丸くて、甘くて、辛い、楽しみ!

 釘丸議員は、よく、おやつを買ってきます。
 「今日はきっと、栗山さんは疲れてるだろうな~。」「今日はきっと栗山さん、おなか空いてるだろうな~。」と、私のせいにして、買ってきます。
 この日は、市役所近くの「雷神堂」というお煎餅屋さんから、文字入りのものを買ってきました。

IMG_4307.jpg

 インフルエンザで学校を休んでいる、うちの子どもの分まで買ってきてくれました。
 
 厚木では、学級閉鎖が出ています。
 予防には、うがい、手洗い、それにマスク。
 栄養と睡眠、しっかりとりましょうね。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/26(月) 18:34:41|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その翌朝の、ごはん

 アメリカでは、初の黒人大統領誕生。世界中が「変わること」を期待しています。
 
 で、オバマ大統領就任翌朝の、うちのごはんがこれ。
 白い米、黒い米、茶色い米が入っています。たまたま、前日に黒米を炊いたのが少し残っていまして、この日炊いた発芽玄米入り胚芽米を見て思いついたのです。
 白人も、黒人も、他の色んな人もいる、人種のるつぼ・アメリカではないかと。
IMG_4301.jpg

 で、子どもに、アメリカ大統領の話などしながら、食卓に出しました。
 すると、「何だ、この大豆パラダイスは?」と言われ、よく見ると、味噌汁の具は豆腐と油揚げ。

 毎日の食卓と、政治は直結しています。              

               安全な食料を 日本の大地から!
  1. 2009/01/23(金) 20:10:15|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

朝日新聞・声欄に

 1月から2月にかけて、12月議会報告会を市内各所で行っています。
 その時、参加者から「朝日新聞の声欄に載っていた」と言われて見たら、あるではないか、1月16日の朝日新聞朝刊に。以下の通り。
IMG_4292.jpg

            若者に薄れた反共の固定観念
「ルポにっぽん 失職…そこに共産党」(11日朝刊)を読んで日本の社会もようやく変わりつつあると感じました。
 かつて近所のおばあさんが「わたしは共産党が街頭演説しているときは、おっかないから裏道を通って帰る」と話しているのを聞いて苦笑したことがありましたが、戦前、共産党は軍部や政府から目の敵にされ、「アカだ」「恐ろしいから近づくな」という宣伝が国を挙げてなされたため、多くの国民は意識の中にそうしたイメージを刻み込まれてきたのです。60年以上もそれを引きずるおばあさんの言葉を聞いた時、国家がはるレッテルの怖さを感じました。
 討論番組を見ても、つい最近までは共産党の議員が発言するたび「また共産党か・・・」と冷笑する議員が映される場面が多く、「国民の声を代弁していいことを言っているのにどうして?」という思いを無党派層の私でも持っていました。
 しかし今は「いいものはいい」と、特に若者の意識が変わり、レッテルに惑わされなくなりました。国民こそが主人公だと自覚し、いい国を作っていきたいものです。


IMG_4289.jpg

 同感です。戦後、レッド・パージで共産党が国から攻撃されたこと、それが、今の尾をひいているというのは、本当に恐ろしい。
 レッド・パージの不当性を考えるとき、おもいうかべるのが、織田信長のキリシタン弾圧や、比叡山の焼き打ち。宗教と政治という違いはあるが、時の権力者にとって都合が悪いことはすべて「悪」にされてしまってきた。そして、実は今になってみると、決して「悪」でも何でもないといことがわかる。
 イスラエルとガザとの関係も、それぞれの思いが通じないのが、被害を大きくしているのではないのだろうか。
 人間は、なんて欲の深いものかと思う。
 以前、吉野ガ里に行ったとき、甕棺の中に首を切られた貴人の遺体があったが、物を所有したいがために争いが起きた、その犠牲者。2000年経っても、人間はまだ争いをやめることができずにいる現実に、21世紀こそ、戦争のない時代にと願ったものだ。
 しかし、世界各地で、争いがおき、それを望まない人々が、数多く、死んでいく。
 共産党は、党をつくって今年で87年、平和と民主主義を貫いてきた。

 今年も、がんばるぞ!
 
