常任委員会での決算通告、締め切り。

厚木市議会9月定例会議は、一般質問が終わり、本会議は10月6日の最終日が残るばかりとなりました。
休会中に、各常任委員会が開かれます。
いつもどおりの常任委員会と、決算審査の常任委員会の2回です。
合庁の駐車場のススキ

私は現在、市民福祉常任委員会に所属していますので、
9月15日(金)と決算審査の9月27日(水)です。
市民福祉は福祉部、市民健康部、こども未来部、協働安全部の4部。
会計では、一般会計、特別会計の後期高齢者医療事業、国民健康保険事業、介護保険事業、それに公営企業法全部適用の病院事業となります。
大手公園の銀杏

決算の通告は本日午後12時の締め切り。
私は所管の全会計について、計37件を通告しました。
通告数0の議員もいて、私が一番多いようです。
一般会計の後が特別会計、最後に病院事業会計となります。
厚木市立病院、医療部門は全面オープンしたものの、年度内に外構工事が終わるはずが終わらずーという年度なのに、何も聞かないってことはないでしょう。
大手公園のぎんなん

常任委員会はいろいろな細かい質疑となりますので、傍聴しても面白いと思います。
4常任委員会がありますので、興味のある所にぜひおいでください。
 総務企画 : 9月14日(木)、決算9月26日(火)
 市民福祉 : 9月15日(金)、決算9月27日(水) 
 環境教育 : 9月19日(火)、決算9月28日(木)
 都市経済 : 9月20日(水)、決算9月29日(金)

スポンサーサイト
  1. 2017/09/13(水) 16:30:34|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月議会iでの私の一般質問、登壇と市長・教育長答弁です。

9月議会での一般質問は、19人の議員です。

私は7番目で、9月7日(木)、1日目の最後午後4時からでした。
登壇と、市長・教育長の答弁は以下の通りです。
自席に戻ってのやり取りは、市のホームページでご覧ください。

(1)市政一般について
ア 平和行政について 

今年7月7日、国連で核兵器禁止条約が採択されました。
しかし、その時、その会議場で日本の政府の席は空いたままでした。世界で唯一の戦争被爆国である日本が、会議に参加すらしなかったことについて、世界各国から失望と批難が、被爆者からは、「どこの国の総理なのか」との怒りの声が上がりました。
核兵器は、他のどんな兵器・武力も及ばないほどの、深刻な影響が、広く、そして長く続きます。
核兵器廃絶の実現、人権などの諸問題の解決、世界恒久平和の実現への寄与を目的とした団体に「平和首長会議」があります。今年9月1日現在で、世界162か国・地域の7,439都市が加盟し会長は広島市長、副会長は長崎市長などです。
日本国内の加盟都市は1,683、厚木市長も加盟しています。
厚木中央公園 宣言塔

8月の厚木市戦没者追悼式で、市長は核兵器の脅威にも言及しました。
厚木市は、24年前に「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言“あつぎ”」を告知し、市内各公共施設に掲示しています。
今年に入ってから、他国のミサイル発射や核実験があり、世界の情勢が不安定になっています。
武力の選択は武力の応酬につながります。
武力で平和をつくれないことは、世界の歴史が証明しています。
このような時期だからこそ、市民一人ひとりが国際平和と核兵器廃絶のあつぎと意識できるような形や場所での掲示を考えていくことが求められます。
宣言の掲出

 (ァ) 「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言“あつぎ”」を多くの市民に知らせ、実効性あるものとするための方策は。

市長 本市は、国際平和と核兵器廃絶を求める都市あつぎを宣言するとともに、核兵器の廃絶と世界の恒久平和を目的とする平和首長会議に加盟しております。
これまでも、平和パネル展の実施をはじめ、長崎市から送られた被爆樹二世のクスノキの植樹を行うなど、市民の皆様の平和意識の高揚を図ってまいりました。
今後につきましても、市民の皆様とともに平和で安全な国際社会の実現に向けた取り組みを展開してまいります。

