厚木市自治基本条例フォーラム

 9月27日(土)、厚木市文化会館で、「厚木市自治基本条例フォーラム」 が開催されました。
 自治基本条例とはどんなものなのか、市民の理解を深めるために。 
 会場は満員、別室でモニターでも視聴していたそうです。議員の参加は、28名中10名強。
 
 フォーラム前半は 「市民と作る自治基本条例」 と題して、立正大学法学部教授・山口道昭氏が基調講演。
 自治体の最高規範であり、住民自治を進める。市民と行政が、対等なパートナーの関係であり、共同して事業を行う。議会は、住民の代表、行政と並ぶ自治体の機関?住民投票はどうするの?
 市民の、市民による、市民のための厚木市を目指す。制定にも市民が参加。
 
IMG_3134.jpg

 8月に「厚木市自治基本条例の制定を考える市民会議」を立ち上げ、会議は月2回ペース。
 まだ、形はできていません。
 後半は座談会 「自治基本条例を語る」。写真左から、
  
  コーディネーター 関東学院大学法学部教授で、当市の専任委員でもある 出石稔氏
  参加者は 多摩市の条例案制定メンバーだった 白鳥光洋氏
         厚木の市民会議メンバー       瀧見ひろ子氏
         厚木市長                 小林常良氏

 実際に制定に携わった白鳥さんから、検討の流れ、条例案を市民がつくったこと、市内部での検討に1年以上要したこと、その間市からの情報がなくメンバーの熱気が冷めたことなど、今後の厚木市での制定にあたって、具体的な注意すべきことなどが話されました。
   
IMG_3136_20080929194650_20080930122509.jpg

 地方分権がいわれ、行政、職員、市民、議会、それぞれの役割が以前とは大きく変わりつつあります。国から押し付けられた 分権でなく、本当の地方主権になるよう、また、政治による住民の困難を解決すべく、みんなの力で、国や地方の政治の中身を変えていきましょう。
IMG_3137.jpg
 
 ところで、小林市長は今年の初めに、「自治基本条例」制定 WHO(世界保健機関)の「セーフコミュニティー」認証取得 を目指すと宣言しました。どちらも、大事業です。並行してやるのだそうです。ほかに、厚木市では 「新総合計画」 「都市マスタープラン」も作成中でして、いや~、大変でしょうと、思うのは、私だけ?

 
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ


 
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/09/30(火) 10:50:47|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本厚木駅頭で街頭演説

 金曜日の夕方は、議員団の駅頭宣伝。9月26日は、解散総選挙が近いということで、1時間半にわたる街頭演説。後援会の皆さんのリレートークと、衆議院南関東ブロックの比例代表予定候補のむねた裕之さんの演説。
 むねたさんは、ポスターより実物のほうが男前だと思います。他の人もそう言っていました。忙しいところ駆けつけて、今の政治情勢と、政治の中身を変えるために日本共産党への支援をと、熱くさわやかに訴えて、さわやかに電車に乗って帰って行きました。

IMG_0591_1.jpg

 進行は私。話す人の紹介と、準備ができるまでのつなぎです。釘丸さんは、次の人への連絡など。本当は、釘丸さんも話すはずだったのですが、臨機応変ということで、時間がなくなってしまいました。
 様子を見ながら、時間を持たせるのは、なかなか、面白かったのであります。
  
IMG_0617_1.jpg
 
 森屋前議員も、久しぶりの森屋節!今、自治会長をしているからか、厚木市の「防犯」の帽子着用。「皆さんの、財布の中を見てください!」との声に、駅前で居酒屋の呼び込みをしていたお兄さん、「何んも入ってねーよ!」。
 どうしてですか? 安心して働けない社会でいいの?
 やっぱり、今の政治を変えていかなくては。
 政治の担当者でなく、中身を変えていかなくては。

IMG_0610_1.jpg

 このあと、業者後援会の決起集会に参加。釘丸さんが挨拶しました。共産党の綱領は決して、遠くにあるのではないとして、厚木市の小中学校で使用された、汚染米のでんぷん入りの厚焼き卵の話。そう、政治って、本当に、とても身近なものなんです。

 ベテラン・釘丸議員の説得力ある内容と、落ち着いた雰囲気の話し振りに、大いに感心した新人議員・栗山でありました。

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/09/28(日) 20:37:49|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

なでしこジャパン・永里選手、「4年後はロンドン」!