  1. 2009/01/22(木) 11:59:20|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマセミ

 またまた、知人が写真をもってきました。

 日曜日、なんと ヤマセミ の撮影に成功したそうな。厚木かと思ったら相模原だそうで、場所は秘密だと、教えてくれませんでした。
 その日、新年会で隣の席の人が「カワセミは見たことがある。一度、ヤマセミを見てみたい」と言っていましたので、そのタイミングに驚きました。
 昨年暮れ、ある人のお宅に行ったときに、「夫は、宮ガ瀬に鳥を見に行っている」ときいて、私のブログ(恩曾川・玉川のカワセミ)を彼女のお宅で見せたことがあります。帰ってきたご家族にまで、見せてしまいました。
 野鳥観察の好きな人って、結構、多いのですね。

IMG_6821_2_1.jpg

 私も、ヤマセミは一度だけ、岩手の山で偶然にも飛んでいるのを見たことがあり、40年近くたった今も、その衝撃は忘れられないでいるのです。
  1. 2009/01/21(水) 12:46:41|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

路上に看板、これいいの?

 先日、本厚木駅近くを歩いていたら、道路に風俗店の看板が。
 道路管理課に聞いてみると、ここは県道なので、県の担当者と見に行ったそうです。
 屋外広告ですが、「屋外広告物法」には該当しないようです。「神奈川県屋外広告物条例」では10㎡以上の広告物を規制しています。でも、道路の不法占拠!
IMG_4281.jpg
 ピンクの看板は、植栽の中で通行の邪魔にはなりませんが、もう一つは、明らかに歩行者の邪魔になっています。

 この近くでは、そんな看板は見当たりませんでした。
IMG_4286.jpg

 昨春、車椅子で町並みウォッチングをしましたが、道路に出ている看板の多いこと、放置自転車とあわせて、本当に、通行の妨げになっていることがよくわかりました。

 市が指導して引っ込めても、またすぐ出して、いたちごっこだそうで、広告したいのもわかるけど、その看板で怪我をすることがあるのです。

 ちなみに、条例に基づく申請は、厚木市では約5200件、意外と少ないようですが、規制外の広告物も多くあるのです。

 たとえば、私の個人所有の車には、共産党のポスターを張っています。これは、この条例の規制外で、選挙管理委員会では、問題なしということです。
IMG_4288.jpg
 このポスターを貼ったら、駐車場で自分の車を見つけやすくなったのと、人を迎えに行くときに、見つけてもらいやすくなったという大きな利点ができました。
 ちょっとだけ目立つので、通行人の視線を感じることもあり、悪い(?)ことはできないな、というのもありますが、、、。
  1. 2009/01/20(火) 16:41:48|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民防災研修会、講師は小千谷市から

 1月18日(日)、厚木市文化会館で「平成20年度市民防災研修会」が開催されました。
副題は~災害に生かせ、自治会の総力~、講師はNPO法人防災サポートおぢや会員で、新潟県小千谷市自主防災組織連絡協議会会長でもある 風間久司さん。元消防長で、震災時は町内の防災会長。 
 実体験にもとづいた被災後の住民の協力のあり方、また、いざという時のために、日ごろから何をすべきかという内容でした。

 まず、会場に質問。
  ・ 東海地震等は来ると思うか? ―― これには、ほぼ全員が挙手

  ・ その地震に対して、何か準備をしているか? 
    ―― これには会場ちょっとざわつきながら、しっかり手を挙げる人、 
半分ぐらい手を挙げる人、、、
     大方の人は何かしているようです。最も、参加者の多くは、自治会役員さんが多いので、一般の方よりは関心があるところでしょう。