9月の大山①

(2)教育行政について

学校現場では、子どもと向き合う時間をより多く確保するために、教員の多忙化の解消が言われています。
今回、私は教員の長時間労働をとりあげます。
小中学校の教員の勤務時間について文部科学省の調査では、小学校の3割、中学校の6割が「過労死ライン」を超えているとの結果となりました。
全国調査ですので、厚木はどうなのか、厚木市教育委員会では、教員の労働時間について実態を捉えているのか、長時間労働となる要因は何なのか、長時間になってしまう勤務の状態を解消するには、どのような方策が考えられるのかを伺います。

ア 少人数学級について
(ァ)拡大すべきと思うが、課題は何か。

教育長 教職員の定数につきましては、公立義務教育諸学校の学級編成および教職員定数の標準に関する法律により定められております。
本市においては、よりきめ細かな指導を行うため非常勤講師を配置し、国及び県の示した小学校1・2年生の少人数学級編成より一学年上である三年生についても35人以下学級を実施しております。
少人数を拡大することは、現行の教職員定数では難しいことから、その増員について、引き続き国や県に対して要望してまいります。

イ 教員の長時間労働について
 (ァ)実態をどう捉えているか。また、解消のための対策は。

教育長 本年4月に公表されました教員勤務実態調査で、教員の勤務時間が増加していることが示されました。
今後、県教育委員会が同様の調査を行うと聞き及んでおりますので、その結果を検証してまいりたいと考えております。
また、解消のために対策につきましては、教職員定数の改善など、国や県における抜本的な制度改正が必要と考えますが、本市においては既に実施している給食費の公会計化などに加え、今年度は新たに部活動の在り方についても検討を進め、教員業務のスリム化に取り組んでまいります。
  1. 2017/09/08(金) 21:06:41|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月議会、一般質問は19人

9月1日(金)から10月6日(金)の36日間、平成29年厚木市議会第4回会議(9月定例会議)が始まりました。
言わずと知れた、決算議会です。
サボテン一本蕾

初日は議案提案等と質疑。
平成28年祖決算に関わる報告が4件。
議案は28年度決算を含め18件。
各常任委員会の審議を経て、最終日の10月8日に採決をします。
サボテン、一本花枯れ

その間に、一般質問があります。
9月7・8・11日で19人。

私は、9月7日(木)の午後4時ごろからの予定です。
前の人の状況で、早まることもあります。

(1)行政一般について
 ア 平和行政について
 (ァ)「国際平和と核兵器廃絶を求める都市宣言”あつぎ”」を多くの市民に知らせ、実効性あるものとするための方策は。

(2)教育行政について
 ア 少人数学級について
 (ァ)拡大すべきと思うが、課題は何か。
 イ教員の長時間労働について
 (ァ)実態をどう捉えているか。また、解消のための対策は。

核兵器廃絶については、7月7日の国連での条約採択の後だからと思ったのですが、通告後、北朝鮮のミサイル発射が続いていて、さあ、なんとしようかと思っているところです。
そこにはとらわれずに、厚木市としてできることを求めていく予定です。

教育については、いろいろあるけど、やっぱり国の問題だと思わざるを得ない。
国に要望してねーということにはなるんだけど。
ハナ、お昼寝中
お昼寝中のハナです。

釘丸議員は、8日の午前9時からです。
全員が通告しないと順番は決まらないので、別な日になってしまいました。

  1. 2017/09/03(日) 16:08:44|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金田のごみ焼却場、新施設建設に向けて

厚木市のごみ中間処理施設(ごみ焼却場)は金田にあります。
老朽化して、建て替えの必要があることから、現地北側に新施設を建設する予定となっています。
ただし、今度は、厚木市だけの事業ではありません。
ボートピア横浜前のバラ

平成16年、厚木・愛川・清川の3市町村共同で一般廃棄物(ごみ)を処理するために、「厚木愛甲環境施設組合」が設立されました。
各市町村が負担金を出し合い運営するものですが、議会もあり厚木7名、愛川4名、清川2名の議員で構成されています。
今年4月に清川村議会、8月に厚木市議会の議員の交代があり、私は釘丸議員と交代、初めて組合議会に入りました。