 北京オリンピックで、日本女子サッカーがオリンピック初の4位に入賞したのは、みなさんご存じでしょう。
 フォワードとして6試合すべてに出場し、中国戦では得点を挙げるなどの大活躍をした永里優季さんは、厚木市出身・在住。
 9月26日(金)、厚木市役所で、市民功労表彰式がありました。

 市民功労賞 : 公共の福祉の増進、文化の向上等に寄与した功績が特に顕著なものに対して行う。(厚木市表彰条例)
 
 「大会のとき、市をあげて応援してくれたと、帰ってきて聞いて嬉しかった。私に関わってくれた全ての人に感謝します。これからもよろしくお願いします。」と挨拶。

IMG_3122.jpg

 右がお父さん、「人に感謝する気持ちがなければ、高いレベルに行けない。多くの人に支えられた。4年後のロンドに向けてスタートしている。 スポーツの中から、得られるものがある。スポーツを広めていきたい。」
 
IMG_3127.jpg

 左が、お母さん。そっくり。
 「ドイツ戦に負けて、観客席のお母さんのところに行ったら、すごい泣いて「よく頑張ったね」と頭をなでてくれた。本当に嬉しかった。」
 お母さん、「感動をありがとう。子どもに感謝しました。」
 
IMG_3128.jpg

 オリンピックの感想は?
  --雰囲気は普通の国際大会と変わらない。

 ゴールを失敗したときの気持は?
  --また、次、決めよう。

 ゴールした時は?
  --体が自然に反応して。無心だった。

IMG_3120.jpg

 子どもたちへの一言
 「何か一つ、夢中になれるものを見つけて。夢中になれるものがあると、楽しいです。」
 この日のサプライズは、厚木市へフラッグのプレゼント。なでしこジャパン全選手のサイン入りです。

IMG_3131.jpg

 「感謝」という言葉。心に「感謝」を持つ人々の言葉。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/09/26(金) 11:17:06|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9・26 日本共産党街頭演説

 日本共産党   街頭演説
jcp.gif 福田首相が突然辞任し、その後の自民党総裁選では予想通りの結果に。解散・総選挙への動きが激しくなっています。「政権選択」がいわれていますが、政権の担い手を変えても、中身が変わらなければ政治は変わりません。日本共産党を伸ばして、政治の軸足を財界・アメリカ中心から国民のくらし・家計に切りかえましょう。
 緊迫した政治情勢のもと、日本共産党は厚木で街頭演説をおこないます。地域の皆さんのリレートーク、6時半からむねた裕之が若者の雇用をはじめ、今の政治の問題点と、変えていくべき中身について、熱く語ります。
 司会は私・栗山が担当。 
 ご家族、ご近所、お知り合いなどお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください。 
 なお、当初予定していたはたの君枝は、この緊迫した情勢の中、都合により、来られなくなりました。

01muneta.jpg

 と き  9月26日(金)
   午後5時30分~7時
 ところ  本厚木駅北口
 おはなし むねた裕之
  南関東ブロック比例代表

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  1. 2008/09/24(水) 09:38:27|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敬老会、橋幸夫の手を離さず100歳元気

19日、厚木市敬老会。2日間、午前午後の4回に分けて、式典の後、橋幸夫歌謡ショー。
 
IMG_3077.jpg
 橋幸夫も65歳、お年寄りが大事にされない今の政治がおかしいと言いながら、懐かしい歌を繰り出していきます。自殺する人が年間3万人、これが10年も続いているんです、と。
 ショーの中頃に歌った新曲 「いのちのうた」には、強く心を動かされました。
 ロシアの民謡「コロブチカ」の曲に歌詞をのせています。
 