IMG_4284.jpg

 実体験だから、説得力がある。震度6がどれくらいかとの説明に、舞台で四つん這いになってみせ、「こんな状態で、とても避難できない。火も止められない。」と。
 何日も震度5が続き住民の不安が募る、小さい子どもちは恐怖が続く。
 町内の避難先の境内では、鳥居が壊れ、狛犬や大木も倒れそうな状態。地震時に境内内が避難所として正しいのか?との疑問も。 何もない野外の駐車場が避難先になった。
 避難所で、一番大変だったのが、トイレ。一人2ℓのペットボトルの水では足りなくて、川から水を汲んで流す係を決めて、トイレが使えるようになった。
 「応急危険度判定」(建築技術者を対象に知事が認定登録)と、「被害調査」(建築物の資産価値的な面を市町村が調査)との違いがわからなくて、住民が混乱したこと。
などなど、実に様々な問題があったそうです。


 防災組織の基は、ものづくり・しくみづくり・ひとづくり。中でも、自分たちで地域を守るという人を作ることが大事だとのことでした。
IMG_4283.jpg

 備えあれば憂いなし ― といいますが、日頃から、防災について心がけ、準備していくことが必要であり、被災時には、いかに人の活動が大きな力になり得るか、大いに納得できた研修会でした。 
 
 
 
  1. 2009/01/19(月) 16:07:50|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人式「はたちのつどい」

 厚木市の新成人は昭和63年から平成元年生まれの2千5百人、12日の成人式に出席したのは千7百人ほど。新成人10人の実行委員会が企画運営。一番盛り上がったのが、恩師からのビデオレター、席が中学校ごとになっているので元担任が出るとそこから歓声が沸き起こります。議員席からも「○○先生だ。なつかしい~」の声が。

IMG_4253.jpg
これは市長・議長とのミニトークの様子。

 新成人による出し物は、

大衆演劇で「浪速恋しぐれ」、右が新成人、左がお兄さん。
IMG_4256.jpg

オペラ「椿姫」から「ハバネラ」、声楽家の卵。
IMG_4257.jpg

この取り合わせがおもしろい。幅広く活躍している新成人に脱帽です。
最後は実行委員が舞台に勢ぞろいで、1本締め!

 この日、文化会館の池に飛び込んだ二人、服を脱いでも、ちゃんと水着を着ていたのだそうです。
 
 午前の部と午後の部の合間に、文化会館前では厚木市共同行動委員会により「すみやかな核兵器廃絶を」署名宣伝が行われました。私も短時間だけ参加。今年は、若者の関心がこれまでになく高く、平和や労働、特に派遣切りなどが話題になったそうです。
  1. 2009/01/15(木) 15:57:25|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火のしまつ 君がしなくて 誰がする

 今年の消防出初め式は、1月11日(日)に荻野運動公園で行われました。
IMG_4215.jpg

 式典では功績・功労表彰などの表彰。アナウンスの「お名前を呼ばれた方は、駆け足で集合してください」に、成程さすがは消防団と感心したのでした。戻るときも駆け足です。来賓祝辞で「災害現場の第一線で献身的な活躍をし、命と希望をつなぐ消防」という言葉もありました。
 
 その後は古式消防保存会のまとい振り、はしご乗り。IMG_4221.jpg

 
 消防署は「中高層の建物火災での救助と消火」の演技
15mの高さの体育館の上から煙がモクモクとあがり、屋上で人が助けを求めています。
IMG_4231.jpg
              IMG_4236.jpg
投げ上げたロープを操作し担架を下ろす。
IMG_4238_20090114122402.jpg
ちなみにその道具は「救命索発射銃(きゅうめいさくはっしゃじゅう)」といい射程距離80m、ビルの上だけでなく川の向こうにも届くそうです。
 
 自衛消防隊消火競技会最優秀チームによる演技では、屋内消火栓操法の女子の部で厚木市役所から3人。今年の夏からチームを組み、消防本部の訓練をうけ、自主練習をしながら臨んだそうです。「初めは慣れなくて戸惑った。練習をしていくうちに型を身につけ、このようにして、イザという時あわてないでできるのだと思った」そうです。
IMG_4227.jpg

 皆さんは、避難訓練、してますか?
  1. 2009/01/14(水) 12:28:07|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの雨