8月28日(月)に、厚木市役所5階の第2委員会室で組合議会の本会議が開かれました。
冒頭に議長選挙、その後、厚木・清川の議員が入れ替わったため議席の指定や監査委員の選任がありました。
近所の薄桃色小花

議案は平成28年度厚木愛甲環境施設組合会計歳入歳出決算についてです。

歳入の市町村負担金のうち、
 厚木市 1億1089万6639円、
 愛川町    2651万0714円
 清川村     888万2688円となっています。
環境影響評価や測量業務について国から循環型社会形成推進交付金、県から市町村自治基盤強化総合補助金が入っています。

歳出では総務費で
 全国都市清掃会議負担金など一般管理費218万4526円、
 衛生費は最終処分場の方針変更による清算金5301万4617円、
 ごみ中間処理施設整備調査事業費1580万8720円、
 同継続費2287万4400円などがあります。

【歳入】
 目            当初予算額        決算額
市町村負担金   151,639,000   146,290,041
衛生費国庫補助金  31,619,000      29,722,000
衛生費県補助金    16,900,000       4,257,000
繰越金        1,000,000       5,491,210
組合預金利子、雑入     7,000           7,232
歳入合計      201,165,000     185,767,483

【歳出】
  款       当初予算額          決算額
議会費     1,426,000     1,189,033
総務費    79,379,000     78,047,787
衛生費   119,360,000    91,732,212
予備費     1,000,000             0
歳出合計   201,165,000  170,969,032
ボートピア横浜前の赤い花

また、一般質問ではごみ中間処理施設について、環境影響予測評価実施計画書と施設建設の進捗状況に関するものがありました。
新施設計画において、排ガスの自主規制値、煙突の59mの高さや敷地内に設置する東電の鉄塔(高さ100m。海老名から相模川を越えてつなぐ)、建設費(約200億円。交付金と一般財源の他に起債は120億円、償還15年)などについて質疑応答がありました。
ごみ中間処理施設整備基本計画では新施設は平成37年度中に稼働する予定です。
建設に向けた環境影響評価の現地調査は今年度1年間。
青空の樹葉

ごみ中間処理施設(=焼却場)は私たちの日々の生活に無くてはならない重要な施設です。
早期の完成・稼働を期待すると同時に、私たち自身も、ゴミの減量、排出抑制などの努力をしていかなければなりません。
  1. 2017/09/01(金) 06:24:22|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

党の全県研修会、分科会は「教育」を選択。

8月21日(月)・22日(火)の2日間、党の全県地方議員の研修会がありました。
厚木市議会では毎月21日は全員協議会であすので、それが終わってから午後の分科会に参加することにしました。

実際には
      (9:00 議会運営委員会)
       9:30 全員協議会
      10:30 広報広聴特別委員 協議会
     ( 後   会派代表者会議)
      ここで、昼食。
     ( 後   新庁舎建設特別委員 協議会)
       
これらが終わってすぐの2時ごろ、市役所を出発。
ところが、途中の小田厚は大磯―平塚間で事故渋滞。
そんなこんなで現地・箱根湯本に着いたのが3時半ごろ。
8月の百日紅

私は、遅刻して分科会「教育」に出席するも、講師の話を聞いていないので、話が分からない。
間もなく、出席した県・市町村議員がそれぞれ、各自治体の教育に関する問題を発言。
それに講師が答えるという形に。
川崎市議からは給食について。
いちばん、問題となったのが、教員の多忙
時間の管理ができていない実態が多くの議員から出されました。
部活は朝練だけでなく、放課後や休日もある。
先生が生き生き働けない状況は、子どもたちに影響する。

釘丸議員は地域経済に出席しました。
8月の満月

夕食時は大広間で交流、全議員が発言。
畑野君枝衆院議員から、その日に起きた横須賀を母港とする米艦の事故についても話がありました。

入浴後は、部屋に戻ってから同室の議員と学習と情報交換。
制度や事業について、細かく聞いたり答えたり。
宿泊研修は、これができるのがいいですねえ。
自分の不勉強をしみじみ知る機会です。
高沢ファームの紅色花