    はじまりは ちいさないっぱ  だれのめにふれなくても
 
    あたたかな あかり そっと ともせるひとでありたい

    よろこびのたねが いつか  おおきなはなに なるよに

という歌い出しです。
 この回では、100歳の男性も元気に参加していました。 前回は97歳の方も。
 元気な高齢者を見るたびに、腹が立つ。なぜ、75歳で差別する医療制度を作るのかと。
 
 9月12日の厚木市9月議会・市民福祉常任委員会では、市民から「後期高齢者医療制度を廃止するよう国に意見書を出してほしい」という陳情が審議されました。
 当然私は、しっかり賛成意見を言ったのですが、公明党の議員は、反対とも言わずに採決で反対。民主党議員は、賛成意見を言わず採決では賛成。これまでは、賛成が私一人だったので、大変心強かったのですが、賛成なら賛成で、なんらかの意見を言ってほしかった。

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ


  1. 2008/09/21(日) 19:12:30|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

街頭演説、横浜。次は厚木だ!

 18日(木)は、横浜西口で、日本共産党の街頭演説がありました。
 県内の衆議院議員立候補予定者が勢ぞろい。小選挙区、そして、比例南関東ブロックの志位和夫委員長、はたの君枝元参議院議員。
 今の自民・公明政治を変えるには、ただ政党のすげ替えでなく、中味を変えなくてはと、力強い演説。
 
IMG_3073.jpg

 はたのさんは、今月26日(金)の夕方5時から、本厚木駅で演説をします。私は、司会の予定。

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  1. 2008/09/20(土) 23:45:06|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュリー、憲法9条を歌う?

 憲法9条を守ろうと、いろんな人が活動をしています。
 先月の日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」でも取り上げましたが、つい先日、NHKでも放送されたとか、ジュリーこと沢田研二の歌が話題です。作詞がご本人、「9条」と言わずに「窮状」という言葉で。
                             IMG_3053.jpg
 「我が窮状」(1番のみ)

   麗しの国 日本に生まれ 誇りも感じているが 

   忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない

   英霊の涙に変えて 授かった宝だ

   この窮状 救うために 声なき声よ集え

   我が窮状 守りきれたら 残す未来輝くよ


  1. 2008/09/19(金) 18:29:36|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

墓参りで帰省、三陸の瞬間旅

 9月12日(金)は、市民福祉常任委員会。3議案・3陳情が審議されました。
 委員が変わり初めての委員会であり、しかも、副委員長ということで、大変緊張して迎えたのです。
 しかし、予想外なことが起こり(一番最初に、公明党の寺岡議員が所管ではない議案について発言)、いろんな事があるものだと、気を引き締めながらの一日となりました。
 委員会の審議内容については、後日、議員団ニュースで、ごらんください。
 
 その晩は、岩手へ夜行バスで出発。父の3回忌、ちょっと早いけど、もうこの日しかないと。
 東京駅のバス停には旅支度をした人がいっぱい。表示板には、バスの出発時刻、行先、便名が。私の乗るバスの後は便名が、「ドリームササニシキ1号」。
IMG_3023.jpg
 
 盛岡から花巻、花巻駅ホームに、南部鉄器の風鈴が涼やかな、いい音を奏でていました。
 南部鉄器の風鈴をもらったことがあります。風の強い日に軒下で大きい音で鳴りまくり、あまり風鈴が好きではなくなっていたのですが、ここでは、穏やかな風に吹かれて、とても心地よく響いていました。
 風鈴って、こんなに、いい音楽を聞かせてくれるものだったのですね。
IMG_3024.jpg

 墓参りが済んでの昼食は、「磯ラーメン」、いとこに、ごちそうになりました。これは店頭の見本でして、実は、もっと豪華な磯ラーメンを食べたのですが、食欲が先に立ち、食べてしまってから、写真を撮るべきだったと後悔。
 帰省すると、必ず、「磯ラーメン」を食べます。私が食べたのは、国道45号線沿いにある「磯よし」というレストラン。わかめ・めかぶ・ふのり、アサリ、エビ、しゅうり、いか、いくら、ウニまで!磯の味とかおり、たっぷり。
 三陸に行ったら、ぜひご賞味ください。
IMG_3026.jpg
 
