恩曽川のカワセミ

7月25日から28日まで、大阪滞在。
「第50回自治体学校in大阪」
    今こそ命と地域を守る地方自治を!
           -安かったらええんか 自治体の仕事ー
 
 大阪は暑かった、研修も熱かった。
 厚木も暑かったようですが、カワセミを見た人が写真を提供してくれました。
IMG_0156_3.jpg
飛んでいるところ。
恩曽川のカワセミ2
 どんな渓流かと思うかも知れませんが、実は、自宅近くの恩曽川。
 私も、この川でカワセミを何度か見たことがあります。さーっと飛んで、魚を捕まえ、堤の石に叩きつけて、飲み込んだところを見たことがあります!!!!
スポンサーサイト
  1. 2008/07/29(火) 11:06:25|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

やっとんやっとん、『和』の作法

 夏休み、神奈川県主催で小中学生対象の伝統芸能ワークショップがあります。県内4会場で、7月22~24の3日間は厚木東町スポーツセンターで、小1から中3まで20名が参加して行われました。
 舞踊協会からの指導者は3名。
IMG_2451.jpg
 まずは挨拶の仕方、それから浴衣の着付け、自分で着られるように。
 男子は2名。三十郎先生を困らせながら、やんちゃでマイペースな子どもたちでした。
IMG_2395_.jpg

 禄先生がお話を。扇の始まりから、いろいろな扇を見せてくれました。
 右が勝ち扇(松に日の出)、左が負け扇(波に日の入り)。
IMG_2419.jpg
 これは、蛇の目傘。中の彩りがきれいです。しかも、糸でできています。伝統の技術に感嘆。
IMG_2436.jpg
 お面です。雷のお母さんとお婆さん。どちらがお婆さんかわかりますか?
IMG_2432.jpg
 お面の裏面。口でくわえるんでしょうか、ガーゼを被せています。
IMG_2435.jpg
 傀儡師(かいらいし)の格好だそうです。鈴を鳴らしながら、町を歩いたそうです。 
IMG_2422.jpg
 踊りを少し。独特の言葉に乗せて。やっとんやっとん、などなど。
IMG_2438.jpg
 みんな、一人で着られるようになったようです。
 この中には、厚木の鮎まつりに自分で浴衣を着てくる子も、いっぱいいるでしょうね。
 楽しみは、多いほどいい。
  1. 2008/07/26(土) 10:46:27|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

JA南毛利の盆おどり

 7月23日の夜、JAあつぎ南毛利支所の盆踊りがありました。
 駐車場係りのお兄さんが、皆、浴衣姿。自分で選んだ自前の浴衣なのだそうです。
IMG_2441.jpg
 農協の役員のおじさんやおばさんもやはり、浴衣。中学生も結構来ていました、ジャージの子が見えます。
IMG_2443_20080724180201.jpg
 何年ぶりかで、踊りの輪に入りましたが、知っているのは「炭坑節」だけ。見よう見まねで手足をばたばたさせて、終わってから山口議員と「新人議員研修で、盆踊りやらなきゃね。」などと冗談を言いつつ、密かに誰かに教わろうかなどど思ったり、、、、。
 やっぱり、盆踊りは、下手でも何でもいいから、見るより踊ったほうが面白い。
IMG_0107_1.jpg
 南毛利支所は、今年45周年だそうです。厚木の世帯数は8万8千、その内農家数は千軒足らず。今、原油の高騰、飼料や肥料の値上がりなどで、農家も経営が厳しくなっています。
 食品の偽装が相次ぎ、中国産の加工食品の農薬問題などがあり、地元の農産物が見直されています。食料自給率を上げていくためにも、地域の農業への応援が必要です。
  1. 2008/07/24(木) 18:29:31|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月議会報告会、完了

 6月24日に6月議会が終わり、一ヶ月ほどかけて、市内各地で議会報告会を行いました。
 これは睦合北公民館で行った議会報告会の様子です。実はもっと長いのですが、とてもここには出せないようなことを言っていたのでカットしているうちに、1/3になってしまいました。良く動いているなあと自分でも驚きました。
 釘丸議員は、やっぱり落ち着いているなあ。