二日目は朝5時に起きて、お風呂へ。
そこで会ったのが、築地のおかみさん。
「豊洲なんてとんでもない。
狭くて、マグロをさばくのに包丁が横向きで使えない」とのこと。
湯につかりながら、他にもいろいろ聞くことが出来ました。
大賀ハス。一輪

10時から厚木愛甲環境施設組合の全員協議会があるので、箱根はそこまで。
朝食前に釘丸議員に箱根湯本駅まで車で送ってもらって、サンドイッチを食べながら厚木へ戻りました。
      
  1. 2017/08/24(木) 06:18:11|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦後72年。風化させてはならないとの多くの思い

 戦後72年が過ぎた8月17日(木)、厚木市文化会館小ホールで、平成29年度厚木市戦没者追悼式が開催されました。
かつては会場が大ホール、献花も壇上でしたが、遺族の高齢化に伴い、小ホールで壇に上がらずの献花となっています。

 式辞で厚木市長は北朝鮮問題や、友好都市に向けて交流している沖縄県糸満市のひめゆりの塔にも触れました。
市長式辞の一部分です。
「世界に目を向けてみますと、悲しい紛争は途絶えることなく、残忍なテロリズムも後を絶ちません。
世界には約一万五千発の核兵器があるとされ、隣国である北朝鮮による脅威も日増しに高まっております。
唯一の被爆国であり敗戦国である私たち日本人は、戦争の記憶を風化させることなく、恒久平和への願いを発信し続ける責務を担っているといっても過言ではないでしょう。
 本市は新たな友好都市の候補として、沖縄県糸満市との交流を開始いたしました。
平和祈念公園やひめゆりの塔をはじめ、先の大戦の傷跡を今に伝える都市であります。
沖縄戦で激戦となった都市との交流は、子どもたちをはじめとして多くの市民の皆様に戦争のない平和な世界への思いを、再確認いただける機会になるものと確信しております。」
平和都市宣言塔、厚木中央公園

庁舎ホールの都市宣言掲示


 来賓の追悼の言葉では、ほとんどの方から72年前の戦争を風化させてはならないと、平和を守ることへの思いが語られました。
神奈川県知事(代読)は昨年の日米首長の長崎・真珠湾訪問とその際の安倍首相の演説を長く引用。
また、誰もがその人らしく生きるためにと「ともに生きる社会かながわ憲章」を定めたことも話しました。

 戦争は、人によって起こされる、人の命と暮らしを顧みない蛮行です。
人ができるのは戦争をしない世をつくること。
そのために戦争はしない、武力を持たないと定めたのが憲法9条です。
憲法を守るべき首相が、真っ先に憲法を、特に9条を変えようとするのは憲法違反であると、憲法学者からも指摘されています。
二度と戦争のない世の中をつくるために、力を合わせていかなければと、強く思った戦没者追悼式でした。

式典後の奉納行事、今年は厚木市謡曲会の仕舞と連吟でした。
観世流「隅田川」仕舞。
観世流「隅田川」仕舞

宝生流「江口」仕舞。
宝生流「江口」仕舞


  1. 2017/08/20(日) 16:56:38|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナの番

娘が旅行に行ったので、柴犬のハナの面倒を見ることになった。
ハナ、後ろ足広げて腹ばい

元気がないなあと思ったら、吐いた。
朝はずいぶん走り回っていたのに。
前の夜は、一人で椅子に座って、娘の湯飲みで、お茶を飲んでいたんだけどーというのは冗談です。
ハナ、座ってお茶のみ

煮干しを食わせたのが悪かったかなあ。
娘に怒られるので、台所で落としたふりをして、ちょっとずつ、いろんなものを食べさせていたのがよくなかったかなあ。
ま、元気になったのでほっとしてます。

  1. 2017/08/16(水) 06:58:55|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月は平和の月。いつだって平和の月