 そこの駐車場からの景色。リアス式海岸の中ほどにあるところ。向こうは、太平洋。
IMG_3028.jpg
 ちなみに、夕食は、別ないとこの家で、さんま三昧。さんまのさしみ、さんまのすり身汁、焼きさんま。手作りの塩ウニ、夕顔の煮物、ほうれん草の白和え、金婚漬まで。
 墓参りの準備から、食事、お風呂まで、すっかりお世話になって、本当にありがたいなあと、人の情けが身に沁みる。
 その晩は、午後9時20分発の夜行バスで、ふるさと大槌を発ちました。左隣の若い女性が歯ぎしり、その前の中年男性がいびき、右隣はトイレで、一晩中賑やかな帰路でした。
  1. 2008/09/16(火) 12:05:25|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9・18 日本共産党1万人街頭演説

seijinonakami.jpg

 福田首相の突然の辞任を受け、解散・総選挙への動きが激しくなっています。「政権選択」がいわれていますが、政権の担い手を変えても、中身が変わらなければ政治は変わりません。日本共産党を伸ばして、政治の軸足を財界・アメリカ中心から国民のくらし・家計に切りかえましょう。
 緊迫した政治情勢のもと、日本共産党は志位委員長がかけつけ、街頭演説をおこないます。
 ご家族、ご近所、お知り合いなどお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください。 


 と き   9月18日(木) 午後6時~
 ところ   横浜駅西口 高島屋前
 おはなし 志位和夫委員長 他


にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  1. 2008/09/15(月) 10:00:00|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本厚木駅 駅宣

 毎週月曜日の朝と金曜日の夕方、本厚木駅頭での宣伝。
 8日は、メインはもちろん、福田首相の突然の政権放り投げの話。
 一般質問でも話しましたが、小学生の、「無責任だと感じる。普通に働いている人は、仕事を辞めたくても、すぐにはやめられない。首相という偉い立場なのにあっさりやめちゃって、がんばっている国民はどうしたらいいのか。」(朝日小学生新聞より) の言葉に同感。

いつも、何を話そうかと考えます。うまく言えないこともあり、言いたいことがいっぱいで話切れない時もあります。
 1年続けていたら、声をかけてくれる方が増えました。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  1. 2008/09/13(土) 10:43:44|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市道を見に行く、広町公園も。

  9月議会には、市道の認定が7件、廃止が2件提案されています。現場を見に行ってきました。
 認定は、宅地開発に伴う新しい道です。すでに住んでいる方もいます。建設中の家も、売り出し中の土地もあります。
IMG_3003.jpg

 廃止は、すでに道路として使われていないところ。いろんな事情があるようです。
 荻野川の近くにも廃道があり、川岸に行くとほのかに甘い香りが、、、。
 「葛(くず)」の花です。 
IMG_3009.jpg
 
 ここが、目当ての市道。広町(ひろまち)公園に面しています。大豆畑の周りが市道です。
IMG_3012.jpg
  
 広町公園には池があり、鯉、錦鯉もいます。岸には背の高い「数珠玉」がたくさん。
IMG_3016.jpg
 
 池の川トンボ。
IMG_3014.jpg
 
 キノコのたっぷり生えた、テーブルと椅子。この向こう側には、探鳥スペース。
IMG_3017.jpg
 穴をのぞくと、池に浮いたかご。
IMG_3018.jpg

 公園というと、きれいに整備されたものを思い浮かべますが、ここは、ちょっと暗く、来訪者も限られているようです。
でも、自然が大切にされていて、素敵なところです。整備計画もありますが、私は、このままも好きです。
  1. 2008/09/12(金) 12:03:03|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市議会9月定例会 一般質問