 カットされた2/3が気になる方は、是非、次の議会報告会においでください。
  1. 2008/07/23(水) 22:25:19|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お土産の 詩

 今月中旬、釘丸議員が、義母の介護のため九州に行ってきました。
 お母さんは施設に入居しているため、泊まったのはホテルだったそうですが、最初は湯布院、最後は長崎。そこで出されたお菓子をお土産に持ち帰ったということで、二人で食べようとしました。
 その時、釘丸さんは叫んだ。「同じだ!」
 そう、外は違えど、中身は同じ。方や「湯布院の詩」、方や「長崎の詩」。
 こんなこともあるんですね。
IMG_2370.jpg
 中身は、釘丸さんと、半分コして食べました。写真は撮り忘れました。
  1. 2008/07/22(火) 17:40:18|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

道路わきに、ポンプがひとつ

 市民の皆さんからの声で、多いのは、道路に関するもの。道端の草がボウボウだというのは、よく言われます。現場に行って写真を撮って、道路部に頼みます。
 草を刈った後に行くと、前より見通しが良くなっています。
 先日、事後を見に行きましたら、近くにポンプがありました。
 子どものころ、通学路のわきや、同級生の家にもあり、夏は冷たい水が、じゃばじゃば出るのが面白くて、時々ポンプを押したものです。
IMG_2258.jpg

 18年度の水道普及率は平成18年が厚木が、99.0%
               わが故郷の大槌町は、93.6%
 水の使用量は近年減っているようです。湯水のように使っていては、環境に悪いですからね。
 水は命のもとだもの、大事に使わなくては。自戒を込めて。
  1. 2008/07/16(水) 09:15:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原子力空母の母港化反対の大集会

米軍基地の再編・強化反対原子力空母の配備を許すな
    7・13全国大集会in横須賀

とても暑い日でした。IMG_2286.jpg
 会場横の港には、潜水艦も。
 
 
 左の写真は、開会前の行事。若い女性4人がそれぞれ楽器を演奏しながらの、やたらと元気な歌声。アコーディオン、トロンボーン、トランペット、サキソフォンという編成で、こういう行事は初めてらしく、会場の平和を求めて運動する人々の熱気に、「私たちは今まで何やってたんだろうっていう感じです」という言葉が出てきました。  右には私も映っています。
IMG_2283.jpg IMG_2292.jpg

 日本共産党・志位和夫委員長のあいさつは 
「この暑さよりも、もっと熱い連帯を」と始まり、
 原子力空母配備によって
  ① 核事故の危険
  ② 殴りこみ機能の強化
  ③ 基地の恒久化
  ④ 米軍犯罪の拡大  があることを話しました。
 
 今空母が漂流している、しかも火災つきの漂流だ、このまま帰ってもらおう。

 基地のない日本、
軍事同盟のない日本をつくろう
と、会場にいる三万人の参加者に呼びかけました。
IMG_2294_20080714152410.jpg

IMG_2300.jpg
[原子力空母の母港化反対の大集会]の続きを読む
  1. 2008/07/15(火) 14:30:32|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あつぎ鮎まつり、河原ではすでに準備が!

 そろそろ、百日紅(さるすべり)の咲く季節。
 花が開いているのはよく見ますが、咲きかけのつぼみも、かわいらしい。
IMG_2235.jpg

 さるすべりは夏の花、夏といえば、夏祭り。
 厚木では、8月2・3日は鮎まつり。一万発の花火が夜空を彩ります。
 もう1か月を切りました。
 相模川右岸に行ってみると、何と、もうシートが置いてありました。階段にある青や黄色、新聞紙もありましたが、大きく名前が書いてあります。
 IMG_2239.jpg
花火に懸ける情熱に、脱帽。
 私も、今年はパレードが終わったら河原に場所取りに行って、音と光のリアルタイムの花火を見るつもりです。取れるかなあ、、、、。
  1. 2008/07/10(木) 13:10:27|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「7・13全国大集会in横須賀」へGO!!

「7・13全国大集会in横須賀」へGO!!   家族旅行

 厚木よりバスでごいっしょに! 