8月15日、終戦記念日。
72回目の、終戦記念日。

安倍首相は、今年の憲法記念日に、憲法9条改憲、2020年の施行を公言した。
オリンピックの政治利用だ。
2017年夏、ピースメッセージ展

世界を見ると、一国の首長とも思えない言動をしている危険な人があちこちにいる。
ピースメッセージ展

この動きにストップをかけないと、世界は本当に大変なことになってしまう。
「第3次世界大戦」という言葉がよぎる。
ピースメッセージ展 2板

ピースメッセージ

ピースメッセージ、ありがたいねえ


ピースメッセージ―のびのびできる世の中


ピースメッセージ 鮎うちわ


ピースメッセージ 酸いも甘いも

一人ひとりのできることは小さくても、力を合わせて、世界を変えよう。

これらの写真は、8月8日から14日までの厚木市平和都市推進事業(福祉総務課)のピースメッセージ展の様子。
市民から寄せられた戦争や平和のメッセージ。
「戦争」や「平和」といった言葉を使わないメッセージに、心惹かれました。
アミューの地下1階、「あつまる」脇だったので、ついでに煮干しなども買ってきました。

  1. 2017/08/15(火) 06:11:30|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木市議会、各委員会等の構成が変わりました。

8月8日(火)に平成29年厚木市議会第3回会議が開かれました。
7月の白百合

会期の決定の後、議長・副議長選挙です。
事前に立候補表明していた議員が、臨時全員協議会(別室で非公開)で所信表明。
議長選は難波達哉議員、副議長選は、釘丸久子議員と遠藤浩一議員。
これを公開するようにと、わが党は言っているのですが、反対が多くて非公開のままです。
選挙の結果、新議長には難波達哉議員、副議長には遠藤浩一議員が就きました。
8月の白百合

次に常任委員会と議会運営委員会決め。
  *委員長、副委員長の順です。
【総務企画常任委員会】
 渡辺 貞雄
 望月 真実
 釘丸 久子
 越智 一久
 遠藤 浩一
 高橋 知己
 高田 浩
2017年8月のむくげかな

【市民福祉常任委員会】
 松本 樹影
 田口 孝男
 栗山香代子
 神子 雅人
 沼田 幸一
 川口 仁
 石井 芳隆
2017年8月の百日紅

【環境教育常任委員会】
 瀧口慎太郎
 山﨑 由枝
 松田 則康
 田上 祥子 
 新川 勉
 奈良 握
 山本 智子
2017年7月、富士の緑葉

【都市経済常任委員会】
 井上 敏夫
 高橋 豊
 難波 達哉
 寺岡まゆみ
 新井 啓司
 井上 武
 名切 文梨
2017年7月、富士のねじり花

【議会運営委員会】
 川口仁
 高橋豊
 釘丸久子
 神子雅人
 瀧口慎太郎
 田上祥子
 新井啓司
 新川勉
 名切文梨
2017年7月、藤野薄紫の二輪

その後、【広報広聴特別委員会】です。
 越智 一久
 栗山香代子
 沼田 幸一
 瀧口慎太郎
 寺岡まゆみ
 山﨑 由枝
 田口 孝男
 高橋 知己
 高田 浩
2017年8月の

そして、今議会で初めて作られたのが、新庁舎建設に向けての、
【新庁舎建設特別委員会】
 田上 祥子
 新川 勉
 釘丸 久子
 越智 一久
 渡辺 貞雄
 瀧口慎太郎
 川口 仁
 石井 芳隆
 名切 文梨
2017年7月、恩名の上空

厚木市議会そのものではありませんが、厚木・相川・清川の3市町村でつくられている厚木愛甲環境施設組合議会議員、厚木からの7名も選出。
組合議会の本会議は8月28日ですので、議長(厚木から選出)はその場で決まります。
 栗山香代子
 松田 則康
 松本 樹影
 川口 仁
 石井 芳隆
 高田 浩
 望月 真実
2017年7月、厚木の夕焼け

このほか、厚木市立病院特別委員会は工事が終了するまで、現在のまま。
中心市街地活性化検討協議会は、メンバーを変更して継続します。

9月議会は、9月1日から始まります。
顔ぶれが変わると、審議の状況も変わるので、どんな委員会になるか、いつも楽しみです。

  1. 2017/08/14(月) 06:22:28|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いいもの選んで、いい社会ー食の安全講演会