 年末年始はずっと天気が良くて、だんだん空気が乾燥してくるのが感じられました。
 風邪予防には「うがい・手洗い・マスク」が有効だそうで、マスクを使い始めたら、やっと、雨。
 
 この日、消防署へ行った時の車内からの写真です。
IMG_4213.jpg

 最近、連日火事でなくなる方のニュースが多く出ていました。厚木では年末年始、特に火事が多かったわけではないとのこと。
 救急車の出動もあったけれど、昨年は、例年よりも何と500件も少なかったそうです。タクシー代わりに救急車を使わないでとの周知がされてきているのかとも思います。
 緊急性の低い患者さんが救急車を利用しなくてもいいように、厚木市では一作年の10月から患者等搬送事業の認定を行っています。現在、3社が認定を受けています。

 でも、必要な時は、救急車の利用を。その見極めが素人には難しいかな?
 
  1. 2009/01/10(土) 19:10:30|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日比谷公園の「派遣村」

 今日は、釘丸議員と共に、日比谷公園の「派遣村」へカンパを届けに行ってきました。
 非正規労働者の解雇等により、職も住まいも失った人への緊急対応のため、NPOや労働組合などが実行委員会をつくり、相談窓口を開設し、炊き出し、寝泊り場所の用意をしています。
 昨年の12月31日から、明日5日までの短期間ながら、何百人もが村民登録。この様子は、マスコミでも連日報道されています。上の明るく青い空を、ヘリコプターが旋回。

 穏やかな池の向こうに見えているのが、テントです。 
IMG_4161.jpg

 
IMG_4165.jpg




 カンパ受付は中にあり、ここの横では、昼食のおにぎりと、汁物が配られていました。長い行列の後ろには「最後尾」「撮影禁止」。
 この写真は、実行委員会に人に「看板だけ」ということで撮りました。
 
 





あれだけの人数がいて、こんなに会話もなく、静かな場所。
 このままで、ニホンはどうなるんだろうという、恐ろしさ。

 この後、近くにある厚生労働省の建物もみてきました。中には入れませんでしたが、国の支援が必要であると、本当に実感しました。
 
 昨年ノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン氏が、経済と政治の関連について書いています。経済が主導するといわれているが、実は、政治が大きく経済の流れを作っていくということ。
 政治は誰がやっても変わらないという人がいますが、決してそうではないと考えます。

 中身を変えようと本気で国民が考えていけば、変えることはできます。
 安心して働ける社会にしていかなくては。

 今年は、衆議院総選挙がありますからね、皆さん!!

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ


  1. 2009/01/04(日) 21:55:29|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初日の出・初日の入り

 2009年が始まりました。 
 
 昨年は、世界中が経済危機に陥り、今年もいっそうの深刻さが予想されています。
 経済も、あざなえる縄の如し。
 今年は、衆議院総選挙の年。政治の中身を変えるチャンスです!

 今年の初日の出、。我が家の近くの恩曾川にかかる、子(ね)の神橋から。
IMG_4145.jpg
 IMG_4148.jpg

その隣にある、八反田(はったんだ)橋から見た、カワセミ。
 ヒバリも、カルガモも、セキレイも、サギ(ダイサギ?)も、いました。
 市民の多くが、自然の豊かな厚木を求めています。


IMG_4151.jpg(仮)温水西交差点そばのヨモギ。白い縁取りは霜です。
 ここの交差点の改良工事が、もう間もなく着工されます。私が一昨年夏の選挙で、地域への公約としてきた所です。
 道路工事は、住民から見たら、なかなか進まず不満のあるところですが、お金もかかるし、地権者の協力が必要ですし、神奈川県警からの許可もとらなきゃいけない。

 そして、2009年1月1日の日の入り。この右には、大山の頂上。
 「長靴下のピッピ」という本の中に、帰りたくない友達に「今日帰らないと、明日また遊べない。」と言う場面があったと記憶しています。
 今日の日を見送り、明日を迎える毎日。

 今年が、皆様にとって、よい年になりますように。

IMG_4159.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ


  1. 2009/01/01(木) 21:09:35|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0