 日時        7月13日
 本厚木駅南口 10時30分
 バス代       1400円



7_13_20080707082241.jpg

7_13_2.jpg
  1. 2008/07/07(月) 08:58:43|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自治基本条例市民説明会

 厚木市では、今年から、「自治基本条例」制定と、世界保健機関(WHO)の「セーフコミュニティ」の認証を目指して動いています。
 自治基本条例については、8回の「新総合計画、都市マスタープラン及び自治基本条例に係る市民説明会」を行っています。
 
 初回の、ぼうさいの丘公園 講義室での様子。最前列左から、小林市長、宮台副市長、市政企画部長、都市部長。後ろに、部長18名。 市長の左側には教育長が座っていたのですが、、、。
IMG_2179.jpg

 国には国のきまり(法)があり、地方自治体にはそれぞれきまり(条例)があります。
 議会はその決まりを審議するところですが、厚木市の条例は、すべてこの「例規集」に載っています。高さは、21㎝と小さいけれど、細かい文字がびっしり!(中身は市のホームページにもあります。)
 自治基本条例は、条例の中で、最も基本となるもので、国でいえば「憲法」のようなもの。これからの厚木をどうしていくのか、基本の理念やルールを定めるとしています。
IMG_2213.jpg

 関心も高いようで、自治会長さんをはじめ、一般の市民の皆さんも参加して、会場は満席。質問や意見も時間が足りなくなるほど出ました。中に、「議会についてはどうなのか」との質問もありました。議会としても、論議していくことになります。
 これから市民会議を立ち上げていく中で、どんなものになるのか、しっかり、見ていきます。
 9月27日(土)には、自治基本条例フォーラムが文化会館で開催されます。
IMG_2181.jpg

 おまけの証拠写真。 とってくれたのは、教育長でした。
IMG_2182_20080704212637.jpg
  1. 2008/07/05(土) 09:24:16|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月から、厚木は小児医療費助成拡大

 厚木市の2月議で審議され、採択された小児医療費助成の拡大、7月1日から施行。
 12年半前に「通院は0歳のみ、入院は中学生まで」でスタートした厚木の小児医療費助成。年齢をあげ、所得制限をなくしと、少しずつ広がり、今回、小学4年生の10歳の誕生月までとなりました。
    
     20年度予算では 5億9695万円 10歳の誕生月まで
     18年度決算では 5億2886万円  7歳の誕生月まで

 この数字で見ると、3年の拡大でも、約7千万円。県で通院における窓口負担は市が出すことになりますが、県の助成が、現在の2歳から就学前に拡大しますので、市の支出は予算額より少なくなります。 
 
 昨年選挙の公約に小学6年生までの助成をかかげ、議会でも拡大を求めてきました。
 最初は「夢物語」と言われたものですが、今では、保守議員でも拡大を言うほどになりした。
 諦めずに、声を上げ、運動していくことが大切だと、実感しています。

IMG_2139.jpg

この制度によって、安易に医療機関を受診すること(人?)が増え、小児科医師の過重労働を招くとの批判も出ていることは承知しています。
 しかし、お金の心配のために、お医者さんにかかれない、重症になる、あるいは、健康保険料が払えなくて学校の保健室で薬をもらう子どもがいる現実をみると、やはり、必要な制度と考ます。
 
 そして、全国的に大きな問題となっている医師不足の解消をしていくこと!
 厚木の議会でも、すでに医師・看護師等の確保をするよう国に意見書を出しています。
 ここへきて、やっと国も動きだしましたが、国民の声が、現場のたいへんな思いが国に届いたのです。黙っていては、変わりません。
 医師の養成には10年近くかかり、すぐに解決できることではありませんが、あきらめない。いろんな形の運動ができるはず。

 医療費といえばもう一つ、後期高齢者医療制度も大きな問題になっています。
 先日、厚生労働省は新聞各紙に1面を使った大きな広告を出しました。医療がかわらないなんて、一体何のことを言っているのだろう?診療報酬の見直し(終末期支援料)については一切触れずじまい。国民に、本当のことを伝える気は全くない。ごまかしだらけの宣伝です。

 騙されてならないのは、振り込め詐欺や架空請求だけではありません!

 
 
  1. 2008/07/04(金) 09:16:25|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0