ」は、市で貸し出しをしています。ご希望の方は、環境総務課へどうぞ。
IMG_5120.jpg
 
 事前に電力会社にシェイプアップカルテ(過去2年間の月ごとの電力使用量)をもらってから、市の環境総務課に器具を借りに行くのです。で、設定をしてもらってから自宅に設置。
 申込みはしたけれど、準備はできていないので、連休中にでも準備をしようかな。我が家はどれだけシェイプアップできるか、不安のほうが先に立つ。
 うちの場合、子どもの夜更かし対策に夜9時消灯とか時間を決めて、使用料の制限をできるといいなあとも思うのですが。

 私が子どもの頃は、夜はテレビが砂の嵐だったし、コンビニなんてないから、夜の買い物なんてありえなかった。子どもは元気に外で遊ぶものだった。
 時代とは言え、便利になりすぎて、大事なものをたくさん失っている、今も、どんどん失いつつある。
 私ひとりぐらい、とみんなが思ったらどうなる?
 一人ひとりができることはあるし、政治がやるべきこともある。 
 
  1. 2009/05/01(金) 08:28:03|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0