7月28日(金)、厚木市商工会議所大会議室で、厚木市(セーフコミュニティくらし安全課消費生活センター)主催の『食の安全』講演会―これだけは知っておきたい 食の安全と食品表示の基礎知識―が開かれました。
講師は食品問題評論家・食品表示アドバイザーの垣田達哉さんです。
講師の垣田さん

垣田さんの講演は今回が9回目。
1回目の平成21年は中国製冷凍餃子事件、その後にも生肉の食中毒や大手ファーストフード工場の変色肉など、その時々の食の安全に関することが話されています。
今年は刺身(アニサキス)や外食産業のウナギ偽装事件も。

割烹料理店で中国産ウナギを国産と偽装したが、輸入検査で基準値を上回る農薬が検出されてたまたま発覚した。
日本輸入時検査の検査率が下がり、止められていない。
今回の事件は氷山の一角と考えた方がいい。
食品を世界に頼っていたら何かあったとき、入ってこない。
日本で作れるものを日本で作れるようにしないと。本当に自給をすべきだ。
食の安全講演会、パワポ

添加物は摂取量が少なければ安全なのか。発がん物質や農薬、アレルゲン、環境ホルモン等、ごく少量でも健康に影響を与える。
少量接種での健康影響は解明されていないだけ。
食品表示は2015年に食品表示法に一本化され、58本の基準を1本に統合した。
2020年4月に完全施行となる。原材料と添加物が明確化され、原材料名の欄で『/』以降は添加物。
カロリー、塩分、脂肪、シュートニングなどなど、健康の影響のあるものは多い。
合成甘味料入りのダイエット飲料を1日1杯以上飲む人は、全く飲まない人に比べ、脳梗塞リスクが2.96倍、アルツハイマー病リスクが2.89倍(ボストン大学医学部神経学科の研究報告)。
選ぶならこっち!

テレビでは食品会社や等グループ企業がスポンサーのことも。
きわめて限られたことしか言えない。
何をどうやって選んだらいいか、しっかり学ぼう。
あなたはどういう食生活をしていますか。
いいものを選べば、いい社会がやってくる。

垣田さんの講演は何度か聞いていますが、毎回新鮮です。
体は、食べ物からできていますから、何を食べるかは、即、生きること。
安全な食品を選びつつ、どんなものでも摂り過ぎには気を付けましょう。
  1. 2017/08/08(火) 16:31:34|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月8日の本会議で、議長・副議長選あり。、委員会構成も決まります。

定例会議では、本会議の休会中に常任委員会の審査が行われます。
常任委員会のメンバーによって、審査の様子がずいぶん違ってきます。
壁の葉

そのメンバーが決まるのが、8月8日(火)の平成29年厚木市議会第3回会議。
私は市民福祉常任委員会に入る予定ですが、現在は1期2名、2期4名で、3期は私だけ。
今度の常任委員会は、どうやら、ベテランが多くなりそうです。
委員会審査もだいぶ様子が変わると思います。

  1. 2017/08/05(土) 16:56:47|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自治体学校 in千葉。特別報告は、いすみ市の取組。

「憲法施行70年 共同を広げ地方自治に輝きを
みんなが先生 みんなが生徒」とのタイトルを掲げて、3日間に笑って行われた第59回自治体学校in千葉

7月22日(土)の特別報告は、青葉の森芸術文化ホールでした。
前大会での特別報告は、
「千葉県いすみ市の目指す地域づくり」
 報告者は、いすみ市企画政策課 石川伸一郎さんです。
石川さん

いすみ市は千葉県南東部の九十九里浜の最南端で、157.5㎢に3万9千人が住む、農業・漁業の第一次産業が盛んな地域です。
平成17年12月5日、夷隅・大原・岬の3町が合併しでいすみ市となりました。