 9月1日から10月3日までの33日間の会期で、厚木市9月議会が行われています。
 一般質問は9月5日(金)、8日(月)、9日(火)の3日間で、21人。
 私は、5日の午後3時から。その登壇質問の内容です。

 日本共産党厚木市議員団を代表して通告の諸点について質問いたします。
 さる9月1日、厚木市議会9月定例会の初日の夜、福田康夫首相が突然の辞意表明会見をしました。昨年の9月臨時国会のさなか、当時の安倍首相の突然の辞任を受けて首相に就任してから1年もたたぬうちに、「民主党が重要法案の対応に応じず決めるべきことがなかなか決まらなかった」と政権を放り投げたものです。
 先日の朝日小学生新聞には、秋田の小学6年生の「無責任だと感じる。普通に働いている人は、仕事を辞めたくても、すぐにはやめられない。首相という偉い立場なのにあっさりやめちゃって、がんばっている国民はどうしたらいいのか」という感想がのっていました。二人続けての無責任な政権投げ出しというのは、自民・公明政治の行き詰まりが行き着くところまできた、政治的な解体状況にあるということを示すものです。
 いま、日本中では「構造改革」路線によって、貧困と格差が広がっているにも関わらず、後期高齢者医療制度なども含め、社会保障費の抑制が続き、国民の不安は増大するばかりです。
 国の政治の方向が今のままではいけないと考えている国民が増えていますが、住民に最も近い市町村がそれぞれの自治体の住民の暮らしの防波堤としての役割を果たしていかなくてはなりません。
 
 かつて国と自治体の関係は、国が決めたことを自治体が実行していくということで、上下の関係、あるいは主従の関係というあり方でした。
 1960年代から各自治体の中で住民自治を求める運動や自治体改革の運動が広がり深まってきました。
 そして、2000年4月に「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」通称「地方分権一括法」が成立し、それまでの地方自治体のあり方や国との関係が大きく変わることになりました。
 その後、宝塚市をはじめ全国各地の自治体で、基本条例が作られるようになりました。条例の名称は「まちづくり条例」「自治の推進に関する基本条例」などさまざまです。また、内容についても最高法規制について最高法規としているもの、尊重あるいは整合としているもの、市民の参加と協働について情報公開や住民投票など別に条例を定めているものもあります。市政運営について職員・人事政策をいれているもの、議会については議員の責務にまで踏み込んだものなど、当然ながら自治体で差があります。
 厚木市には、5年前に作った「厚木市まちづくり理念条例」があります。そこで、まちづくりの主体を「市民は、まちづくりの主体であって、常に人権尊重の意識を持ち相互に協力しながら、個性豊かで活力に満ちた地域社会を形成するため、市として、共同して、まちづくりの推進に努めるものとする」とあります。さらに、市民参加、福祉と健康、環境、安心・安全など多岐にわたって定めています。こうした条例がある厚木市で、いま、自治基本条例を制定することの目的はどういったところにあるのでしょうか。
 
 また、厚木市まちづくり理念条例には、保健医療体制の充実も謳っていますが、現在の厚木市の医療はどうなっているでしょうか。これまでの市立病院の内科、リハビリ、産婦人科といった度重なる休床や、民間の厚木市外への移転なども予定されている現状があります。
 定期的に行っている厚木市民意識調査で、整備が必要な施設は何か、快適な生活をする上で必要な施設はなんですかとの質問、病院・診療所との回答が平成13年度が23・6%で2位でしたが、15年度には33・5%で1位になり、その後は17年度43・2%、19年度は50・9%と増え続けています。それだけ、期待が大きいというより、市民の不安が大きくなったということではないかと考えられます。この調査の結果について、厚木市としてどう対応していくべきなのか、伺います。

 以上、質問をまとめます。
(1) 厚木市自治基本条例制定について
 ア 条例制定の目的を問う 
  (ア) 条例の目指すものは何か。
  (イ) 制定により今と何が変わるのか。
  (ウ) 制定で留意すべきことは何か。
(2)厚木市の医療について
 ア 厚木市の医療環境の現状について問う
  (ア) 現状をどうとらえているか。
  (イ) 安心できる厚木市の医療環境をどうつくるのか。
  (ウ) 公立病院の果たすべき役割をどうとらえているか。