経済の成長が期待できない中で、どんな地域をつくり、そこからどんな幸せが生まれるかを考える時代が来ています。
日本中の自治体が生き残りをかけて地方創生に取り組んでいます。
いすみ市ではこの5年を今世紀最後のチャンスと考え、「ここだけのもの、今だけのもの、あなただけのもの」を目指しています。
いすみ生物多様性戦略~生物多様性豊かな地域づくり、里山里海を守り伝える人づくり~は多くの学識経験者の監修を得て、多くの市民と農業者が共同でまとめました。
生物多様性の担い手は「人」であり、「人づくり」に主眼を置いています。
環境保全型農業、一次産業の底上げ、豊かな自然環境を未来の子どもたちに継承など7つの目標を掲げています。
いすみ市にコウノトリ

学びの姿勢で有機稲作モデル事業に取り組み「学校給食米のすべてを有機米に」と2016年は全小中学校の40%となっています。
いすみ市、学校給食を有機米に

産物をブランド化し、全国に販売して地域の所得向上を目指します。
優れた食材、美しい景観、羽田・成田からのアクセスの利便性に加え、東京五輪サーフィン会場決定を契機に「美食の街」として確立し地域創成の柱とします。

     ・・・・・・・
パワーポイントを多用した、いすみ市企画政策課・石川さんの、随所に笑いも入るしゃべりも面白く引き込まれました。
大型開発で企業を呼び込み福祉を削減する政策が目立つ地方創生ですが、農業・漁業など、あるものを大切にして未来につなげるといういすみ市の考えに納得させられました。
鉄道も有名ないすみ市、私も、行ってみたいなと、思いました。
職員もセールスマン!
  1. 2017/08/04(金) 06:35:20|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナが、またまた、来た

大阪の娘が、柴犬のハナを連れてきた。

夏毛になったせいか、前より、痩せて見える。
 -娘は太った。私も。

部屋には、ハナ毛が・・・。
 -早速、掃除用にコロコロを買う。

その上、私の布団で寝るのだ。
 -真ん中で。私は布団からはみ出して寝る。

散歩が楽しみ。

  1. 2017/08/03(木) 06:23:15|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自治体学校 in千葉。千産千消のお弁当

7月22日から24日の第59回自治体学校in千葉。
2日目の分科会の会場は、植草学園大学でした。
千葉駅からモノレールで23分「千城台北(ちしろだいきた)」駅から徒歩十数分、周りにお店もないので、お弁当を事前に注文。
そのお弁当が、千葉ご当地弁当
千葉の地産地消で「千産千消」!
弁当の包み

隣の席の方に言ったら、千葉の方で「千葉ではそう言うのよ」とのことです。
弁当の中身
包装紙を見ながら、これはどこの何ーと口に運び、おいしく、楽しくいただきました。

弁当の裏を見ると、名称に「弁当(第59回自治体学校in千葉特注弁当)」!!
弁当の名称

前日の特別報告で、いすみ市の取組を聞いたばかりだったので、周りの席の方たちと弁当で盛り上がりました。
後ろの席は新潟の方で、新潟のお米がおいしい話も。
新潟は茄子の生産が日本一だという話も聞きました。
第一次産業と6次産業化に感激した、自治体学校の昼食休憩でした。

  1. 2017/08/02(水) 11:18:00|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

政務活動費について研修

7月27日(木)、厚木市議会の議員クラブ研修会がありました。
講師・高沖秀宣氏を囲んで、議長副議長と、議員クラブ7月当番幹事の山本議員と私。
20170728071659973.jpeg

裁判になったら、こちらが政務活動費であることを立証しなければならないとのことで、某自治体では按分について市民オンブズマンから指摘された費用について、弁護士も立証できず、返還することになったとか。
按分するくらいなら、政務活動費に入れない方がいいとのお話もありました。
また、厚木市議会の月6万円の政務活動費の額について、政務調査費として使い成果がるのなら、もっと上げてもいいとのご意見も。

7月4日から公開されている厚木市議会の政務活動費、議員一人当たり、皆同額のセイム活動費ですが、いろいろな使い方がされています。
是非、縦覧においでください。
厚木市役所1階の情報コーナーです。

  1. 2017/08/02(水) 06:02:02|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