以上です。よろしくご答弁をお願いいたします。

IMG_0418_1.jpg



にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  1. 2008/09/08(月) 12:52:22|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

 いつも、近所の生協で見ていて何やら気になっていたもの。新聞にも載っていたけれど、買ったことがなかった。
 子どもと、ときどきしりとりをします。あるとき「固有名詞しりとり」をしようということになりました。
「と」が来たので、つい「豆腐屋ジョニー」と言ったら、笑われたので、、、高いけど買いました。
                        
 家族は、皆、一口だけ。ほとんど私一人で食べました。
 ふつーの豆腐ではないなぁ。
  1. 2008/09/03(水) 10:06:57|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

うそで固めた「あしたのニッポン」

 昨夜の臨時ニュースにびっくり!
 臨時国会直前に福田首相が辞意表明。
 1年前を思い出す。松岡農水相が事務所費問題で騒がれ、病気を理由に突然安倍首相が政権放り投げ。こんなにも同じことがあっていいものだろうか。

 もうひとつ昨日の怒りは、厚生労働省の発行した「あしたのニッポン」。後期高齢者医療制度の弁解広告。もう、ご覧になりましたか?
         IMG_2890.jpg

「長寿医療制度が改善されました」とあるが、年齢で人を差別する制度を作っておいて、「改善」とはなんなんだ?
        IMG_2889.jpg
 
 上の最後の2行に「在宅で安心して生活を送ることができるように、訪問診療や訪問看護の充実を図ります」とありますが、何のことはない、病院からの追い出しをするということです。診療報酬にもしっかり新設、加算がされているのです。
 どこを読んでも、嘘とごまかしの内容で、腹のたつこと、頭にくること限りなし。
 
 臨時国会では、自民・公明がどう出るか、民主がどうするか。
 
 私は、厚木市議会で、再び、市民から出された後期高齢者医療制度の廃止を求める陳情について、賛成を訴えるのである。


 
  1. 2008/09/02(火) 13:56:22|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月議会が始まりました

 9月議会の一般質問

 9月議会の一般質問は21人の議員が行います。
 日程は9月5日(金)、7日(月)、8日(火)です。
 日本共産党議員団は、私が6番目、釘丸議員が7番目です。
 

私は6番目  9月 5日(金)午後3時頃~
    (質問時間は答弁も含めて一人50分。前の人が早く終われば、早まります。)
 
 1、厚木市自治基本条例制定について
   ア 条例制定の目的を問う。
   (ア)条例の目指すものは何か。
   (イ)制定により今と何が変わるのか。
   (ウ)制定で留意すべきことは何か。
 2、厚木市の医療について
  ア 厚木市の医療環境の状況について問う。
  (ア)現状をどうとらえているか。
  (イ)安心できる厚木市の医療環境をどうつくるのか。
  (ウ)公立病院の果たすべき役割をどうとらえているか。


 釘丸久子議員は
  7番目   9月 5日(金)   午後4時頃~

 1、子育てしやすい厚木市について
   ア 子育てしやすい厚木市をつくるための方策を問う。
  (ア)厚木市の子育て支援の特徴は何か。
  (イ)子育て環境を整えるための課題は何か。
  (ウ)子どもの虐待の実態をどうとらえ、厚木市としてどう対応しているか。
 2、後期高齢者医療制度について
   ア 後期高齢者医療制度に対する市民の声にどうこたえるのか。
  (ア)市民の声をどうとらえているか。
  (イ)市として国にどう働きかけるのか。
 3 地域開発と街づくりについて
   ア 地域開発と街づくりについて問う。
  (ア)地域に影響を及ぼす開発計画に市としてどう対応するのか。
  (イ)全共連跡地の宅地開発が地域の街づくりに及ぼす影響にどう対応するのか。

花 
  1. 2008/09/01(月) 16:34:06|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0